横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装が雨の日でもできるようになる塗料をご存知ですか?

    外壁塗装が雨の日でもできるようになる塗料をご存知ですか?

    更新日:2017年4月12日

    そろそろ外壁塗装を考えている方、塗装を行う際に気になることや、悩んだりする部分があるかと思います。それは、費用だったり、塗装する色だったり…等いろいろとあるかと思いますが、他にも気になる事と言えば、「塗装をする時期」ではないかと思います。では、外壁塗装をする際にもっとも向いている時期はいつなのでしょうか?
    ライン
    実は、春(4~5月)または秋(9~10月)が外壁塗装を行うのに向いている時期と言われます。塗料は、しっかり乾燥させなければ機能が低下してしまいます。その為、春や秋は、空気が乾燥している、天気が安定している、等の理由から最適な時期だと言われているのです。また、気温が5度以下の場合、湿度が85%以上のときは塗装ができないということもありますが、氷点下になる地域や雨の日を除けば1年中施工が可能です。
    あじさい
    冬
    雨が多い梅雨の時期や、気温が5度以下になってしまうことのある冬場は1日の施工時間が短くなり工期が延びてしまう可能性があるので、塗装にはあまり向いていません。しかし、最近になり雨の日でも外壁塗装をできる「アレスダイナミックフィラー」という下塗り用の塗料が関西ペイントより発売されました。これにより雨の日でも塗装ができるようになりましたが、塗装後、塗装面が塗れてはいけないので、雨の中での塗装は不可になります。塗れた状態での塗装は乾燥に時間が掛かってしまいますが、普通の塗料では湿度が85%を超えれば施工ができなくなってしまうので、そのことを考えるととても魅力的な塗料になります。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る