横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > パーフェクトトップでガラッとイメージチェンジさせた外壁塗装|横浜市緑区

    横浜市緑区の施工事例

    パーフェクトトップでガラッとイメージチェンジさせた外壁塗装|横浜市緑区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    雨漏りが発生したことによるお問合せで、調査にお伺いいたしました。塗膜やコーキングの劣化が原因で雨漏りが発生していることが分かりましたので、雨漏り部分の補修しながら外壁や屋根のメンテナンスを行う運びとなりました。「滴る跡が残りづらい色にしたい」とのご要望もあり、外観はガラッとイメージチェンジさせて塗装工事をなりました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,ファインパーフェクトベスト,ファインSi
    施工期間
    24日間
    築年数
    20年
    平米数
    外壁197.4㎡ 屋根32.6㎡
    お施主様
    G様
    保証
    9年間
    IMG_4972-1
    IMG_4978-2
    雨漏りが発生している場所を把握してから、外に出て確認します。雨漏りは必ず建物外部に何らかの原因があります。横浜市緑区G様のお宅で発生している雨漏りも、建物外部に何らかの原因があるはずです。水は下方向に流れていきますので、外部の原因から下側の内壁に染みが出ることが多いです。横浜市緑区G様のお宅の雨漏りの原因は、コーキング部分に出来た隙間に雨水が溜まることで発生していることが分かりました。
    IMG_5039
    IMG_4989-1
    建物外部を全体的に見ていくと、コーキングが劣化しており外壁材とコーキングの間にひび割れた隙間が出来ているところがたくさんありました。この状態は雨漏りを発生させる可能性が高い状態です。また塗膜を指で触ってみると、指には粉状の色が付着します。これはショーキングと言いまして、塗膜が本来持つ防水性能が低下してることを意味します。コーキングを新しくしながら、塗膜も塗り替えないと外壁材からも水を吸ってしまうようになります。
    IMG_7973-1
    IMG_7974-2
    外壁や屋根を塗装する際には、塗装を行う前に水圧を当てて洗浄します。汚れを落とすことで塗料がきちんと密着するようになります。横浜市緑区G様のお宅の外壁や擁壁は、コンクリートブロックが使用されております。コンクリートブロックとコンクリートブロックの間にある隙間には、土やホコリが詰まっておりますので、ひとつひとつの隙間に対してしっかりと水圧を当てていきます。
    IMG_7950-1
    IMG_7878
    外壁の継ぎ目や窓枠と水切りの取合いにはコーキングが打たれておりますので、新しいコーキングに打ち替えていきいます。コーキング部分が雨漏りに直接関わっておりましたので、コーキングが打たれている部分は全てメンテナンスしていきます。
    IMG_7942-1
    IMG_7869
    外壁や擁壁の下塗りに入ります。外壁はパーフェクトトップ、擁壁はIPヨウヘキコートを使用します。パーフェクトトップの下塗りにはパーフェクトフィラー、IPヨウヘキコートの下塗りにはIP含侵シーラーと、それぞれの上塗り材に対しては専用の下塗り材を使用して塗っていきます。
    IMG_7913-1
    IMG_7862-1
    下塗りが終わり乾燥を待ったあとには中塗りを行っていきます。中塗りには上塗り材を使用します。コンクリートブロックの隙間にローラーを使用しても塗料がしっかりと入り込まないので、ハケで先に入れ込むように塗ってからローラーを使用して塗っていきます。中塗りは下塗りの色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。
    IMG_7908-1
    IMG_7849-1
    中塗りが乾燥すると、最後の仕上げになる上塗りを行います。上塗りもコンクリートブロックの隙間を先にハケで塗ってから、ローラーを使用して最終的に塗っていきます。少し手間のかかる塗り方ですが、このような塗り方をしていくとムラが少なく仕上り、このあとに行う最終調整がスムーズにいきます。
    IMG_7918-1
    IMG_7891-1
    屋根は化粧スレートを使用している屋根です。外壁や擁壁同様にまずは下塗りを行います。オレンジ色の屋根がどんどん白くなっていきます。最終的にオレンジ色が見えなくなります。下塗りから中塗りに移る間にタスペーサーを差し込んでいきます。
    IMG_7865
    IMG_7866
    タスペーサーの差し込みが終わると中塗りに移ります。横浜市緑区G様のお宅の屋根では、ファインパーフェクトベストを使用しました。日本ペイントさんの屋根用塗料です。シリコン系塗料よりも耐用年数が長いのに、シリコン系塗料と変わらない価格なのが魅力です。
    IMG_7746
    横浜市緑区G様のお宅の工事が終わりました。以前と比べてかなりガラッとイメージチェンジしました。外壁に使用したパーフェクトトップの色はND-050とND-461。屋根に使用したファインパーフェクトベストの色は赤さび。擁壁や基礎に使用したIPヨウヘキコートの色はND-373をそれぞれ使用しました。ガラッとイメージチェンジはしましたが、決して派手ではなく落ち着いた印象です。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る