横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ルタルが外壁という方へ、外壁塗装前のチェックポイント

    morutaru_jup-1
    morutaru_jup-2
     1990年頃までお住まいの外壁の主流はモルタルでした。工程が複雑でなおかつ施工日数もかなり掛かることからコストが高くなりがちで、現在ではあまり用いられなくなりました。
    morutaru_jup-3
     モルタルの最大のメリットはテクスチャー(模様やパターン)を自由に描くことができることです。吹き付け塗装にしてもリシンやスタッコなどさまざまな仕上げ方法があります。
     
     お住まいの雰囲気を大きく変えたいと思ったら、吹き付け塗装で色だけでなく仕上げ方法を変えることもできます。モルタルの外壁は性質上、ヒビが入りやすいので他の外壁材よりもこまめに点検してあげてください。
    66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-38
    morutaru_jup-5
    morutaru_jup-6
    モルタルの外壁は表面が細かくザラザラしている仕上げが多いため、そのような場合はどうしても汚れが付きやすくなります。
    morutaru_jup-7
     汚れが付きやすいということはそれを栄養源とするカビや藻、苔も生えやすいということです。
     カビや藻、苔は菌糸や根を張ってモルタルに食い込んでいるので、生えたままにしておきますと洗っても汚れが落ちづらくなります。見つけたら、ブラシなどでやさしく擦って落としてあげてください。
    チェックポイント!
    • 表面がザラザラしているので汚れが溜まりやすい
    • 苔や藻、カビを放っておくと、洗っても落ちなくなります
    morutaru_jup-9

    モルタルを施工すると、乾燥して硬化していく際に必ず収縮が起こります。これが原因で発生するのがひびです。

    現在ではモルタルに添加剤や下地にメッシュを入れることによって、ひび割れは大分防げるようになりました。それでもモルタルが外壁というお住まいの場合、点検しますとクラックが見つかるのが大半です。
     ひび割れはその幅によって危険度が変わりますので、注視してあげてください。

    チェックポイント!
    • ひび割れには危険なものとそうでないものがあります
    morutaru_jup-11

    幅0.3mm未満のひび割れ(ヘアークラック)

    髪の毛の太さ程度のクラックのことで、今すぐ対処が必要というわけではありません。ただ、これ以上の幅が広がると危険ですので、定期的に点検してあげてください。

    morutaru_jup-12

    幅0.3mm以上のひび割れ(構造クラック)

    深さが5mm以上あり、補修がすぐにでも必要な状態です。雨水が浸入していきますし、剥落する危険性もあります。雨水が染み込んでくれば雨漏りに繋がります。剥落して、その下に人がいれば怪我ですまない可能性もあります。また、お住まいのどこかに当たれば、その部分が壊れますし、落下先のものを破壊してしまう可能性もあります。

    morutaru_jup-13

    モルタルの外壁もサイディングと同じように塗装が施されています。新築の時と較べて色褪せていませんか。

     色褪せは塗膜が傷んできた証拠です。色褪せが発生したら、外壁塗装を検討する時期に来ています。
     この後、外壁を触ると手に白っぽい粉が付着してしまうチョーキング現象(白亜化)が発生します。色褪せよりも塗装が劣化してきたことを示しています。

    morutaru_jup-14
     塗料は塗膜になる成分の樹脂と色を付ける顔料、その他に各種の添加剤(防苔や防藻、防カビ剤、粘度調整剤など)から作られています。
     外壁塗装した直後は強固だった塗膜も紫外線などによって徐々に分解され、顔料が表面に露出してきます。この表面に露出した顔料が手に付いた白っぽい粉の正体です。
     チョーキング現象が起こるということは塗膜の分解が進行した結果ですから、防水性能が落ちてきています。近いうちに塗り替えてあげましょう。
    チェックポイント!
    • 服が外壁に触れて粉がついてくるのもチョーキング現象
    • 塗膜が粉化して、防水性能が落ちている状態です
    morutaru_jup-16
    健常であるならば、リシンやスタッコなどの吹き付けがモルタルの下地から浮いたり、剥がれたりすることはまずありません。
    morutaru_jup-17
     ひび割れ(クラック)などがある場合、そこから水分が染み込んで湿気を含んだ空気が塗膜を押し上げて浮いたり、膨れたりすることがあります。放っておくと、塗膜の浮きが全体にまで広がってしまうこともあります。その場合、吹き付け塗装で再度、リシンやスタッコを作り上げていかなければならないので、普通の塗装よりも費用がかかることになります。
    チェックポイント!
    • 大きな気泡ができてしまった状態

    • 一部が剥がれ落ちて下地のモルタルが露出してしまった
    morutaru_jpg_-26
    外壁にクラックやひび割れがある場合、その幅や長さに変化していませんか、進行や拡大していませんか
    morutaru_jpg_-27
     モルタルの外壁で最も気をつけてあげないといけないところがクラックの進行です。
     幅0.3mm未満のヘアークラックがそれ以上の構造クラックに進行してしまうということが起こりえます。幅だけでなく、長さも注意して見てあげてください。

     地震後や強風後はもちろんのこと、少なくとも季節毎に定期的な点検をしてあげましょう。
     その際、カメラを使用して記録を残しておけば後の比較が容易になります。幅や長さを比較できるものと一緒に撮影しておけば変化も一目瞭然
    です。
    チェックポイント!
    • クラックが拡がっていないかを確認

    • カメラで記録を残し、比較できるようにする

    morutaru_jup-19
    morutaru_jup-20

     外壁を手洗いすることによって苔・藻、カビを落とします。水をかけて、台所用の中性洗剤(酸性やアルカリ性は悪影響を与える可能性があるので使わないこと)を含ませた柔らかいブラシで軽く擦ってあげてください。

     その後、水で洗い流し、乾いた布を押し当てて、水分を吸収させます。苔・藻、カビの繁殖してしまったり、汚れが酷い場合は完全に落としきれないこともあります。

     

       高圧洗浄機をお持ちの方は強い水圧で洗い流したくなると思いますが、塗膜や表面を傷めてしまう可能性がありますので、やめておきましょう。スチームクリーナーも同様です。高温で塗膜や表面を傷めてしまう可能性があります。

     汚れを落としきれない、汚れは落ちたけど色褪せて見えるとなったら、塗り替えを検討する時期に来ています。

    before
    morutaru_jup-22
    horizontal
    after
    morutaru_jup-21
    morutaru_jpg_-29
     0.3mm未満のヘアークラックならば、そのまま外壁塗装してしまっても問題ありません。幅が狭いクラックですので、塗装してしまえば目立たなくなるどころか、クラックがあったことさえ分からなくなります。

     使う塗料は今後のリスクを考え、弾性塗料にしておきましょう。クラックの幅が拡がったり、新たにクラックができたりしても塗膜が伸びて追随するので、外壁の表面に裂け目や割れ目が出現することはありません。
    before
    morutaru_jup-24
    horizontal
    after
    morutaru_jup-25
    morutaru_jpg_-30
     ひび割れが0.3mm未満のヘアークラックのみで、チョーキング減少が発生している場合は外壁塗装を行い、防水性能を取り戻します。クラックがない場合でも通常の塗料ではなく、やはり弾性塗料を使うことをお勧めします。

     将来的にクラックが発生する可能性もあるからです。モルタルは新築後約7年で乾燥や収縮が一段落し、それ以降はクラックが発生しにくくなると言われています。
     塗り替えの目安は新築後10年と言われていますが、モルタルの場合、新築後約7年からが塗り替え候補になることを覚えておきましょう。
    morutaru_jup-28
    morutaru_jup-27
    morutaru_jpg_-31
     水分や湿気を含んだ空気が塗膜を押し上げ、浮きや膨らみができてしまっている場合、その部分と周辺を含めて剥離し、作り直します。

     剥がした部分にモルタルを塗り直し、吹き付け塗装で再度、リシンやスタッコの模様や柄を付け、その後、塗装していきます。放っておくと、塗膜の浮きが全体にまで広がってしまうこともあるので、早めの対処が必要です。模様や柄を再度、付けるので普通の塗装よりも費用がかかることになります。
    before
    morutaru_jpg_-32
    horizontal
    after
    morutaru_jpg_-33
    morutaru_jpg_-34
     雨水などが浸入したり、剥落が起こらないよう、構造クラックを補修します。クラックを清掃し、プライマーを塗って、シーリング剤やモルタルで補修します。

     クラックの幅によってはVカットやUカットをしてから補修することもあります。剥落が起こりそうな場合は壁に穴を開けてビス止めすることもあります。クラックの補修跡が目立つようになるので、応急処置以外は外壁塗装に合わせて行うことがほとんどです。 ※模様付けして塗装します。
    before
    morutaru_jpg_-36
    horizontal
    after
    morutaru_jpg_-35

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る