横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 窯業系サイディングの直貼り工法の家には外壁塗装できるの? 最適なリフォーム方法と.....

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    窯業系サイディングの直貼り工法の家には外壁塗装できるの? 最適なリフォーム方法とは?

    窯業系サイディングの直貼り工法の家に最適なリフォーム

     多くのお住まいに使用されている窯業系サイディング。我が家も窯業系サイディングだという方は非常に多いのではないでしょうか?サイディングは1990年代から急速に普及され始めましたが、当時はモルタルよりも早く施工出来てローコスト、洋風でおしゃれという印象からサイディングで施工したいという方も多かったかと思います。お陰様で現在は更にデザインのバリエーションも増え、新築戸建て住宅の90%がサイディングと言われている程大人気です。

     しかし1990年代と現在のサイディングでは厚みも施工方法も違います。この施工方法、昔は「直貼り工法」で現在は「通気工法」ですが、直貼り工法のお住まいはメンテナンス時に注意しなければなりません。一度でも塗装しておかしいな?と思われた方もいらっしゃると思いますが、必ず通気工法との違いを知った上で補修方法を検討しなければなりません

     今回はメンテナンスで後悔しない為の直貼り工法の特徴とリフォーム方法についてご紹介できればと思います。

    昔と今のサイディングは全く違います

     サイディングは冒頭で紹介した通り1990年代から普及し始めましたが、2000年頃に施工方法を改め、直貼り工法から通気工法に切り替えた建設会社・工務店が多くなりました。

     これは直貼り工法の問題点が露呈し始めたからなのですが、まずは2種類の違いを知りましょう。

    直貼り工法

    構造用合板に透湿防水シートを設置した上に窯業系サイディングを施工

     従来の施工方法ですが、当時サイディングは12㎜程の薄いボードで構造用合板に対して透湿防水シートを貼ったのち、そのまま窯業系サイディングを釘打ちで留めています

     古い在来工法の場合、柱の外側に透湿防水シートを貼って直貼りにしている事が多いです。

     最近では改修工事として使う事も多い窯業系サイディングですが、下地が構造用合板ならまだしも、コンパネを下地にしてサイディングを直貼りしているお住まいも見かけますので、業者選びには十分に注意しましょう。

    上から見た直貼り工法の断面図
    横から見た直貼り工法の断面図

    通気工法

    通気工法は外壁と透湿防水シートの間に胴縁を設置し通気用の隙間を設けサイディングを施工

     柱に対し構造用合板を張り付け、窯業系サイディングを施工していく前に胴縁と呼ばれる木材を設置することで通気用の隙間を設けサイディングを施工しています。胴縁は外壁材の向きと垂直になりますので、縦張りの場合は胴縁が横、横張りの場合は胴縁が縦になります。

     ちなみに現在のサイディングは最低でも14㎜、最大18㎜のサイディングが販売されており、人気が高いのはコスト・性能のバランスが良い14㎜~16㎜です。

     14㎜の場合は釘打ちで留められており、15㎜以上のサイディングは金具で固定する工法になります。

    通気工法を上から見た断面図
    通気工法を横から見た断面図
    窯業系サイディングについて詳しくはこちら

    直貼り工法の問題点と見分け方

     直貼り工法と通気工法の施工方法を見てもわかる通り、直貼り工法はただ張り付けるという作業だけですので安く早く行えます。しかし外壁内部に湿気や水が入り込んでしまうと、もともと隙間がないため水分の逃げ場がなく結露が生じてしまうのです。いつまでも水分がある状態が続けばカビが発生するだけでなく、外壁材が腐食し使い物にならなくなってしまいます。

    直貼り工法で施工されている場合、外壁内部に水分や湿気が溜まり結露が起きやすくなります

     上記の問題を解決するには仮に水分が入り込んだとしても逃げ道を確保してあげればよいだけです。そこで、胴縁で隙間を作る通気工法が標準として施工されるようになりました。

     もちろん通気工法で施工されていたというお住まいもありますが、1990年代初めに建てたというお住まいは、直貼り工法でメンテナンス方法を検討しなければならない可能性がありますので注意しましょう。

    1990年代に建築されたお住まいは直貼り工法で施工されている可能性があります

     メンテナンスも気を付けなければならないということは、やはり直貼り工法かどうかは確認しておきたいところですよね?確実に手っ取り早く確認するには外壁材を剥がすことですが、意外と多くのリスクが発生しますので簡単には行えません。

     では自分で確認するにはどうすればいいか、外壁材と基礎の間に水切り板金があり板金と外壁材には隙間があるかと思います。そこに定規やカードなどを差し込み、奥行きを確認してみましょう。もしもその奥行きが1~1.6㎝しかなければサイディングの厚みしかないため、まず間違いなく直貼り工法です。仮に胴縁分を足した2.5~3㎝程度の奥行きが確認できたり指が入るほどの隙間になっていれば、通気工法で施工されていると判断できます。もし一階の屋根、下屋根があるのであればそちらの外壁と屋根の取り合いにある雨押え部分からもある程度判断が可能です。

    外壁の奥行きで施工法を判断できます

    直貼り工法は外壁塗装をおすすめしておりません

     直貼り工法であっても十数年なにも異常が起きないお住まいももちろんあります。しかし直貼り工法だからこそ起きて、補修を迫られるきっかけとなるのが【外壁材・塗膜の剥がれ】です。

    外壁の補修を迫られる症状

     直貼り工法は先述した通り、水分が抜けにくく結露を起こしやすく、内部に溜まった水分は抜け出したいのに閉じ込められている状態が続きます。すると窯業系サイディングを腐食させてでも逃げようとする動きを取りますので、サイディングの表面が剥がれてしまいます。冬季は特に、中の水分が凍結し体積が増える事でサイディングを持ち上げたり、割れの原因になりかねません。

    これは塗装を行った後でも同じです。外壁塗装をしたとしても、どこからか水分が入り込めば抜けようと動き、せっかく形成した塗膜に膨れ・剥がれを起こしてしまうのです。

    直貼り工法で剥がれが起きる仕組み
    通気工法が湿気を排出する仕組み

     これらの症状が起きやすいのが湿気の多い北面、浴室などの水回り外部ですが、全面直貼り工法である以上、どこに剥がれが起きてもおかしくはありません。外壁材表面・塗膜が剥がれてしまった時点で、その下地は水分を通し劣化・腐食してしまっていますので、塗装や簡易補修では改善できません

     つまり直貼り工法で施工されている窯業系サイディングは、美観性・耐久性を維持するための外壁塗装を行ったことで腐食を促進させる、美観性を損ねる結果になりかねないということです。

    外壁材の経年劣化や結露から浮き・剥がれを起こす危険もあり塗装はオススメできません

     水分や湿気を逃がす透湿性塗料であれば外壁塗装ができると記載されていることもありますが、まず12㎜の厚みしかなく湿気を逃がしにくい状態に外壁塗装を行ったとしても、窯業系サイディングの保護が万全とは言えません。また仮に施工後浮きや剥がれが生じたとしても外壁構造に問題がある以上、施工保証がつかない、補修をしてもらえないというケースが起こり得る可能性が非常に高くなります。

     塗膜の膨れや剥がれが起きる弾性・微弾性塗料の使用はもっての外ですが、安心できる環境で過ごすためにも塗装以外でできる最適なリフォームを検討していきましょう

    窯業系サイディングの反りやひび割れが起こる 原因と補修方法について詳しくはこちら
    塗料と外壁材の相性について詳しくはこちら

    直貼り工法の窯業系サイディングに最適なリフォーム方法

    1. 張替工事

    既存の外壁材を剥がします

     既存の外壁材をすべて剥がし、防水シート・胴縁を施工してから張り替える工事です。

     この場合、既存外壁材は剥がした段階で破損してしまいますので、新規外壁材を用意する分費用も高額になってしまいますので、全面補修が必要な方でご依頼をいただくケースはほぼありません。

    外壁張り替え工事の仕組み
    張替工事の施工前
    張替工事の施工中の様子
    張替工事の完工写真

     バルコニーや1面の外壁材だけ腐食してしまっているという場合は部分張替でのご対応が可能ですので比較的支出を抑えることができます。この場合の注意点は、すでに既存外壁材が廃盤となっている場合はデザインが異なったり、既存外壁材と新規外壁材の厚みが僅かに変わることがあります。また張替を行った部分だけ色の差異が出てしまうので、タイミング次第では外壁塗装もご提案させていただいております。

    ●サイディングの部分張替

    カバー工事の施工中写真
    カバー工事の施工中
    カバー工事の施工後

     部分張替は既存外壁材と凸凹にならないよう復旧方法も直貼り工法です。もちろん湿気を逃がす透湿防水シートを使用しますが、今後も同じような浮き・剥がれ・腐食を起こす可能性があることも視野に入れておきましょう。

    サイデイング張替工事について詳しくはこちら

    2. 外壁カバー工法

    外壁カバー工法は全面リフォームにおすすめ

     全面リフォームをご検討中のお住まいにオススメな工事は外壁カバー工法です。軽量で高耐久なガルバリウム鋼板で既存外壁材をカバーしていきます。

     この際、既存外壁材に胴縁を設置し隙間を作り、内部に溜まる湿気・水分を逃がせるよう施工していきます。

    外壁カバー工法の仕組み
    外壁カバー工法、施工前
    外壁カバー工法、施工中
    外壁カバー工法、完工後

     ポイントとしては空気の流れを作る為、土台水切り部分(最下部)と軒天取り合い部分(最上部)に必ず隙間を設けますが、軒天部分は雨水が入り込まないようしっかり納める必要があります。

     一方、下地外壁の補修等は今後できなくなってしまいますので、カバー前にいかに丁寧な処理をしておくかで住宅全体の耐久性も大きく変わります。金属外壁というとシンプルなデザインしかない印象が強い方も多いかと思いますが、インクジェット技術が進歩し多彩なバリエーションの中からお選びいただけます。

    今後も長く安心して生活したいという方には外壁カバー工法をお勧めしております

     直貼り工法が採用されているというお住まいの場合、築年数も経過されておりメンテナンスも必要となります。今後も長く安心して生活したいという方には外壁カバー工法をお勧めしております。一度施工することで今後10年基本的には簡易清掃と傷のチェックのみ、15年程度で塗装メンテナンスをされるだけで綺麗な状態を維持できます。

    外壁リフォーム比較はこちら 

    施工会社を選ぶポイント

     今回前提として、直貼り工法の窯業系サイディングに外壁塗装は向かないとご紹介しておりますが、ひとまず浮きや剥がれもないため塗り替えで綺麗にしたいと、考えていらっしゃる方もいらっしゃるかと思います。そのような場合はまず施工を行う前にどのようなリスクがあるのか、また塗装後の保証があるのかないのかを確認しておきましょう。

     現状問題がなくとも、塗料との相性によっては浮きや剥がれが起こる可能性もあります。綺麗に仕上げるための塗装で美観性を損ねてしまう、補修箇所が拡大したなんていうことが起きないよう、まずは施工前に確認できるポイントはチェックしておきましょう。

    塗り替える前に塗装のリスクや施工の保証を確認しておきましょう

     また外壁の張替・外壁カバーを行う目的は、お住まいを綺麗に丈夫に保つためのリフォームです。胴縁(通気層)がないまま外壁カバーなど適当な施工をされてしまっては全く意味がありませんので、施工会社に十分な知識と施工実績があるのかを見極めましょう。ポイントとしては似たような施工をしたことがあるのか、質問に対して適切な返答が返ってくるのか、わかりやすい言葉で説明をしてくれているのかです。

    外壁張り替えやカバー工法を行う場合は施工会社の実績と知識を見極めましょう

     外壁カバーは下地の状態が良いと判断した際に施工する工事です。そのため施工保証がつくのも当たり前といってよいでしょう。今後も雨漏り等のトラブルが起きず、綺麗で快適なお住まいにしたいですよね?であれば、まずは自信をもって施工保証を付けている施工会社に工事を依頼するようにしましょう。
     私たち街の外壁塗装やさんでは塗装はもちろん、外壁補修・外壁カバー工法も承っております点検・お見積りは無料ですので、お住まいの状態が気になる方はお気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん 充実の保証制度はこちら
    無料点検について詳しくはこちら
    お住まい全体を無料でじっくり点検

    窯業系サイディングの直貼り工法の家には
外壁塗装できるの?最適なリフォーム方法とは?まとめ

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る
    お問い合わせ