横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市戸塚区築10年で適切な時期と塗料選びで塗り替え

    横浜市戸塚区の施工事例

    横浜市戸塚区築10年で適切な時期と塗料選びで塗り替え

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築10年目での塗り替えをご希望されておりました。外部のメンテナンスにおかれましては、殆どの方がイニシャルコストを低くしてランニングコストがかかってしまうことを選択しがちですが、こちらのご主人様はイニシャルコストとランニングコストのバランスをしっかりとお考えになり、トータルコストが低くくなる塗り替えをされたと思います。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 その他塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    スーパーセランマイルド,スーパーセランマイルドIR,IPヨウヘキコート
    施工期間
    18日
    築年数
    10年
    平米数
    163㎡
    施工金額
    170万
    お施主様
    N様邸
    保証
    15年
    IMG_45841
    築10年目とうこともあり、そろそろ塗り替えを考えているとのことでした。外壁の窯業系サイディングには問題が御座いませんでしたが、全体的にシールの劣化が多く、交換が必要な状態でした。
    IMG_4569
    外壁材は模様の違った2種類の窯業系サイディングを使用しております。節目の10年ということで外壁の色替えを踏まえたメンテナンスをご希望です。それでは調査に入ります。
    IMG_45281
    まずは外壁の確認です。指で軽く壁面を撫でます。劣化の症状が現れている場合は、指に白い粉が付着しますが殆ど付着しません。築10年でこの程度ならば壁面の状態としては良いと思います。
    IMG_45101
    コーキングの確認です。コーキング自体が破けているのは殆どありませんでしたが、サイディングと剥離している症状が多数確認できました。このままでは雨水が浸入します。
    IMG_45361
    サイディングの断面は加工されていないことが多く、雨水が浸入するとサイディングに亀裂や欠損などが発生して悪影響です。早急にコーキングの打ち替えが必要です。
    IMG_45141
    破けたり剥離したりはしておりませんが、笠木の両端も打ち替えもしくは打ち増しした方が、外壁材や基礎の亀裂発生を防ぐことができるでしょう。おさえておきたいポイントです。
    IMG_46131
    破風板と軒天の取合いから亀裂が生じております。このような箇所も塗装前にコーキングで補修しておく必要があります。
    IMG_0697
    まず塗装を行うために必要なことは塗れる状態にすることです。塗装をする箇所に対して洗浄を行います。
    IMG_0696
    今回は外壁・屋根・基礎を主に塗りますので、付帯部も含めて建物全体を高圧洗浄機を用いて洗浄していきます。
    DSC02798
    外壁材は窯業系サイディングです。洗浄後に乾燥させてから既存のシールを打ち替えるために既存のシールを撤去していきます。
    DSC02800
    カッターでキレイに切れ目を入れて、引っ張るように撤去していきます。
    DSC02802
    シールの撤去は、窯業系サイディングの継ぎ目(ジョイント)と軒と壁の取合い、外壁の入隅などを行います。こちらのお宅では213.3mのシールを撤去いたしました。
    DSC02797
    シールをキレイに撤去したあとはプライマーという接着剤を塗っていきます。
    DSC02803
    プライマーを塗った後に新しいシール材を打ち込んでいきます。シール材は変成シリコーンを使用していきます。
    DSC02804
    シール材を多めに打ち込んでからヘラを使用して均していきます。
    DSC02811
    シールの乾燥を確認してから次の作業に取り掛かります。基礎水切りをケレンして既存の汚れを落としていきます。ケレンが終わると錆止めを塗ります。
    DSC02807
    錆止めが塗り終わると、上塗り材を2回塗っていきます。今回はファインSiのND-10を使用いたしました。シリコン塗料です。外壁や屋根だけ耐用年数のある塗料を使用して、付帯部をウレタンにすることが多いようですが、やはり付帯部も外壁や屋根に耐用年数を極力近づけた方が良いと思います。
    DSCN0689
    雨樋や室外機配管カバーなどもケレンの後にファインSiのND-105を塗っていきます。
    DSCN0692
    ND-105は既存の白いサッシに色が近く、白の塗料の中でも塗らない周囲の白に合いやすい色番です。是非お試し下さい。
    DSCN0685
    今回は基礎塗装のご依頼もありますので、塗っていきます。新築時に基礎は塗装されていいないことが多いので、お塗りになられるようでしたら早めをお薦めいたします。
    DSCN0698
    まずは下塗り材を塗っていきますが、今回使用したのはインターナショナルペイントさんのIP含侵シーラーです。上塗り材のIPヨウヘキコートを塗る際の下塗り材です。付着力に定評があります。
    DSCN0697
    こちらは上塗り材のIPヨウヘキコートです。擁壁や住宅基礎、コンクリートブロックなどの水分が多く、その影響で膨れや剥がれが発生しやすい塗装の困難な箇所に対する専用の塗料です。
    DSCN0699
    まずは中塗りを行います。ムラなく押し込むように塗っていきます。
    DSCN0721
    上塗りを行います。IPヨウヘキコートは無機系主体の通質型塗膜を形成します。素地に対してもしっかりと密着いたします。
    DSCN0723
    IPヨウヘキコートの色は調色が可能で、今回は基礎の塗るためにライトグレーにしましたが、塀や門廻り用に明るい色にもすることが出来ます。
    DSCN0622
    屋根の塗装していきます。高圧洗浄のあとに下塗りを行っていきます。板金部分は1液ハイポンファインデクロ。化粧スレート部分にはベスコロフィラーを塗っていきます。
    DSCN0632
    屋根でも外壁でも同じことですが、下塗りがしっかり塗っていないとどんな良い塗料を塗っても剥がれが早くなってしまいます。下塗りは念入りに行います。
    DSCN0634
    こちらがベスコロフィラーです。肉痩せした化粧スレートを甦らせることが出来ます。また下地調整と下塗りが1度に出来る優れものです。
    DSCN0637
    亀裂に対してはシール材にて補修していきます。細かな亀裂に対してシール材は打って補修します。
    DSCN0638
    打ち終わったシール材はヘラで均して、上塗り材が周囲と同じように塗れるように整えます。
    DSCN0636
    今回の屋根用上塗り材はスーパーセランマイルドIRです。色はIR-13を使用しております。
    DSCN0641
    中塗りを行っていきます。スーパーセランマイルドIRは遮熱性を兼ね備えた超耐候型の塗料です。化粧スレートの補修部分も塗料が乗っているか確認しながら塗っていきます。
    DSCN06591
    中塗りから晴天で丸3日間空かせました。その後上塗りを行います。中塗りと上塗りでは艶が全く違います。やはり上塗りの仕上り感はとてもキレイです。
    IMG_0069
    こちらが上塗りが乾燥しきった状態です。IR-13を使用しましたが、焦げ茶色に近い色です。破風の白お互いが強調しすぎず良いバランスです。
    DSCN0645
    軒天や駐車場の天井を塗っていきます。ケンエースG-Ⅱを使用しております。壁との取り合いがある場合は、壁より先に天井を塗っていきます。
    DSCN0648
    天井の塗料を壁まで少し塗ります。天井と壁の取り合いで色を見切る場合は、取合いのラインで色分けするとキレイに収まりませんので、どちらかの塗料を少しはみ出すように塗ります。すると色がキレイに見切れるようになります。
    DSCN0677
    続いて破風や鼻隠しを塗っていきます。こちらは雨樋や基礎水切りなどと同様にファインSiのND-105で塗っていきます。
    DSCN0681
    ファインSiの2回目です。やはり1回目と2回目では艶の感じが全く違います。このND-105をキレイに塗れば塗るほど屋根の色も映えてきます。
    IMG_00922
    乾燥後の晴れた日に撮った画像です。とてもキレイですね!!
    DSCN0653
    外壁の下塗りです。こちらも他のところと同じになりますが、しっかりと押し込むように塗っていきます。
    DSCN0670
    中塗りです。今回の上塗り材はスーパセランマイルドで、色はご夫妻様のご希望が「茶色なんだけどすごく黒に近い色」ということでG09-20Bを使用しております。
    DSCN0673
    上塗りを最後に行っていきます。スーパーセランマイルドは、無機の特徴と有機の特徴を良いとこ取りした、フッ素樹脂塗料を凌ぐ超耐候性塗料です。
    IMG_0104
    いかがでしょうか。色のバランスも含めとてもキレイな仕上りです。外壁には2色使用しております。先ほど申し上げたG09-20Bと白い部分はGN-93を使用しております。
    IMG_09291
    IMG_00571
    IMG_0051
    IMG_08581
    IMG_0077
    IMG_0078
    IMG_0087
    IMG_0088
    before
    IMG_4567
    horizontal
    after
    IMG_4945
    before
    IMG_4551
    horizontal
    after
    IMG_4946
    IMG_49411
    この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました!!数社依頼していた中で、「最初から決めてました」とのお言葉。私事ではございますが、印象に残りとても感慨深いです。築10年目で既存の外壁材の傷みも少ない状態で、尚且つとても耐候性のある塗料で塗装を行いましたので、今後の心配御無用です。定期点検でまた会えるのを楽しみにしております!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-12-08 16:42:38 横浜市戸塚区の外壁調査、モルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります

      IMG_8524

      ご自宅の外壁でよくあるモルタルで下地が造られたのをモルタル壁と呼びますが、このモルタル壁は築年数の経過とともに亀裂やひび割れが起こるようになります。実はこのモルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります。雨漏りに繋がる前にな何とかしたい、決して無視できない現象です。横浜市戸塚区T様のお宅より「数年前から雨漏り...続きを読む

      2018-12-07 14:04:38 横浜市旭区で築13年の屋根を調査、塗装が無駄になるニチハのパミールであることが判明

      IMG_8524

      本日はまだ築10年ちょっとしか経ってない横浜市旭区の屋根塗装調査でしたが、実は屋根に上がって見ましたらニチハのパミールというスレート屋根である事が判明いたしました。 パミールは塗装が無理、無駄になってしまう屋根材です。(塗装が無理な外壁や屋根に関してはこちら。)表面のはく離が必ず起きてしまい、ミルフィーユ現象や、元々野地板...続きを読む

      2018-12-06 18:09:36 横浜市西区にて塗装工事の事前調査、外階段の鉄部の錆が外壁に付着

      IMG_8524

      築年数が25年以上経っているという横浜市西区のお宅へ塗装のための調査に伺いました。 塗装といっても今回のメインは外階段です。鉄部への塗装と、その鉄部の錆が外壁に漏れ伝わってしまっているのと、前回外壁塗装してからそろそろ10年ちかく経つために合わせて塗装しようという計画です。   鉄部の錆が外壁を伝わってし...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る