横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市戸塚区でパーフェクトトップとサーモアイSiを使用した外部塗装工事

横浜市戸塚区の施工事例

横浜市戸塚区でパーフェクトトップとサーモアイSiを使用した外部塗装工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
外から眺めていて屋根の棟板金が錆びていることに気づかれて点検のご依頼を頂きました。また外壁の汚れ・幕板の塗膜剥がれや傷みも以前から感じていたそうです。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 その他塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ サーモアイSi
施工期間
10日
築年数
18年
平米数
外壁95㎡  屋根57㎡
施工金額
92万
お施主様
P様邸
IMG_5471
外壁の幕板表面の状態です。塗膜が剥がれてきており、中身が見えております。雨水が浸入すると急速に劣化していく状態です。
IMG_5474
幕板の上端です。一番雨水が乗りやすく、最初に剥がれやすい箇所であります。
IMG_5477
サイディングに反りが出ております。シールので補修出来る幅は8mm~最大で12mm程度です。まだシールの補修で済む段階です。
IMG_5492
こちらもサイディングの反りです。左の写真に比べて開いている幅が広いです。早めの補修が必要な状態です。
IMG_5484
サッシ廻りのシールの状態です。まだ小さな穴ですが、補修をしないと大きくなるばかりです。この機会にキチッとシールを打ちましょう。
IMG_5466
外壁材継ぎ目のシール状態です。表面が痩せて切れてきております。これはシール自体を交換する必要があります。打ち替え工事となります。
IMG_5458
屋根面の状態です。オレンジ色したものは苔です。屋根の表面は苔が生えやすいのです。古そうな屋根に見えますが、屋根材自体はしっかりしております。高圧洗浄をかけて見合った下塗り材を使用すればまだ塗装工事が可能です。
IMG_5447
雨樋の内部に枯れた蔓が詰まってます。工事の際は雨樋の清掃を無料でさせて頂いております。是非ご利用ください!!

IMG_9583
まずは高圧洗浄をかけて既存の汚れを落していきます。塗装工事を行う前にするとても大切な作業です。
IMG_9549
既存のシール撤去していきます。そこにプライマーという接着剤を塗っていきます。

IMG_9563
シール材を打って隙間にあふれる程詰めていきます。その後外壁に合わせるように均していきます。
IMG_9553
前回まではシールが露出しておりましたが、今回は塗装をすることで塗膜の中に隠れます。
IMG_95541
外壁材のコーナー部分です。もともとLアングルが取り付けてありましたが、このような隙間もシールを打っていきます。極力塗装した後に隙間が無いようにシールで埋めていきます。
IMG_9534
幕板と外壁の隙間にも雨水が浸入しないようにシールを打っていきます。幕板の劣化防止にもなります。
IMG_95471
さて次は下塗りを行っていきます。塗装の工程では欠かして良いものは何一つありませんが、下塗りは上塗り材をしっかり塗るためにとても重要な役割です。下塗り材を間違えてしまうと剥がれや浮きが発生してしまい劣化が早まります。
IMG_9527
中塗りです。上塗り材の1回目の作業です。上塗り材は1回では綺麗に仕上がりません。必ず2回以上は塗らないと色ムラが発生します。
IMG_9631
仕上げの上塗りで、上塗り材の2回目です。1回目と2回目の色の違いを見ると明らかな違いが分かります。
IMG_9387
2階部分の色はND-320を使用しました。白の中でもとても発色が良い320。是非使用してみてください!!
IMG_95291
棟板金の赤い色は錆止め塗装の色です。分かりやすいように赤色に着色してります。これから屋根面も塗装を行っていきます。
IMG_9609
屋根面がグレーに見えますが、これは屋根用の下塗り材です。既存屋根面の劣化具合により、下塗り材はしっかりチョイスしなければなりません。
IMG_9401
中塗り・上塗りを繰り返してムラ無く仕上げます。今回ご使用のサーモアイSiは遮熱機能を兼ね備えた2液弱溶剤シリコン塗料です。耐候も高く屋根材の自体の寿命も伸びます。色はクールブラウンを使用しました。
IMG_9545
幕板の塗膜劣化が著しうので全体的に丹念に扱いていきます。キッチリ扱かないと塗った後に剥がれやすくなりますので注意が必要です。
IMG_9596
幕板で使用した塗料はファインSiです。せっかく耐用年数の長い塗料を外壁に使用しても、付帯部だけ外壁より先に剥がれては意味がありません。外壁に使用する塗料の耐用年数に極力合わせるように、付帯部の塗料も選ばなくてはなりません。付帯部はシリコン塗料で纏めます。
IMG_95811
こちらの真っ赤に塗ったのは雨戸です。錆止めを塗った状態です。これから中塗り・上塗りをしていきます。
IMG_9588
中塗りをしている画像です。新しい外壁の色に合わせてこげ茶色で塗装しております。こちらもファインSiを使用しております。
IMG_9585
鼻隠し板や雨樋もファインSiで統一しました。艶のある綺麗な仕上がりです。
IMG_9405
IMG_9374
IMG_9385
IMG_9391
IMG_12662
IMG_1268
IMG_9658-e1449842113225
この度は数ある施工店の中から弊社を選んで頂きまして誠にありがとうございました!!ご自宅の外周・付帯部・開口部・屋根と全てを実測させて頂いた分、仕上がったときの嬉しさがひとしおでした。次回は定期点検にてお会いできる日楽しみにしております!!ご利用頂きまして誠にありがとうございます!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る