横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市保土ヶ谷区の施工事例

横浜市保土ヶ谷区モルタル壁をパーフェクトトップで塗り替え

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
築30年近く経過しているモルタル壁のお宅ですが、大き目の亀裂が発生しちていることに気づいたそうです。塗膜も劣化しており、すでに塗膜の持つ役割を発揮していない状態で、このままでは亀裂の数も増える可能性が高いので塗り替えることとなりました。

【工事内容】
外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ
施工期間
10日間
築年数
31年
平米数
130.3㎡
施工金額
68万
お施主様
N様邸
保証
8年
IMG_74941
外壁全体に汚れが付着しており、よどんだ外観になっていまっております。サッシの脇からは黒い染みが下へと流れており、模様のように見えます。
IMG_74971
サッシやシャッターBOXの角からは亀裂が発生しており、より古さを感じてしまいます。モルタル壁ですので亀裂は発生しやすいのですが、補修して塗り替えてあげないと、既存の塗膜の効力低下も重なり、より亀裂が発生してくるでしょう。
IMG_2822
下から見上げただけでは見えませんが、霧除けに使用されている板金も色が褪せてしまい、チョーキングが発生しておりました。
IMG_2815
玄関周辺のみタイル壁がありますが、こちらも水垢が表面いこびり付いており古さを感じます。タイルはタイル用の塗料や撥水剤を使用してメンテナンスが可能です。
IMG_6721
まずは高圧洗浄を行い、長年の汚れを落としていきます。表面をキレイにすることで塗装が出来る状態にするということです。汚れたまま塗装すると早く剥がれてきます。
IMG_6679
洗浄で濡れたが壁を乾かすと、次は下塗りを行います。下塗りは、対象物を上塗りの間を取り持つ大事な作業で存在です。どれだけ良い上塗り材を使用したとしても、下塗りの種類を間違えたり、雑な塗り方をすれば早く剥がれてきます。今回は上塗り材としてパーフェクトトップを使用しますので、パーフェクトトップを塗る際のモルタル壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しました。
IMG_6671
幅のある大き目の亀裂に関しては、サンダーで少し深めに削り、モルタルで埋めます。亀裂自体を奥に隠すといことです。
IMG_6666
モルタルで埋めた表面は周囲の柄に合わせて、柄付けを行ってから塗装します。
IMG_6713
玄関の上には、一部タイル壁もあります。高圧洗浄前にタイル専用の洗浄剤をタイルに付着させて、汚れ具合に合わせてブラシやタワシで磨きます。
IMG_66242
キレイになった表面いタイル専用のクリヤー塗料を塗って仕上げます。かなりピカピカ!!
IMG_6698
付帯部の塗装も行っていきます。霧除けは鉄部用の工程で仕上げていきます。下塗りとして錆止めを塗っていきます。
IMG_6688
錆止めをが乾燥すると中塗りを行います。
IMG_6695
フードも鉄部でしたので、霧除け同様の工程進めていきます。
IMG_6685
錆止めが乾燥すると中塗りを行います。
IMG_6656
モルタル壁は下塗り材が乾くと中塗りを行います。中塗りは下塗り材ではなく、上塗り材を使用します。上塗り材は、中塗りと上塗りで計2回以上は塗ります。
IMG_6655
床との境目は養生材を使用して、仕上がったときのラインがキレイに出るように塗っていきます。
IMG_6649
中塗りが乾くと仕上げの上塗りです。色ムラのないよう丁寧に塗っていきます。乾燥を待ちもう一度色ムラの確認を行い調整していきます。
IMG_6628
霧除けやフード、水切りなどの鉄部も、上塗りを行っていきます。
IMG_5429
IMG_54242
IMG_54321
IMG_5437
IMG_66151
IMG_5417
IMG_54191
以前の外壁の色と比べると、かなりスッキリした感じがします。水切りとシャッターの色が少しアクセントになっていると思います。タイル壁もキレイになってピカピカです。この度はご利用いただきまして有難うございました!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る