横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 低金利時代だから活用したい! 外壁塗装にリフォームローン

    01-5
    02-5-1
    頭の痛い話ですが、生きていく上で大切なことであり、不安や心配事の種となっているのがお金のことです。基本となる衣食住の「住」の部分、外壁塗装や屋根塗装などのリフォームは特に大きな出費になります。適切な時期にメンテナンスをしないと後にさらに大きな金額が掛かることになるでしょう。
    03-5-1

     とはいえ、お家に関する不満はあっても、いざとなるとなかなか踏み切れないのが外壁塗装などのリフォームです。

     「しなきゃいけない時期なのは分かっているけど、今日や明日に困るわけではないし…」と引き伸ばしてしまいがちです。

     

     年月を経ていたとしても、お家がある程度健全なら多少、引き伸ばしても問題ありませんが、リフォームは計画的なものの他にどうしてやらなければならない状況に陥ることもあります。

     例を挙げるなら、『突然、雨漏りがはじまってしまう』こともあります。また、『年取ってきたせいか、玄関などの段差に不安を感じるようになってきた』ということもあるでしょう。

    04-5-1

     資金面の問題などがあったとしても、これらのような状態を放っておくと後悔に繋がります。

     雨漏りでは問題を先送りにすればするほど、お住まいの傷みは激しくなります。それに伴い、修繕費も高くなります。

     玄関などの段差の不安はごまかしながら過ごしたとしても、そのうち転倒などの事故に繋がるかもしれません。痛い思いをするのは貴方の可能性もありますし、家族の誰かかもしれません。転倒した結果が擦り傷程度ならいいのですが、骨折などの大怪我が繋がる可能性もあります。

     

     どちらも「あの時、リフォームしておけば良かった」という後悔してほしくはないのです。こういった時のためにリフォームローンという手段があることを覚えておいてください。

    05-5-1

    先送りしてはいけない、先送りできないお住まいの問題をすっきり解決しましょう。

     街の外壁塗装やさんではお客様のご要望に合わせて、リフォームローンをご紹介いたしております。

    後悔しないためにお勧めなのがリフォームローンです

    急にお金が必要になった場合に備えて手元に現金を残しておきたい方

    06-5-1

     緊急性の高いお家のリフォームだけでなく、人生、何があるか分かりません。

     子育て中だったり、高齢のご両親がおられる方などはいざという時に手元に資金を残しておいて、いざという時に備えるべきです。リフォームローンならばいざという時に備えながら、お家のリフォームをすることができます。

    規模なリフォームを検討しており、予算に余裕が持ちたい方

    07-5-1

     リフォームするなら以前から予定していたメンテナンスや改築をこの機会にまとめて行いたいという方も多いと思います。そういった時にお勧めなのがリフォームローンです。

     複数回、工事を行えば足場代もそれだけの回数を掛けることになります。

     工事をまとめれば足場の仮設費用も1回分で済みますのでお得です。

     リフォームローンなら自己資金だけではまとめられなかった複数の工事を1回の足場の仮設で行うことができます。

    自己資金vsリフォームローン リスクの比較

    08-6-1
    リフォームローンを活用することでのデメリットは金利負担だけということになりますね。しかしマイナス金利時代の今だからこそ、その負担も最低限に抑えることが可能なのです。
    09-4-1
     「確かにローンは手元にお金を残しておけるけど、金利の支払いがあるから勿体ない」、確かにそれは否定できません。しかし現在、その金利も最低限なのです。
    10-4-1

     2008年以降、日本はゼロ金利政策を取ってきました。

     このゼロ金利というのは日本銀行と各金融機関における金利です。

     民間の銀行などの各金融機関が日本銀行へお金を預けても、受け取れる金利はなんとゼロなのです。預けている意味がありませんので、市場におけるお金の流通量が増加します。これを期にリフォームローンなどのローン金利も下がり始めました。

     

     しかし、これでも手ぬるい金融政策だったのか、2016年2月以降はマイナス金利が導入されました。 

    11-4-1

     各金融機関が日本銀行へお金を預けておくと、自動的に減っていくというよく分からないことが起こるのがマイナス金利です。

     結果、市場におけるお金の流通量が増加して、景気が良くなるというはずでした。確かに株式市場では平均株価も値を上げていますし、企業の求人率も大幅に上がりました。

     しかし、この景気を実感できるのは一部の方だけのようです。もちろん、このマイナス金利は日本銀行と各金融機関における金利で、私たちの預貯金やローンに適用されるわけではありません。当たり前の話ですが、リフォームローンなどでお金を借りた側が金利を受け取れるということではないのです。

     

     では、私たちが各金融機関にお金を預けた場合の金利はいくらなのでしょうか。

    12-3-1

     ご存知の方も多いと思いますが、現在の普通預金の金利は年0.001%というところがほとんどです。

     100万円を預けても、ATM手数料を引かれたら、マイナスです。貯蓄でお金が増えないというのは悲しい時代ですが、逆にメリットも存在します。政府の金利政策は預金の利率だけでなく、ローンなどの金利にも影響します。

     金利が低ければ、預金の金利も、ローンの金利も、リフォームローンの金利も下がるのです。

     

     現在は異次元の金利ですから、ハッキリ言って借り得でもあるわけです。

    リフォームローンを利用する上で覚えておきたいこと

     お金を預ける時、ローンをご利用する場合、金利が固定型なのか、変動型なのかに注目してください。固定型の金利は一定です。変動型の場合はその時の金融政策によって変化します。リフォームローンを長めに借りたいという方はよく検討した上で選択しましょう。
    13-2-1

    ローンを利用する大きな買い物をするなら
    ここ30年で一番のチャンスです

    14-3-1

     かつてマスコミをにぎわせていたトリクルダウンという言葉も最近はめっきり聞かなくなりました。

     株価はそれなりに上がったものの、ほとんどの方が景気の良さを実感できていないのではないでしょうか。

     以前に較べ、物価は上がったものの、市場はまだデフレ傾向にあると言われています。

     

     経済成長率2%という政府目標値はいつ達成できるのでしょうか。失われた10年が失われた20年に延長されたように、失われた30年に最延長されてしまうのでしょうか。

    15-3-1

     ものの見方を変えれば、景気の良くない話はそれだけお得な面も出てます。

     金利面に限ってはここ数年が最も低く、最も条件が良いことは間違いないのです。変動金利の推移を見ると、バブル絶頂期の90年は8.5%まで上がったこともありましたが、現在はその4分の1程度まで低下しています。

     ローンを利用しなければ実現しにくいことを実行するチャンスでもあるわけです。

     この機会にリフォームローンを利用してみてはいかがでしょうか。詳しいことは街の外壁塗装やさんのスタッフまでお尋ねください。

    お住まいの塗装 ここがポイント

    外壁塗装料金プラン
    施工事例
    7つの約束
    5つのルール
    後悔しない色選び
    会社概要

    お問い合わせページへのリンク

    ページの先頭へ戻る