横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市港北区にて築16年目で初めての塗り替え、サーモアイ4Fとエラストコートで屋根と外壁の輝きを取り戻す

    横浜市港北区の施工事例

    横浜市港北区にて築16年目で初めての塗り替え、サーモアイ4Fとエラストコートで屋根と外壁の輝きを取り戻す

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築16年目で屋根外壁部分で塗装したのは築5年目に木部の塗装をしたのみなので、そろそろ今の色をそのままに塗装をし直したいとのご依頼を頂きました。 部分的にピンクを使うなどアクセントがあるお宅をイメージをそのままにし、耐久性の高い塗料を希望されておりました。 室内空間を快適にするため屋根塗装には遮熱塗料の日本ペイント「サーモイ4F」、外壁のクラックの傷みには弾性塗料のブライトン「エラストコート」で仕上げました。 それぞれの耐候年数が15年超なので、ランニングコストも抑えられます。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 足場 その他の工事
    【工事詳細】
    使用材料
    屋根:サーモアイ4F 外壁:エラストコート
    施工期間
    25日間
    築年数
    16年
    お施主様
    N様邸
    保証
    12年
    2018_05_17-2_38
    2018_05_17-2_69
    横浜市港北区N様宅は、今回が初めての屋根外壁のリフォームという事でしっかりと調査をしてくれ、適切な提案をしてくれる会社をお探しだったとの事で、弊社にお問合せを頂きました。N様宅は切妻屋根で屋根はスレートで葺いてありました。少し勾配がきつく、特に日の当たらない北側全体的に苔や藻が多く見られ、軒先のほうはズルズルすべりそうなほど屋根が傷んでいました。

    2018_05_17-2_32
    2018_05_17-2_36
    外壁はコテ仕上げのモルタル外壁です。細かく見てみますとモルタル特有のクラック(ひび割れ)が多く見受けられ、こちらが特に気になります。どこに集中してというわけではなく外壁全体に見られたので、クラック対策は必要でした。
    また北側の外壁は写真にありますように特に藻が多く、エアコンの室外機の裏側等は特に顕著に見られました。
    5b65488af1b7379201ebfbb0bb70afec
    0e63354fa620360d5f31fba5cff0f681
    こちらは2階まである木部分の様子です。既に塗膜も薄れ本来は綺麗な深緑だったところが白く霞んでしまっています。
    新築後5年目に一度劣化が気になって塗装されていたようですが、塗料の選択を間違えていたらしく塗ったら木目が消えかけて塗った塗料もすぐに剥がれてしまい、以来そのままだったそうです。
    右はよくリビングからお外に出るワンちゃんや奥様が洗濯物を干すのに外に出る時に重宝していた自作されたウッドデッキです。こちらは既に腐食がかなり進んでしまっており、塗装は無理なので今回は交換するとのお話になりました。
    666773e4f30e2ebb4b9da07a15a93a80
    830f4d99abb29e645148131a9d0e139c
    まずは塗装の前に、塗料の密着性を高める為屋根や外壁に高圧な水をかけて苔や藻など、汚れを落としていきます。
    仕上がりに影響が出る為にしっかりと行います。高圧洗浄と呼ばれる工程となります。N様宅にはトップライト(天窓)がついております。こちらも窓枠のパッキンの劣化やコーキングの劣化などによる隙間からの雨漏りに繋がりやすいので、屋根塗装を行うときはメンテナンスを一緒にしましょう。
    右の写真は苔などの汚れを落とした後の様子です。
    452ebd810a58f0facba63ba7754e6597
    59c9e8a8d85c8f725417828c95d96196
    まずは塗装の前に下地処理です。付帯部の金属や板金部分にはケレンをし洗浄では落とせなかった汚れを落とし、塗料の食いつきを良くさせるために目粗します。その後金属部専用にサビ止め塗料を塗布していきます。赤く塗られている所がサビ止め塗料です。
    65512586ac4d4975a43cad008b5519b8
    f6d9272fcce98da5f77a25b7032ce189
    使いましたサビ止め塗料は、関西ペイントの1液エポキシ系のザウルスEXIIを使っております。ケラバやトップライト、棟板金など全体にサビ止めを塗布して、次の工程に移ります。
    619bed8139459ce3984133b1033bc98f
    c39c1794b1bdd8886682dcdaafa2ddb1
    屋根塗装には遮熱塗料である日本ペイントのサーモアイ4Fを使います。シリコンよりランクが上のフッ素を使っており高耐久性を実現しております。またサーモアイは下塗りにも遮熱効果がある優れもの。従来は中塗りと上塗りにしか遮熱効果がなかったのですがこちらは下塗りも含め上塗りと合わせてトータルで遮熱効果を発揮します。ローラーを使って屋根全体に丁寧に塗りこんでいきます。
    48cedaccfc62eaa5ade97360baf3034a
    c0193dd0401fdf30853d4700beeaaf17
    全体に専用下塗り塗料のサーモアイシーラーを塗り終えたら、仕上げに入っていきます。今回使うお色はクールダークグレーです。N様のご希望で屋根外壁とも既存の色に近いもので仕上げたいとのことでしたので、こちらのお色になりました。仕上げは基本2回塗り。中塗り・上塗りです。中塗りの段階で既に瑞々しく色がついているのが分かります。
    9a0c082ad3e0a4dbd8270e9349cd068c
    ef3822b7766f3ef6abc5f61907a5f376
    最後に上塗りです。一段一段丁寧に塗りこんでいきます。表面も艶が出ており綺麗に仕上がりました。反射した日の光が目に入り眩しいくらいです。
    d2d902438fadb9c16a3a753349238803
    628aec53370657242fb98182f6465911
    次は外壁塗装です。今回はクラックが特に気になるとの事でしたのでブライトンのエラストコートを使います。こちらの塗料の一番の特徴として高弾性というところにあります。モルタル外壁特有の振動や経年で出来てしまうクラックを追従してくれ亀裂や隙間を作らないよう動いてくれる弾性塗料です。こちらも屋根塗装と同じく下塗りから中塗り・上塗りと工程を踏みます。
    cf9ba4968602eb812da309e11baea3c0
    2879a47609461ade2305f67956382a9f
    また、エラストコートの特徴として既存の仕上がりを損なわずマットな仕上がりが期待できる塗料です。
    N様のご希望が新しく塗るけれどギラギラしていない落ち着いた感じが良いとのことでしたのでイメージにピッタリと大変喜ばれておりました。ジョリパッドのコテ模様がそのままに新しく塗膜ができています。
    4397e45120e62a2ac7ec7d81aed69cd6
    2539d57a53b776f8bc3a56d7755c140c
    外壁の付帯部も、金属部はしっかり同様にケレンをした後にサビ止め、付帯部塗料として日本ペイントのファインSiを使用し雨樋や水切り、フードや庇などを塗っていきます。きちんと下地処理から行いますと新しく付け替えたような輝きになります。今回はワインレッドにお色で付帯部は統一しております。
    f994593101454a6f2d8d8f0de1fd0f82
    d7b1c5dc5711ca91e8cc3be1dad49706
    今回付帯部に使いました日本ペイントのファインSiはオールマイティに色々な所に塗装できる塗料で、2液系のシリコン塗料となります。今までの付帯部が黒で、塗装するまでは経年劣化で色も薄れていたせいもあり、いいアクセントになっています。
    c16e2d8b931959f360ec546e0557ee68
    2126e40e65ac13559318bd1d587ed243
    気になる木部は既存の塗膜をケレンし除去した後にキシラデコールで丁寧に塗りこみます。色はタンネングリーンです。
    また同時に玄関ドアも床に近い部分が塗膜が剥がれ汚れてしまっていたので、同じく手作業でケレンし、職人と現地で話し合い、調色しN様の理想に近いお色で塗装し直しました。
    2018_07_30-1_1
    2018_07_30-1_2
    また、屋根外壁塗装が終わった後の最後に、LIXILのウッドデッキとオーニングも設置致しました。
    ウッドデッキはレストステージ、オーニングは彩風です。
    ワンちゃんも奥様もよくこちらのお庭に出る事が多い事もあり、大変気に入って頂きました。
    オーニングは通常のものとは違い遮熱型で帆の表面と裏で温度差が5度も変わる優れものです。
    お色は玄関横の木部と揃えてブリティッシュグリーンです。ウッドデッキは3種類ある中からクリエモカをお選びになりました。
    綺麗にまとまっていますね。
    2018_09_09-3_2b
    N様宅の屋根外壁塗装が竣工しました。ご希望だった「既存の色に似た色で新築当時の雰囲気に戻したい」のとアクセントで付帯部をワインレッド調で仕上げアクセントにした事でちょっとした違いも生み出すことが出来ました。
    屋根に使ったサーモアイ4Fのお色はクールダークグレー。ジョリパッドのコテ仕上げのモルタル外壁にはエラストコートのB-102。破風板のピンクに似たお色は日塗工のJ05-70L。付帯部はJ07-20Hです。
    希望通りの色で仕上がったことでN様には大変喜んでいただきました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-11-14 15:58:07 横浜市都筑区でモルタルの外壁を調査、雨漏りの危険性がある亀裂やひび割れを確認

      IMG_8524

      横浜市都筑区R様より「外壁の傷みが気になるので見てほしい」とのご相談が御座いましたので、外壁調査にお伺いしました。以前からちょくちょく亀裂の補修をしていたそうですが、最近になって亀裂やひび割れの箇所数が多くなってきた印象を持たれたそうで、街の外壁塗装やさんにお問合せをいただきました。横浜市都筑区R様のお宅の外壁は、表面は塗料で仕...続きを読む

      2018-11-03 08:39:32 横浜市港北区にて築12年のスレート屋根とサイディング外壁の塗り替え前調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区I様からご依頼をいただきました、築12年のスレート屋根、サイディング外壁の塗装の為の点検調査に伺ってまいりました。I様宅は1階が貸家になっており、2階が住居になっております。築12年となると初めてのメンテナンスを行うには時期相応と言えるでしょう。 「屋根材表面は撥水効果が薄れてます」 まず...続きを読む

      2018-11-03 02:04:23 横浜市旭区にて外壁調査、築20年何もしていなく塗膜がはく離してしまいました

      IMG_8524

      横浜市旭区のH様邸で既に屋根工事をされると決まっておりましたが、どうせ足場を架けるならばと外壁も一度も塗装のリフォームをやられていないとの事で、新しくする屋根と同じく外壁も長く持たせられるようなご提案の為に調査に伺いました。 元はもうちょっと明るいピンク色の外壁だったというこちらのお宅の経年での汚れや傷みを見てみます。 ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る