横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 川崎市幸区にて外壁塗装でお家をイメージチェンジ、汚れにくい白亜の建物へ

    川崎市幸区の施工事例

    川崎市幸区にて外壁塗装でお家をイメージチェンジ、汚れにくい白亜の建物へ

    【施工前】
    屋根塗装と外壁塗装、施工前

    【施工後】
    屋根塗装と外壁塗装、施工後

    【お問い合わせのきっかけ】
    築十数年が経過し、そろそろお家を全面的にイメージチェンジしたいというお客様からのご依頼です。モルタル外壁にコテで模様が描かれてているというお洒落なお家で、外壁塗装と屋根塗装でこれまでの色とは違う色に塗り替えました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    外壁:ナノコンポジットW 屋根:ファインシリコンベスト
    施工期間
    13日間
    お施主様
    K様邸
    保証
    外壁:10年 屋根:8年
    スレート屋根点検
    苔が目立つスレート屋根
    屋根はスレート屋根でした。築年数がある程度経過したスレート屋根に見られる症状である苔の繁殖が見られます。今すぐお手入れが必要という病状ではないのですが、見栄えがいいものではありません。苔が繁殖するには水が必要です。屋根の防水性が低下していることを示しています。
    スレートの割れ
    棟板金の釘の浮き
    スレート屋根の一部に割れを見つけました。割れている箇所は数箇所だけなので、屋根全体に欠陥があるわけではありません。棟板金の釘が一部、抜けかけていました。屋根塗装の前に打ち込んでおきます。放っておくと、強風時に棟板金が剥がれたり、飛散したりします。
    サンルーム
    モルタル外壁
    サンルームが設けられたお家です。これなら雨でも洗濯物を干せますから、使い勝手は良さそうです。モルタル外壁はコテ仕上げで模様が描かれているという大変おしゃれな造りです。模様はランダムで、職人が手作業で仕上げますから、世界に1つしかない外壁になります。
    外壁の亀裂
    外壁の亀裂
    基礎部分にひび割れを発見しました。比較的、大きな割れ目ですが、触ると壁の一部ごと剥がれてきそうです。外壁の下端ということもあり、水の染みやすい部分なのでしっかりと補修してあげないといけません。
    白めの外壁
    黄色っぽい外壁
    茶に寄せた外壁
    原状回復
    「せっかくだから、お家のイメージチェンジした姿も見てみたい」というお施主様のご要望で、カラーシミュレーションを作成しました。アイボリーなホワイト、クリームホワイト、ペールブラウン、そしてイメージチェンジしていないものの比較です。お施主様はND-146、アイボリーなホワイトでイメージチェンジすることをお選びになられました。
    足場と保護スポンジ
    足場を仮設中
    お住まいの全塗装に入る前に足場を組み上げていきます。玄関など人が出入りするところは足場にスポンジを被せて養生します。足場は円管に突起がついていますので、ぶつかったりするとそのままでは怪我をしかねません。こういったところにも気を配ります。
    メッシュシート
    k4-1
    足場に埃や飛沫の飛散を防止するメッシュシートをかけましたら、いよいよ屋根塗装と外壁塗装の開始です。まずは高圧洗浄機でお家全体を丸洗いしていきます。
    屋根の高圧洗浄
    外壁の高圧洗浄
    まずは屋根の高圧洗浄です。長年、溜まった汚れと繁殖してしまった苔を水圧で吹き飛ばしていきます。外壁の方も汚れを吹き飛ばしていきます。見ていると面白いくらい汚れが落ちて気持ちいいのですが、作業している方は結構、大変です。水が跳ね返ってくるのでかなり塗れるのです。ほとんどの場合、雨合羽を着て作業します。
    屋根下塗り
    タスペーサー挿入
    屋根塗装の様子をお伝えします。まずは下塗りからです。下塗りにはシーラーを使用します。下塗り用の塗料は種類にもよりますが、透明や白色、または半透明の白色のものがほとんどです。シーラーを塗装し、乾燥を確認しましたら、タスペーサーを屋根材の重なり部分に設置します。屋根材の重なり部分に隙間を設けることによって屋根材の下に入ってしまった雨水や水蒸気を排出するのです。
    屋根の中塗り
    屋根上塗り
    続いては中塗りと上塗りです。中塗りと上塗りは仕上げ用の同じ塗料を使います。今回はファインシリコンベストを使用しました。お施主様が選んだ色はダークブラウンです。ほとんど見えない部分ですが、外壁の色に合わせてコーディネートしています。
    屋根塗装完成
    屋根塗装が終了しました。曇り空ということもあって屋根の色が分かりづらくなってしまいましたが、ダークブラウンです。屋根の隅棟(斜辺の角)に棟板金ではなく専用の役物を使っていることからもお施主様のお家に対するこだわりが伝わってきますね。
    外壁塗装下塗り
    外壁塗装中塗り
    続いては外壁塗装です。外壁の色を変えてイメージチェンジします。まずはこちらもシーラーを塗り、乾いたら仕上げ用の塗料を塗っていきます。シーラーの色合いと仕上げ用塗料の色合いがほぼ同じなので、しっかりと管理しながら塗り進めていきます。
    外壁塗装上塗り
    k16-e1536742243654
    中塗りと上塗りは同じ塗料で行います。塗っている最中は塗料が乾いていないので、同じ色でも塗った部分と塗っていない部分を判別できるのですが、乾いてしまうとそれが中塗りなのか上塗りなのか分からなくなります。管理とチェックで塗り忘れがないように進めていきます。
    庇の塗装
    雨樋塗装
    庇や雨樋も塗装しました。庇は屋根と同じ色、雨樋も屋根と同じ色です。庇は金属製ですから、塗装で錆から保護してあげます。雨樋は樹脂製なので、紫外線を浴びると硬化していきます。硬化が進むと京風などで折れてしまうので、こちらも塗装してあげる必要があるのです。
    雨戸塗装
    サンルームのシーリング
    雨戸は錆止めを塗布してから、葺き付け塗装をしてしあげます。サンルームのシーリングもメンテナンスいたしました。外壁とサンルームの接合部分は雨漏りしやすいので、シーリングを刷新しておきます。
    竣工
    屋根塗装と外壁塗装が竣工しました。日があたっていると白さが強調されますね。白い外壁は汚れが目立つので、今回は低汚染塗料であるナノコンポジットWを使用しました。通常の塗料よりも白さが長続きすると思います。この白い外壁にもランダムのコテ跡は似合うでしょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      2018-09-15 20:02:23 横浜市西区の窯業系サイディングの住宅調査、コーキングの劣化やコーナーに隙間は外壁塗装すべき目安です

      IMG_8524

      外壁も屋根も普段から陽当りの良い方角に面しているところは、色褪せが早くて劣化の進行も先に進むことが多いです。また、ご自宅の周囲を取り巻く環境によっても違いが出ます。同じ建築材料で造らている建売住宅でも、陽当りや日陰によったり、風や湿気によったりと周囲の環境によって劣化や傷みなどの進行に差が出ます。横浜市西区W様のお宅も建売住宅を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る