横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁塗装の重ね塗り、適切な回数はどれくらい?

    外壁塗装の重ね塗り、適切な回数はどれくらい?

    更新日:2017年9月7日

    外壁塗装は塗り回数が多ければ多いほど良いのでは?と思う方は多いのではないでしょうか。
    または、「他所よりも塗装する回数が多いので長持ちします」「塗膜は厚い方が良い」と業者から言われたという方も中にはいらっしゃるかもしれません。
    塗装の塗る回数の多さでメリットが得られるかというと必ずしもそうではありません。
    本日は、基本的な塗装の回数を簡単にご説明します。
    お家
    外壁塗装の塗り回数は下塗り・中塗り・上塗りの3回が基本とされています。
    なぜ3回塗りなのか、それはしっかりと効果が効果が発揮できる塗料の塗り回数を、各メーカーより発表しているからです。
    塗料メーカーの中でも、日本ペイント・関西ペイントなどの大手塗料メーカーの情報にも、3回塗りが基本であるとされているのです。
    塗り替え
    作業
    メーカー指定の塗り回数を守ることで、提示されている耐用年数がほぼ保てる、剥がれにくい塗装になる、塗料の効果(隠ぺい性・遮熱など)が期待できます。
    また、下地が傷んでいる場合は3回以上の塗りを重ねることもありますが、基本的には塗り回数を増やしたからといっても得られる効果はありません。
    塗膜が規定以上に厚くなりますと、想定しているレオロジー範囲を超えてしまうため、乾かなかったり、本来の性能を発揮できなかったりします。
    重ね塗りを増やすことは、悪徳業者にとっては工事料金を上乗せする口実ともなります。
    外壁塗装で最も大事なのは、塗る回数ではなく、お住まいにあった塗料選びや、下地の洗浄などです。
    多ければ多いほど良いというわけではありませんので、注意しましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る