横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市戸塚区の屋根外壁塗装、サーモアイSi(クールシルバーアッシュ)とパーフェクトトップ(ND-343)の組み合わせ

    横浜市戸塚区の施工事例

    横浜市戸塚区の屋根外壁塗装、サーモアイSi(クールシルバーアッシュ)とパーフェクトトップ(ND-343)の組み合わせ

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    屋根は化粧スレートで外壁は窯業系サイディングの築18年が経過した建物にお住いの横浜市戸塚区H様。今回が初めての屋根外壁塗装でした。訪問業者に屋根外壁塗装を勧められたことがきっかけでご相談がありました。「1社の見積だけでは心配」とのことでした。屋根も外壁も傷んでいはおりましたが、塗装前に補修をするべきところがありました。塗装工事には塗装するために必要な作業というのがあります。塗装するために必要な作業あってこその塗装工事です。しっかりと行って参ります。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイSi,パーフェクトトップ,ファインSi
    施工期間
    14日間
    築年数
    18年
    平米数
    屋根72.6㎡ 外壁134.4㎡
    お施主様
    H様
    保証
    7年間
    IMG_3098
    IMG_3104
    屋根は化粧スレート屋根で、大きな亀裂や欠損はありませんでした。緑色の化粧スレートですが全体的にオレンジ色が混ざったように見えます。オレンジ色の部分は苔です。苔と言うと緑色を想像すると思いますが、屋根の上に付着する苔はオレンジ色をしていることが多いです。
    IMG_3127-2
    IMG_3175
    外壁や鼻隠し板の継ぎ目に打たれているコーキングが全体的に劣化しております。継ぎ目に打たれているコーキング材は全て打ち替えて新しいコーキング材に替える必要があります。継ぎ目はサイディング以外にも鼻隠し板や破風板、幕板にもあってコーキング材が打たれているケースがありますので、調査の段階で確認をしてお見積書に反映させます。
    IMG_3131
    IMG_3111
    外壁のサイディングは窯業系サイディングと呼ばれる外壁材です。サッシの角部分に傷みがり、表面が剥がれてしまっております。また、窯業系サイディングを上から見下ろすと上を向いている部分に多く剥がれが起こっていることが分かります。タイル柄のサイディングなのでタイルと目地に上を向いている小さな段差が出来ているので、雨水が溜まりやすくなります。雨水が溜まるところはその分剥がれやすくなる傾向がありますので、タイル柄のサイディングの場合は特に上から見下ろして確認しておく必要があります。
    IMG_4235-1
    IMG_4219-1
    屋根外壁塗装で最初に行うのは、新しい塗膜がしっかりと付着するように屋根や外壁の表面を洗浄することから始まります。屋根や外壁の表面に高圧な水を当てて、長年かけて付着した汚れを落としていきます。また雨樋や雨戸などの付帯部を含めて建物全体に行っていきます。この作業を高圧洗浄と呼びます。
    IMG_4216
    IMG_4217-1
    窯業系サイディングの継ぎ目に打たれているコーキング材は、全て綺麗に撤去して、新しいコーキング材に打ち替えます。まずは既存のコーキング材を窯業系サイディングに傷がつかないように綺麗に切り落としていきます。横浜市戸塚区H様のお宅では114.6m分のコーキング材を撤去して打ち替えていきます。
    IMG_4211-1
    IMG_4208
    建物によりますが、破風板や鼻隠し板の継ぎ目にも打たれていることがあります。そんなときも同じように打ち替えます。打ち替える際には、プライマーを塗布してから打ちます。
    IMG_3110-1
    IMG_4204-1
    また窯業系サイディングのコーナーが剥がれたり割れたりしている場合は、窯業系サイディングのコーナーにも塗装前にコーキングを打って埋めていきます。コーキングを埋めておくことで塗装したあとの塗膜が破れづらくなります。塗装前の細目な下準備は非常に大切です。
    IMG_4133
    IMG_4130
    屋根も塗装を作業を進めていきます。まずは板金部分をケレンして塗料の食い付きが良くなる状態にしています。そのうえで下塗り材を使用して塗装していきます。白色をしているのが下塗り材なのですが、既存の化粧スレートが見えなくなるまで丁寧に塗装していきます。
    IMG_4119-1
    IMG_4125-1
    下塗り材を塗りおえて乾燥したあとには亀裂の補修やタスペーサーの差し込みを行っていきます。白色の下塗り材を使用すると、見えづらいひび割れや亀裂が見つかりやすい傾向があります。化粧スレート屋根においてタスペーサーの差し込みは雨漏りを防止するうえで必須事項です。
    IMG_4115-1
    IMG_4110-1
    日本ペイントさんのサーモアイSiのクールシルバーアッシュを使用して中塗りを行っていきます。中塗りと上塗りは同じ上塗り材をを仕様して塗っていきます。下塗り材の白色が見えなくなるまで中塗りしていきます。中塗りで塗った塗料が乾燥すると、今度は上塗りを行っていきます。
    IMG_3721-1
    日本ペイントさんのサーモアイSiのクールシルバーアッシュを使用した屋根塗装が終わりました。上の画像は、上塗りが終わって乾燥した状態を写したした写真です。全体で見てしまうと白色に見えてしまいますが、これはクールシルバーアッシュです。同じサーモアイSiでも色が明るい色を使用した方が、反射率が高くて熱の吸収を抑えやすい傾向があります。
    IMG_4145-2
    IMG_4144
    屋根や外壁の塗装を進めながら付帯部の塗装も進めていきます。雨戸や基礎水切りなどの金属部に関してはケレンしたあとに錆び止め塗料を塗ってから日本ペイントさんのファインSi(ND-105)を2回塗りします。錆び止め塗料は日本ペイントさんのハイポンファインプライマーⅡを使用します。
    IMG_4138
    IMG_4137
    日本ペイントさんのファインSiは塗り方を変えるだけで色々なところに塗ることが可能なオールマイティな塗料です。屋根や外壁にはたくさんの種類の塗料がありますが、付帯部用の塗料はそこまで種類がないのが実状です。そんななかで耐用年数も長く活躍できるのがファインSiです。
    IMG_3647
    横浜市戸塚区H様のお宅にある付帯部は、軒天、鼻隠し板、基礎水切り、雨樋、スリムダクト、雨戸、戸袋、フード、軒下換気口などがありました。雨樋やスリムダクトなどの硬質塩ビ製のものはケレンを行って日本ペイントさんのファインSi(ND-105)を2回塗りしていきます。
    IMG_4172-1
    IMG_4171
    窯業系サイディングには日本ペイントさんのパーフェクトトップ(ND-343)を使用します。窯業系サイディングにパーフェクトトップを使用する際の下塗り材は、日本ペイントさんのパーフェクトサーフを使用します。屋根塗装同様にパーフェクトサーフが白色をしておりますので、既存の窯業系サイディングが見えなくなるまで丁寧に塗装していきます。
    IMG_4167
    IMG_3751
    下塗りが乾燥してから日本ペイントさんのパーフェクトトップ(ND-343)を使用して中塗りと上塗りを行っていきます。中塗りと上塗りの間も乾燥を確認してから上塗りします。全体的に塗り終わりましたので、最後は色ムラや塗りムラの確認をして、必要であればタッチアップを行って完了になります。
    IMG_3784
    日本ペイントさんのパーフェクトトップの特徴は、何といっても艶感です。表面が新しいサイディングのように生まれ変わります。またシリコン塗料と同等の価格なのに耐用年数はシリコン塗料に比べて長いのも特徴です。横浜市戸塚区H様も「全体的に明るくなって、新築のときみたい」とお喜びのご様子でした。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-12-08 16:42:38 横浜市戸塚区の外壁調査、モルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります

      IMG_8524

      ご自宅の外壁でよくあるモルタルで下地が造られたのをモルタル壁と呼びますが、このモルタル壁は築年数の経過とともに亀裂やひび割れが起こるようになります。実はこのモルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります。雨漏りに繋がる前にな何とかしたい、決して無視できない現象です。横浜市戸塚区T様のお宅より「数年前から雨漏り...続きを読む

      2018-12-07 14:04:38 横浜市旭区で築13年の屋根を調査、塗装が無駄になるニチハのパミールであることが判明

      IMG_8524

      本日はまだ築10年ちょっとしか経ってない横浜市旭区の屋根塗装調査でしたが、実は屋根に上がって見ましたらニチハのパミールというスレート屋根である事が判明いたしました。 パミールは塗装が無理、無駄になってしまう屋根材です。(塗装が無理な外壁や屋根に関してはこちら。)表面のはく離が必ず起きてしまい、ミルフィーユ現象や、元々野地板...続きを読む

      2018-12-06 18:09:36 横浜市西区にて塗装工事の事前調査、外階段の鉄部の錆が外壁に付着

      IMG_8524

      築年数が25年以上経っているという横浜市西区のお宅へ塗装のための調査に伺いました。 塗装といっても今回のメインは外階段です。鉄部への塗装と、その鉄部の錆が外壁に漏れ伝わってしまっているのと、前回外壁塗装してからそろそろ10年ちかく経つために合わせて塗装しようという計画です。   鉄部の錆が外壁を伝わってし...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る