横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > モルタル壁は亀裂が入りやすいので補修してパーフェクトトップで塗り替え|横浜市西区

    横浜市西区の施工事例

    モルタル壁は亀裂が入りやすいので補修してパーフェクトトップで塗り替え|横浜市西区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    モルタル壁は亀裂の入りやすい外壁です。横浜市西区N様のお宅では、同時期に建てられた近隣のお宅が、どんどん屋根外壁塗装を行い始めたことでお問合せを頂きました。調査にお伺いしてみると、亀裂が多く入っておりました。この場合は既存の亀裂を補修しながら、外壁全体を塗装でメンテナンスする必要があります。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,サーモアイ4F,ファインSi
    施工期間
    13日間
    築年数
    15年
    平米数
    106.1㎡
    お施主様
    N様
    保証
    10年間
    IMG_4164-2
    IMG_4165
    モルタル壁に入る亀裂は、このように縦方向に入ることが多いです。これは内側にある柱に沿って出来ることが多いため縦方向に入ります。稀に横方向に入ることもありますが、その場合は下地にラスカットボードをしていてそのジョイント部分が関係していることが多いです。亀裂は補修してから塗装することにしましょう。
    IMG_4224
    IMG_4168
    コーキングというと、サイディングの継ぎ目やサイディングのサッシ廻りを連想する方も多いとは思いますが、破風板や鼻隠し板の継ぎ目にもコーキングが打たれていることがあります。地上から見上げただけでは見づらいところですが、調査の段階では必ずチェックしてコーキングの有無を確かめます。コーキングが打たれている場合は打ち替えが必要です。また雨樋の支持金具が鉄製の場合は、錆が出ていることもありますので、状態によってではありますが、多少の錆なら鉄部用の塗料で塗装します。錆の進行が著しい場合は支持金具の交換が必要です。
    IMG_8035-1
    IMG_8040
    塗装工事をする際は、まず対象物の表面を綺麗にするために水圧を当てて洗浄します。高圧洗浄と呼ばれる作業です。表面に水圧を当てることで、汚れや苔などが無くなり、塗装したときの塗料の食い付きが向上します。実際の塗装作業は、洗浄した表面が乾燥したあとに行っていきます。
    IMG_8030
    IMG_8024-1
    外壁の表面に補修をしなければならないところがある場合は、塗装をする前に補修を行います。横浜市西区N様のお宅の外壁はモルタルで造られており、亀裂が点在しておりましたので、サンダーで深めの堀を作りだしモルタルで埋めて亀裂を奥に隠します。これにより塗装した後に亀裂が出づらくなります。
    IMG_8001
    IMG_7995
    破風板や鼻隠し板の継ぎ目にもコーキングが打たれている場合があります。とても小さな隙間に打たれておりますが、コーキングが打ってあるということは、コーキングが必要だから打ってある訳でありますから、塗装をする前に打ち替えておきます。塗装工事と言えど、全てが塗装工事でメンテナンスが完了することはありません。その前に必要な作業があります。
    IMG_8008
    IMG_8004
    横浜市西区N様のお宅の外壁には、コーナーにタイルが張られてあります。タイルに塗料は付かないように養生をしてから塗りだします。まずは下塗りです。今回使用する上塗り材のパーフェクトトップには、専用の下塗り材が外壁の種類に合わせて存在します。横浜市西区N様のお宅の外壁はモルタルですので、パーフェクトフィラーを使用して下塗りします。下塗りが終わると、乾燥を待ってから中塗りを行います。
    IMG_8046
    IMG_7998
    中塗りの乾燥を待ってから上塗りを行います。中塗りと上塗りは上塗り材のパーフェクトトップを使用します。パーフェクトトップを2回塗ることで、パーフェクトトップが本来持つ効果が最大限に発揮されます。パーフェクトトップの期待耐用年数は12年から15年です。雨樋やスリムダクトなどの硬質塩ビ、基礎水切りやシャッターBOXなどの鉄部にはファインSiを使用しました。
    IMG_8005
    IMG_8007
    屋根塗装に使用いた塗料は、屋根用遮熱塗料のサーモアイ4Fです。サーモアイ4Fはフッ素樹脂を使用した屋根用遮熱塗料です。サーモアイシリーズ専用の下塗り材サーモアイシーラーをで下塗りを行い、サーモアイ4Fを2回塗りして仕上げます。フッ素樹脂を使用した塗料は、結合エネルギーが強いため耐用年数も長いのが特徴です。
    IMG_9482-1
    横浜市西区N様の屋根外壁塗装で使用した色は、パーフェクトトップがND-371、ファインSiがND-105、サーモアイ4Fにはクールダークグレーを使用しております。コーナーにタイルを使用している外壁は、タイル部分と塗装部分の見切りを出来るだけ綺麗なラインにするとスッキリしてより見栄えが良くなります。タイルの柄や色に合う色選びがポイントです。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-20 21:09:01 横浜市港北区築14年の屋根調査、防水効果を失った化粧スレートの現状

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区にて、築14年で初めての屋根塗装を行う前に経年劣化や傷みがどの程度あるのか、しっかり調査しご説明するために屋根に上らせて頂いた時の様子をお伝えいたします。   築14年だからこうだ、など答えは常に同じとは限りません。様々な要因によって傷み具合も、その原因も建物によって異なります。同じ屋根の...続きを読む

      2018-09-18 07:57:08 川崎市高津区で塗装による外壁リフォーム、色はブラウン系(ND-342)の半艶です

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区T様宅で行われました、塗装による外壁リフォームの様子をお伝えいたします。T様宅は築20年、中古で購入したばかりの建物になります。引っ越しを行う前に建物の点検を行ったところ、外壁塗膜の劣化「チョーキング」が窺われたため、塗装にるメンテナンスを行う事になりました。 「高圧洗浄を行う際は塗装とセットで...続きを読む

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る