横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 屋根塗装に必要な「縁切り」とは?

    屋根塗装に必要な「縁切り」とは?

    更新日:2017年8月8日

    皆様は屋根塗装をする際に「縁切り」という作業があるのをご存じでしょうか。
    これは、今後屋根の耐久面でも関わってくる大切な作業です。
    今回は「縁切り」についてご紹介したいと思います。お住まいの屋根を塗装するという方は、ぜひ塗装前に「縁切り」について知っておくと良いかもしれません。
    9001f94fdeeae75612a99d3102a329de1
    そもそも「縁切り」とは、カラーベスト屋根やコロニアル屋根を塗装した際に、塗料でふさがってしまった屋根の隙間を開けてあげる作業のことです。
    タスペーサーなどで塗料を切って隙間を作るのが一般的だと言われています。
    屋根に隙間を開ける、と言われると隙間から雨水が入ってしまうのではないかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、隙間を作らなければならない大切な理由があります。
    屋根点検
    屋根
    カラーベスト屋根は、カラーベストと呼ばれる薄い板を1枚1枚張り合わせて作られています。張り合わせた僅かな隙間から、侵入してきた雨水を逃がす構造となっているため、屋根塗装の塗料でその隙間をふさいでしまうと、入ってきた雨水を逃すことが出来ません。そのまま放置してしまうとやがて腐って、雨漏りを引き起こす原因となります。
    それを防ぐために行うのが「縁切り」なのです。
    「縁切り」はすべてのお住まいの屋根に必要というわけではありません。主に上記で述べた、カラーベスト屋根やコロニアル屋根といった、スレート屋根に必要とされています。
    塗装業者によっては塗装専門であっても屋根に関しては無知であるために「縁切り」されていなかった、というケースも見受けられます。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、外壁塗装だけでなく屋根塗装に関しても多数の実績がありますので、外壁や屋根の塗装をお考えの方はお気軽にご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る