横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市磯子区杉田でモルタル外壁を無機系塗料のダイヤスーパーセランフレックスで塗装.....

    横浜市磯子区杉田の施工事例

    横浜市磯子区杉田でモルタル外壁を無機系塗料のダイヤスーパーセランフレックスで塗装メンテナンスしました

    【施工前】
    塗装前の外壁

    【施工後】
    塗装完了

    【お問い合わせのきっかけ】


    担当:高田


     横浜市磯子区杉田にお住いのY様から、屋根工事のご相談をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。屋根だけではなく外壁の工事もご検討中とのことがわかり、屋根置併せて外壁の塗装工事についてもご提案させていただき、双方とも工事を担当させていただくことになりました。

     今回の工事以降長期間長持ちさせたいというご希望があったため、最高グレードの無機塗料の一つであるダイフレックスの「ダイヤスーパーセランフレックス」を使用いたしました。無機系の塗料でありながら塗膜が柔らかく、モルタル外壁にも塗装することができます。また、透湿性も高く、膨れが生じやすいモルタル外壁への塗装も安心です。

     ブラウン系の色で今までとイメージも少し変えて、綺麗に仕上がった外壁をY様にも喜んでいただくことができました。

     横浜市磯子区杉田にお住いのY様から、屋根工事のご相談をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。屋根だけではなく外壁の工事もご検討中とのことがわかり、屋根置併せて外壁の塗装工事についてもご提案させていただき、双方とも工事を担当させていただくことになりました。

     今回の工事以降長期間長持ちさせたいというご希望があったため、最高グレードの無機塗料の一つであるダイフレックスの「ダイヤスーパーセランフレックス」を使用いたしました。無機系の塗料でありながら塗膜が柔らかく、モルタル外壁にも塗装することができます。また、透湿性も高く、膨れが生じやすいモルタル外壁への塗装も安心です。

     ブラウン系の色で今までとイメージも少し変えて、綺麗に仕上がった外壁をY様にも喜んでいただくことができました。


    担当:高田


    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ダイヤスーパーセランフレックス(No.34)
    施工期間
    約2週間
    築年数
    約20年
    平米数
    118.9㎡
    施工金額
    詳しくはお問合せください
    お施主様
    Y様邸
    保証
    10年保証
    足場アイコン外壁塗装

    屋根工事と併せて外壁も塗装工事がしたい

    塗装前

    横浜市磯子区杉田にお住いのY様から、屋根工事のご相談をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。屋根だけではなく外壁の工事もご検討中とのことがわかり、屋根置併せて外壁の塗装工事についてもご提案させていただき、双方とも工事を担当させていただくことになりました。

     

    モルタル外壁にはクラックがつきもの

    開口クラック ひび割れ

    外壁はモルタル外壁のジョリパット仕上げでした。モルタル外壁には様々な仕上げ方がありますが、職人さんの手仕事で模様をつけていくジョリパットは特に意匠性が高く、おしゃれな仕上がりの外壁です。水分を含みやすいという特徴から、透湿性の高い塗料で塗装しなければ膨れを起こしやすくなってしまうという特徴もあるため、塗装メンテナンスの際には注意が必要な外壁でもあります。

    モルタル外壁全般に言えることですが、サイディング外壁と違って地震などの力を逃がす目地のないモルタル外壁はひび割れを起こしやすい外壁と言われています。特に、窓などの開口部に関しては力が集中しやすく、窓の隅などからひび割れ(クラック)が起こる開口クラックはよく見る光景です。外壁塗装の際には下塗りで補修したり、下塗り補修が難しい場合はコーキング材などを使って事前に補修を行うことが多くなっています。

     

    カラーシミュレーションで仕上がりをイメージ

    シミュレーション シミュレーション2

    シミュレーション3 シミュレーション4

    外壁塗装の前に一番悩むこととしては、「どんな色にしようか?」ということではないでしょうか。長年住んだ家と同じ系統の色で汚れをリフレッシュするイメージにするのか、色をガラッと変えてイメージチェンジするのか。変えた色は家の雰囲気に合うだろうか、いろいろなことを考えることでしょう。そんなときに役立つのが、「カラーシミュレーション」です。ご自宅の写真を元にしてコンピュータで外壁の色を変更して、塗装前にイメージを掴むことができます。カラーパレットで色を眺めるよりも、ご自宅そのもので色の雰囲気を見ることができるため、色選びに失敗した。。。というリスクを極力少なくすることができます。今回のY様邸はいくつかのカラーシミュレーションを見比べて検討を重ねた結果、右下のブラウンを基調とした色に決定いたしました。

     

    高圧洗浄で汚れを落としていく

    高圧洗浄 高圧洗浄作業

    塗装工事開始です。まずは高圧洗浄で表面についた汚れを水圧で洗い流していきます。塗装工事で使う高圧洗浄機は一般的にホームセンターなどで使われている電力起動のものとは違い、ガソリンエンジンを積んだ洗浄機となります。そのため家庭用とは比べ物にならない威力で洗浄を行うことができます。威力が強すぎると壁を破壊してしまう恐れもあるため、職人さんが現地で水圧を調整しながら洗浄を進めていきます。

    時折、洗浄だけの工事がしたいというお問い合わせをいただきますが、高圧洗浄は単に洗浄というよりは目の細かいやすり掛けのようなイメージで捉えていただけますと幸いです。表面の汚れを洗うというより、削るイメージの方が正しいです。そのため、高圧洗浄のみを行った外壁は塗膜の防汚機能などが著しく低下して、今までよりも汚れやすい外壁になってしまいます。その後の塗装工事を前提とした作業であることをご理解願います。

     

    無機系塗料のダイヤスーパーセランフレックス

    シーラー ダイヤスーパーセランフレックス

    今回の塗装で使う塗料は、長期間持つ塗料を使って塗装したいというY様のご要望にお応えし、ダイフレックスの無機系塗料の一つであるダイヤスーパーセランフレックスを使用しました。塗料にはグレードというものが存在し、アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル制御、フッ素、無機という順番でグレードが上がっていきます。つまり、無機系塗料は最上位グレードの塗料ということになります。

    フッ素や無機系の塗料は塗膜が固い塗料ということで、揺れなどで壁面が動きやすいモルタル外壁にはあまり向かない塗料と言われています。しかしながら、今回選定したダイヤスーパーセランフレックスは無機系塗料でありながら塗膜が柔らかく、モルタル外壁にも塗装できる塗料です。また、モルタル外壁は水分を含みやすい特徴もあるため、湿気を逃がす透湿性の高い塗料で塗らなければ、塗装後の膨れや剥がれが起きやすくなってしまうのですが、ダイヤスーパーセランフレックスは透湿性も高い塗料なのでリスクを抑えて塗装することができます。モルタル外壁で無機系塗料の塗装がしたいというお客様にはオススメの塗料です。

     

    下塗り工程

    シーラー 下塗り

    下塗りは専用の下塗り材であるダイヤワイドシーラーを使います。各塗料にはメーカーさんが用意した専用下塗り材などが存在するため、基本的にはそれらを純正品同士で組み合わせて使うことが塗装のトラブルを少なくする近道と言えます。場合によっては下地の状況などを判断して別のメーカーのものを組み合わせたりしますが、判断が難しいためできるならば同じ組み合わせのものを使いましょう。

     

    シーラーは既存塗膜と新しい塗装との密着性をよくするための下塗り材です。透明であることが多く、塗ってもあまり変化を感じませんが、変化を感じないからといって工程を黙って飛ばしてしまう業者さんもいると聞いたことがありいます。仕上がり自体は見分けがつかないかもしれませんが、今後の塗装の持ちが大きく変わってしまいますので、必ず下塗りは行うようにしましょう。

     

    中塗り工程

    中塗り 中塗り工程

    中塗りからはいよいよダイヤスーパーセランフレックスを塗装していきます。今回はNo.34という色番号の塗料で、明るめのブラウンで塗装していきます。無機系の塗料は25年前後の耐久性がある塗料が多く、今回のダイヤスーパーセランフレックスもそれくらいの耐用年数の塗料です。一般的なシリコン塗料が約10年の耐用年数と言われていますので、倍以上の耐久とは恐れ入ります。高耐久塗料を選定する際には実績にも目を通しておくと安心です。20年以上持つ塗料がまだ1年の実績しかない塗料だったとすると、本当にそんなに持つのかと少し不安になります。ダイフレックスは1995年から無機系塗料の販売を開始しており、千葉マリンスタジアムなどへの採用実勢などもあり、安心して使うことのできる塗料メーカーの一つです。ぜひご検討の際は候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

     

    上塗り工程

    上塗り 上塗り工程

    中塗りが終われば上塗りを進めます。ここまで下塗り・中塗りと進めてきたので、これで三回目の塗装となります。何回塗りで施工をするのかということに関してはメーカーが出している施工基準がございいますので、それに沿って施工を進めていきます。少ない塗り方はもっての他ですが、逆に多い塗り方も間違いないかと言われれば少し疑問になってしまいます。塗料に備わっている機能は規定回数の塗装で最大限発揮されるように作られているため、例えば今回の塗料であれば規定よりも多く塗れば透湿性が低下して塗膜が膨らむ原因になってしまうかもしれません。使う材料が最高のパフォーマンスを発揮できるように作業を進めていきます。

     

    付帯部塗装の塗料

    水性ケンエース ファインSi

    外壁本体を塗り終わったら付帯部と言われる雨樋や軒天・破風といった外壁以外の部分を塗装していきます。付帯部塗装の際には外壁と同じ塗料では持ちが良くないケースも多いため、基本的には付帯部用の塗料を別途用意して塗装させていただくことが多くなっております。

     

    付帯部塗装

    軒天塗装 軒天仕上がり

    破風塗装 雨樋塗装

    軒天や破風、雨樋の塗装を進めます。付帯部を塗装する際には、なるべく窓枠などの色を考慮した色選びを行うことがコツです。というのも、アルミやステンレスでできた部分は塗装が剥げやすいため塗らないことがほとんどです。そうすると、窓枠などのアルミフレーム部分はそのままの状態で残るため、もともとが白いフレームであれば白で残ることになります。窓枠が白なのに破風や雨樋が別の色だと統一感が出ずにすこしごチャットした色味になりがちです。そのため、付帯部塗装ではアルミフレームなどの色と合わせるか、同居しても違和感のない色を選ぶと仕上がりが綺麗になります。

     

    外壁塗装工事完成

    塗装後

    外壁塗装工事が無事に完了しました。今までの雰囲気とはまた違っておしゃれな雰囲気になったことが感じられるかと思います。汚れの堆積で黒ずんでいた外壁が綺麗に生まれ変わって、Y様にも喜んでいただくことができました。外壁塗装工事の価格は¥690,800(税込)~承っておりますが、今回のように高級塗料を使ったり外壁の面積が大きかったりする場合は価格も変動してきますので、まずはお見積りのご依頼をいただければと思います。

    私たち街の外壁塗装やさんでは、点検・お見積りを無料で対応しております。お住まいのことでお悩みやお困りごとがあれば、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。


     記事内に記載されている金額は2023年12月04日時点での費用となります。
     街の外壁塗装やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
     そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
    2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

    工事を行なったY様のご感想をご紹介いたします

    Y様のアンケート

    【工事前】

    工事前お客様写真

    Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
    中古戸建て購入をきっかけに。築20年でメンテナンス歴が全くなかったため。今後、20年以上安心して住めるように、屋根の葺き替えをしようと考えていた。
    Q3.弊社をどのように探しましたか?
    屋根について詳しく調べると、街の屋根やさんのHPが多くでてきたため。
    Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
    特に悩むことなく問い合わせしました。
    Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
    屋根の葺き替えを得意としていそうだったのと、HPに詳しく情報が記載されていたため。
    Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
    とても感じが良く、外から屋根を見ただけで使われている屋根材の商品名までわかっていたので驚きました。そして風が強い日にもかかわらず、屋根に上って見てくれたり、天井裏まで見て雨漏りがないかなどもチェックしてもらえたので良かった。

    工事前アンケート

    【工事後】

    Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
    信頼できる業者かどうかと施工の技術
    Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
    T社
    Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
    下見と見積提出を大急ぎでやってもらえたことと下見時の対応がとてもよかったため。細かい疑問にも丁寧に回答してもらえたため。
    Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
    引越し前の工事で、工事状況が確認できなかったのですが毎日状況などをメールしてもらえたので安心でした。外壁の色も屋根も満足な出来でした。細かいクラックなどもしっかり補修してもらえたのでよかったです
    Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
    金額も安く信頼できる会社

    工事後アンケート

    Y様のアンケートを詳しく見る→

    関連動画をチェック!

    【鉄骨階段の塗装】ファインSiを使用して鉄部の塗装工事【施工事例を紹介!街の外壁塗装やさん】

     今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


     こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
     お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。お住まいのエリアをお選びいただくと、各エリアの街の外壁塗装やさんサイトへ移動します。

      街の外壁塗装やさんは日本全国へ展開中です!

       街の外壁塗装やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも外装リフォームを承っております。バナーをタップすると街の外壁塗装やさん全国版サイトへ移動します。

      お近くの施工店を探す 千葉県 東京都 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 福岡県

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2024-04-19
      相模原市南区新磯野でひび割れてしまったモルタル外壁を点検・調査しました

      外壁にひび割れを発見したので見に来てほしい  相模原市南区新磯野にお住まいのお客様より、外壁にひび割れができていることが発覚したので、状態を見にきて欲しいとお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/  ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2024-04-12
      相模原市南区大野台で苔の生えたサイデイング外壁を点検しました

      外壁のメンテナンスをしたことが無いので状態を見て欲しい  相模原市南区大野台にお住まいのお客様より、いままで外壁のメンテナンスをしたことが無いので状態の確認と必要なメンテナンスの提案をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いし...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2024-04-08
      相模原市南区相武台で築10年が経過したサイディング外壁の点検を実施しました

      サイディング外壁が汚れてきたのでそろそろメンテナンスを考えている  相模原市南区相武台にお住まいのお客様より、築10年とちょっとが経過して、外壁の汚れが気になってきたのでそろそろメンテナンスの時期かと思うので状態の確認をお願いしたいとお...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ