横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市中区の施工事例

横浜市中区アパートの外壁と屋根にパーフェクトシリーズ!

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
横浜市中区のアパートオーナー様のご依頼でアパートの外壁と屋根を塗り替えました。外壁はサイディング、屋根は化粧スレートです。外壁コーナー部分のひび割れを気になされていたそうで現場調査を行いました。ひび割れの状態がシール補修で可能な範囲でしたので、すぐにシール工事・塗装工事の運びとなりました。サイディングのコーナーにはよくあるタイプのひび割れですので、ご自宅の外壁がサイディングのお客様は必見です!!

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 その他塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ ファインパーフェクトベスト
施工期間
25日
築年数
築22年
平米数
外壁180㎡ 屋根165㎡
施工金額
120万
お施主様
IMG_8166
サイディングを止めている釘が抜け出ております。塗装の際は打ち直してから行います。
IMG_8174
サイディングのコーナー部分劣化しております。角の部分が一直線に亀裂が入り、雨水が裏側からも浸入してこのような状態になったと推測できます。
IMG_81821
共用部通路の幕板の塗膜が剥がれております。ここはしっかり扱いて塗り直します。
IMG_81981
こちらも既存の塗膜が剥がれております。外壁材自体の剥がれではありませんでしたので、脆弱部は落として塗り替えることができます。
IMG_99911
屋根の状態です。11年前に塗装を行っているそうですが、屋根の隙間を縁切りしていないこともありシミが出来ております。塗装の際は必ず縁切りをして仕上げます。
IMG_9990
屋根の表面が傷んでおり、塗膜が剥がれている箇所も見受けられます。下塗り材はこの状態に見合ったものを選択する必要があります。
IMG_0757
まずは屋根の表面を高圧洗浄していきます。塗装前の大切な下準備です。汚れを落とすためにくまなく洗浄します。
IMG_0767
次に外壁を高圧洗浄します。今回は雨樋や戸袋も塗装します。こちらも汚れをお落すためにくまなく洗浄します。
IMG_0783
屋根の隙間にはタスペーサーを差し込むことで、塗装後の雨漏りを防ぎます。縁切りと同じ作用をもたらします。
IMG_07202
シールの打ち替えを行っていきます。まずは既存のシールをカットしていきます。外壁材を傷つけないようにゆっくりキレイに取り除きます。
IMG_0741
カットが終わると次にシールを剥がしていきます。両端に残るシールもキレイに剥がします。
IMG_0837
新しいシールを打つためにプライマーという接着剤を塗っていきます。シールと外壁材を接着させます。
IMG_0826
プライマーを塗った隙間に、変性シリコーンを溢れんばかりに打っていきます。変性シリコーンをヘラで押し込むように均していきます。両端のマスキングテープを外して乾くまで待ちます。
IMG_0718
シールが乾いたら、下塗りを行います。今回はパーフェクトサーフを使用します。
IMG_0747
今回の上塗り材はパーフェクトトップのND-281を使用します。パーフェクトトップはラジカル制御形で高耐久で透湿性のある塗料です。
IMG_0848
次に中塗りです。完成時のムラを無くすために丁寧に塗っていきます。中塗りでの丁寧さは仕上りに大きく左右します。
IMG_08212
剥がれている部分をシールで形成し補修を行います。シールを厚く塗り、その上に上塗り材を塗っていきます。
IMG_0801
上塗りで塗り重ねていきます。1度塗って乾燥させて色を落ち着かせてから色や艶の状態を確認します。何度か繰り返すことで全体的な仕上りを整えます。
IMG_0716
段差や隙間など細かい部分は小さめのハケを使用して塗ります。

IMG_08251
ライン出しを行います。ラインがキレイに出るほど、建物は引き締まって見えてきます。
IMG_0722
こちらはパーフェクトシリーズの屋根用塗料でファインパーフェクトベストです。パーフェクトトップと同じくラジカル制御形で高耐久の塗料です。
IMG_0773
高圧洗浄をかけた屋根面に下塗り材のファイン浸透シーラーを塗っていきます。
IMG_0786
下塗りを行い乾燥させたあと、中塗りを行います。中塗りは、上塗りの塗料をムラなくより美しく塗るための下地の役割を担います。今回はの色はブラックです。
IMG_0750
上塗りを行います。上塗りは一般的に中塗りと同じ塗料を塗り重ねます。より塗料の持つ機能を高める役割があり、見た目も光沢が増し美しく仕上がります。
IMG_0760
赤い塗料は錆止め用の塗料で下塗り材として鉄部塗ります。今回は雨戸や戸袋で使用しております。
IMG_0715
錆止め塗料が乾くと次に上塗り材を2回塗っていきます。今回はファインウレタンU100を使用しました。
IMG_0818
雨戸と戸袋はハケの跡が残らないように塗らなければなりません。屋根の色と合わせてブラックにしました。
IMG_0815
破風板のコーナー部分も亀裂がや隙間ができやすい箇所のひとつです。塗装前にシールで補修します。
IMG_0730
IMG_0460
IMG_0449
IMG_0452
IMG_0415
IMG_06211
IMG_0624
IMG_06311
IMG_1075-e1451313062833
私の作成したブログを見て頂いた息子様からのお問合せで、それを聞いたときはとても感慨深かったのを今でも覚えております。数ある施工店の中から弊社を選んで頂きまして、誠に有難う御座いました!!仕上りも気に入って頂きまして冥利につきます!!次回は定期点検にお伺いいたします。宜しくお願い致します。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る