横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 工場や倉庫で重宝される小波スレート・大波スレートのメンテナンス方法

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    工場や倉庫で重宝される小波スレート・大波スレートのメンテナンス方法

    綺麗に長く使用するために定期的に 適切なメンテナンスを心がけましょう!

     皆さんのお住まいは美観に優れたお洒落な窯業系サイディングやモルタル外壁で施工されているかと思います。しかし工場や倉庫といった建築物にはALCや金属サイディング、波スレートが使用されていることが多く見受けられますよね。これはもちろんコスト・耐久性・メンテナンス性を考慮したうえで区別されていますが、工場や倉庫もノーメンテナンスで良いというわけではありません

     猛威を振るう自然災害が多発する近年、今まで問題がなかった工場や倉庫、作業場が被害を受けてしまう可能性もあります。その建築物の中には高額な機械、重要な書類などもありますよね?これらを自然災害から守っているのは日ごろ気にする機会がない屋根と外壁です。

     そこで今回は一般住宅では使われることがほとんどなく、「メンテナンスって必要なの?」と管理者様も把握しきれていない小波スレート・大波スレートのメンテナンス方法をご紹介したいと思います。
     ALC外壁と金属サイディングのメンテナンス方法は一般住宅と同じですので下記リンクをご参照ください。

    ALC外壁はこちら
    金属サイディング

    工場や倉庫の外壁に小波スレートが採用されている理由

     工場や倉庫を所有されている企業様、オーナー様が工場や倉庫に求められることは何でしょう?いくつかあると思いますが、規模や作業性、耐久性などが挙げられるかと思います。皆さんが生活しているお住まいに対する考え方とは若干違いますよね?そのため使用する屋根材・外壁材も違うのですが、簡単にご紹介いたします。

    工場や倉庫で使用される屋根材

     大波スレート・小波スレート・折板屋根・陸屋根(防水) など

    大波スレート・小波スレート・折板屋根・陸屋根

    工場や倉庫で使用される外壁材

     小波スレート・金属サイディング・ALCパネル、コンクリートなど

    小波スレート・金属サイディング・ALCパネル・コンクリート

     近年戸建て住宅でも金属素材の人気が高まっていますが、デザインなども少し違う印象がありますよね?美観を意識されている工場や倉庫も増えてきてはいますが、従来美観よりも作業性が重視されている工場や倉庫では、より高い耐久性・断熱性・遮音性・耐火性が重視されています。

     いくつかある中でも屋根に大波スレート、外壁に小波スレートが採用される理由は、耐久性などの性質が高い上に比較的安価で支出が抑えられるからです。どうしても規模が必要となる建築物は大量の材料が必要になります。少しでも安く施工できる面は大きなメリットになります。

    耐久性があり比較的安価な小波スレート・大波スレートが採用されることが多い

     また企業様が注目しているのが税金面、波スレートを同じ波スレートで張り替えた場合、一括損金で処理することができます。税制面での優遇がある点も採用したい理由の一つになりますよね。

     ちなみに小波スレートは現在外壁専用とされていますが、昔から残っている建物には屋根にも使用されていることがあり、大波スレートは屋根にも外壁にも施工することが可能です。中波と呼ばれるサイズの波スレートもありますが、今回は小波と同じ分類とし、これらの違いと施工時期別の注意点を次で紹介します。

    工場や倉庫の塗り替えについてはこちら

    小波スレート・大波スレートの違いとアスベスト問題

     小波スレートと大波スレートの違いは名前からもわかると思いますが波の大きさ・幅・高さです。

    小波スレート

     波の幅が63.5㎜、高さが18㎜程の波板スレートを指します。これは大波スレートの約半分の幅・高さにあたります。

    波の高さ18mm・ピッチ63.5mm

    大波スレート

     小波スレートの幅・高さが2倍ほどある波スレートで、骨材とセメントを圧縮し形成されているため強度が高いことが特徴です。費用は小波スレートよりも若干割高になります。

     上記でご紹介した波スレートは主原料がセメントと繊維質ですので、一般住宅に施工されている化粧スレートと遜色ありません。しかし耐久性が高いからこそアスベスト(石綿)が含まれているものがまだ数多く残っています。

    波の高さ38mm・ピッチ130mm

     アスベスト(石綿)の含有を見分けるポイントは表面の状態と施工時期です。

     アスベスト(石綿)は2004年以降から制限がかかっていますので、それ以降はほとんど含まれておらず、それ以前は高い確率で含まれているということがわかります。

     またアスベストは細かな繊維のようなものですので毛羽立ったような表面になっていることがあります。だからといって破損しない限りは飛散することはありませんし、波スレートのアスベスト飛散危険度は最も安全性の高いレベル3です。特別教育を受け防塵マスクを設置した作業員による湿式作業での解体、産業廃棄物としての処分が可能でアスベスト含有建材としては比較的安価に処分が可能です。

    アスベスト(石綿)の含有を見分けるポイント
    施工時期
    表面の状態

    波スレートのメンテナンス方法

     小波スレート・大波スレートの違いを簡単にご紹介しましたが、皆さんにとって最も大事なのはメンテナンス方法です。状態別に最適なメンテナンス方法を選択しましょう。

    波スレートメンテナンス

    ※また工場や倉庫は高さがあり天井裏がないために、そのまま1階の床が見えるケースばかりです。 落下防止ネットを張るなどの施工時の落下防止対策が必要になることがありますので、別途費用がかかる可能性があるという事も頭に入れておきましょう。

    工場や倉庫の波スレートのメンテナンス

    1.フックボルトの補修・交換

    錆びてしまったフックボルト

     どのような状態でもまずご確認いただきたいのが、波スレートを固定しているフックボルトです。スレート自体はセメント素材ですので経年による錆は起こりませんが、フックボルトは金属ですので経年で必ず錆が発生してしまいます。フックボルトが錆びてしまうと、屋根材との間にわずかな隙間ができ、それが原因で雨漏りを起こしてしまうこともあります。

    フックボルトの補修・交換

     錆が進行してしまうと屋根材の補修・張替を行う際には切断しなければならなくなってしまいますので、錆を起こさないようボルトキャップの設置を行いましょう。ボルトキャップを設置する際は内部へシーリングを充填しておくとより効果的です。

    フックボルトの画像
    フックボルトにボルトキャップを設置
    シーリング・コーキングについて詳しくはこちら

    2.部分張替

    波スレートの部分的な穴や割れ

     一部分のみ飛来物や強風によって割れてしまった場合、穴を塞がなければ雨漏りを起こしてしまいますので張替を行いましょう

    波スレートの一部張替え

     波スレートは重なって施工されていますので周囲の数枚は剥がす作業が必要になりますが、最小限の補修が可能です。

    重ねて施工されている波スレート
    波スレート最小限の補修

    3.塗装

    色褪せや汚れの付着

     比較的最近施工したばかりで色あせや汚れの付着が気になってきた場合には塗装メンテナンスが可能です。特にセメント素材である大波・小波スレートはざらざらした表面に汚れが付着しやすく、凹部には汚れが堆積していることもありますので、早い段階で塗装を検討しましょう。

    波スレートの塗装メンテナンス

     表面に付着した汚れを落とすための高圧洗浄が必須ですので、穴が開いている部分は補修してからの作業となります。

     アスベストが含まれる屋根材の方が一般的に耐久性に優れておりまだ使用しているケースもありますが、すでに経年劣化が進行し高圧洗浄に耐えられる可能性は低く、アスベストが流水に含まれることも懸念されますので、塗装以外での補修が適切です。

    穴が空いている部分の補修
    劣化が進行した波スレートへの高圧洗浄は注意が必要
    塗装の必要性についてはこちら

     塗装を行う際には塗装面積(塗料の必要量)の把握に注意が必要です。小波スレートも大波スレートも平坦な屋根面ではありませんので、真上から見た面積と塗装をする面積は若干異なります。この場合は屋根係数と呼ばれる凸凹の高さ分を算出した数字を平面の面積に対してかけてあげる必要があります。

    【屋根係数】

    大波スレート・小波スレートの屋根係数
    塗装面積=辺面での屋根面積×係数

     ちなみに波形状の屋根材は金属波板(大波・小波)、折板屋根と他にもありますが、ピッチ(幅)がそれぞれ異なるため屋根係数も異なります。

    【屋根係数】

    金属大波・小波・折板屋根の屋根係数

    屋根材のピッチによって多少誤差がありますので、あくまでおおよその係数として参考にしてみてください。

    4.カバー工法

    既存スレートの劣化

     既存スレートが傷み塗装では状態改善が見込めない場合は、屋根カバー工法がオススメです。屋根カバー工法は既存屋根材を残したまま新規屋根材を重ね葺き出来るため、内部への影響はなく工期短縮、廃材処分費などのコストカット、遮音性・断熱性の向上が図れます。戸建て住宅でもそうですがカバー工法は屋根材が二重になるという事、つまり屋根の荷重がかかりますので、できる限り軽量で耐久性に優れたガルバリウム鋼板屋根材で施工することがほとんどです。

    波スレートのカバー工法

     改修方法としては屋根葺き替え工事も挙げられますが、アスベストの飛散を考慮すると既存屋根材を剥がす必要がない屋根カバー工法の方が安全ですので、メリット・デメリットはもちろん今後の予定を含め検討しましょう。


     私たち街の外壁塗装やさんでは点検・お見積りを無料にて承っております。塗装はもちろんのこと、屋根カバー・外壁カバー工事も承っておりますのでお気軽にご相談ください

     改修方法としては屋根葺き替え工事も挙げられますが、アスベストの飛散を考慮すると既存屋根材を剥がす必要がない屋根カバー工法の方が安全ですので、メリット・デメリットはもちろん今後の予定を含め検討しましょう。   私たち街の外壁塗装やさんでは点検・お見積りを無料にて承っております。塗装はもちろんのこと、屋根カバー・外壁カバー工事も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

     工場や倉庫というと建物が高く梯子が届かないというケースがあります。また劣化すると脆くなり簡単に割れてしまいますので、安全面から屋根に上れないケースもあります。

     私たち街の外壁塗装やさんではドローンでの調査も可能ですのでご安心下さい。
    (飛行禁止区域の場合は、お電話かメールにて一度ご相談ください。)

    ドローンによる調査

    波スレートメンテナンスの施工事例

    施工前
    施工後

    工事の情報

    お問合せのきっかけ

     築20年以上になる倉庫兼作業場のメンテナンスを検討しているとご相談をいただきました。屋根・外壁ともに軽微な補修は繰り返されていたようですが、今回は本格的なリフォームメンテナンスとなります。また外壁は塗装で塗り替えたいという事でしたので状態を確認したうえ必要な補修を施し施工させていただきました。

    点検の様子

    波スレート点検
    波スレートに苔や藻が付着

    まずは屋根の様子からです。20年以上前に建てられた倉庫ですので小波スレートで施工されています。スレート表面は吸水し苔や藻が付着していました。

    フックボルトの錆

     フックボルトも錆が進行しておりますが、幸いひどい雨漏りは経験されていないようです。倉庫の保全に丈夫な屋根はつきもの、今回は屋根カバー工法で屋根材を新たに重ね葺きしていきます。

    小波スレートの外壁
    小波スレートの割れ

     続いては小波スレートの外壁です。こちらはいくつか割れが見られましたがその都度補修を繰り返していたようです。部分的に張り替えた跡が見られ定期的に手を加えられていたことがわかります。

    フックボルトの錆

     こちらもフックボルトは錆が進行していますが塗装で保護することは可能ですので、割れ補修後にご希望の色で塗り替えを行います。

    施工の様子

    足場とメッシュシート
    切断

    まずは作業性・安全性確保のために足場を架設、塗料や水の飛散防止用にメッシュシートを取り付け施工の準備を行います。

     屋根はフックボルトが取り外せないためサンダーで切断していきます。既存屋根材はそのまま残しますので、アスベストの心配は一切ありません。

    屋根カバー
    リフレアリーフⅡを施工

    その後波型のリフレアリーフⅡを軒から施工していきます。雨水浸入防止に面戸・棟板金を設置、屋根カバー工法は無事終了です。既存の屋根材が傷みすぎている場合は、落下防止の為に屋根上に捨てネットや、建物内側へ落下防止のネットを張る必要もありますので、予算も変わります。

    屋根波形施工完了

    高圧洗浄
    浸透シーラーを塗布

    続いては外壁塗装メンテナンスです。まずは割れを確認して適宜補修、雨漏りを起こさないことを確認してから高圧洗浄を行い、表面に付着している汚れを綺麗に洗い流していきます。頑丈に見えても吸水し劣化が進行していますのでその分塗料の吸い込みも激しいことが予想されます。

     色ムラのない綺麗な表面に仕上がるよう、浸透シーラーを満遍なく塗り込んでいきます。

    フックボルトの防錆
    塗装

    フックボルトは金属素材の為、防錆塗料で先に塗装し酸素や水の接触を遮断していきます。また中塗り・上塗りの際にもフックボルトや小波スレート重なり部の細かな部分は先に塗装し仕上げておきます。

    塗装工事完工

     その後シリコングレード以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料、ファインパーフェクトトップ(ND-372)で中塗り・上塗りを行い工事は完了です。

    工事を終えて

    波板外壁の塗装メンテナンス

     工場や倉庫は綺麗にしても仕方がないと考えている方もいらっしゃいます。しかし綺麗になれば綺麗に使うようになり、整理整頓を心がけるような心理が働きます。結果使いやすく、無駄な支出を出さず、より大事に管理するようになるのです。

     所有されている倉庫等は建て替えが容易な建物ではありませんよね?より長く安心して使い続けられるようなメンテナンスを心がけていきましょう。

    街の外壁塗装やさんの無料点検はこちら
    施工年数や状態を見極め最適なメンテナンスを行いましょう!

    工場や倉庫で重宝される 小波スレート・大波スレートのメンテナンス方法まとめ

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ