横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市港南区外壁はファイングラシィSiとエラストコートで屋根はサーモアイ4F

    横浜市港南区の施工事例

    横浜市港南区外壁はファイングラシィSiとエラストコートで屋根はサーモアイ4F

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    雨漏りのご相談がありましてお伺いしたところ、サッシとタイルの隙間が原因と判明しました。その他にも雨漏りに発展する隙間が見つかったことで、足場を設けた外壁全体のメンテナンスとなりました。足場を設けることで屋根塗装も同時に行うこととなりました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 その他塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイ4F エラストコート ファイングラシィSi ファインSi
    施工期間
    18日間
    築年数
    25年
    平米数
    屋根102.7㎡ 外壁177.5㎡ ガレージ52.3㎡
    施工金額
    192万円
    お施主様
    T様邸
    保証
    屋根9年 モルタル壁10年 タイル壁7年
    IMG_2622
    建物はガレージがあり2階部分はモルタル壁の吹付け仕上げで1階部分は磁器タイル壁のお宅です。
    IMG_25762
    天井のクロスが剥がれかかっております。この部分が雨漏り発生地点です。この他に窓まわりからも雨漏りが発生するそうです。原因を探ります。
    IMG_2601
    サッシとタイルの間に隙間が出来ております。コーキング材が詰まっていたようですが、無くなっております。どうやらこれが雨漏りの原因のようです。
    IMG_26041
    コーキング材が詰まっているところも、コーキング材にひび割れは発生しており劣化が伺えます。
    IMG_2632
    ガレージの磁器タイル壁の伸縮目地も劣化しております。コーキング材は全体的に劣化しており打ち替えが必要なところばかりです。聞くところによると建てられてからまだ1度もメンテナンスしたことがないそうです。
    IMG_2603
    外壁以外にも劣化しているところがありました。こちらは室外機の配管化粧カバーと雨樋ですが、どちらも色褪せており、元の色がわからないくらいです。全体的にメンテナンスする運びとなりました。
    IMG_5343
    塗装工事ではまずは塗装が出来る状態にしないといけません。最初に行うのは洗浄をすることです。高いところから低いところへ順に行っていきます。
    IMG_53382
    日陰で苔の生えたところもこのようにキレイにしていきます。洗浄行うだけでも長年の汚れを感じることができます。
    IMG_53352
    タイル面においては、洗浄前に専用の洗剤を使用します。ローラーで専用の洗剤を付着させて行きますが、汚れの溜まっている下端やコーナーは擦って落とします。
    IMG_53361
    洗剤を洗い流しながらタイル面も洗浄していきます。特に目地は新築当初よりも黒くなっておりますので、念入りに洗い流します。
    IMG_5348
    塗装作業も洗浄と同様に高いところから始めます。間隔調整のためにタスペーサーを挿入してから始めます。
    IMG_5358
    屋根ではスレート部分と金属部分で下塗り材が違います。金属部分に錆止め塗料を塗っていきます。
    IMG_5366
    スレート部分にはスレート用の下塗り材を塗ります。今回はベスコロフィラーHGを使用しました。
    IMG_5378
    下塗り材の硬化を確認してから上塗り材を2回塗っていきます。最初の中塗りは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_5386
    上塗り材の硬化を待ってから仕上げの上塗りを行っていきます。今回使用した上塗り材はサーモアイ4Fのナポリブラウンを使用しました。
    IMG_5376
    吹付け仕上げとタイルの間にある幕板は、表面の脆弱部分を落してから塗装に入ります。
    IMG_5381
    傷んでいるところに関しては付着性を高めるためにカチオンシーラー先に塗ります。
    IMG_5455
    今回の付帯部塗装にはファインSiの黒を使用しております。ファインSiを2回塗りしていきます。
    IMG_53721
    幕板の白くなっている部分は脆弱で削り落とした部分です。幕板の上端に関しては、コーキングを打って幕板の裏側に雨水が入り込まないようにします。
    IMG_4334
    タイル面は透明な塗料を塗りますので、コーキングが露出したかたちになります。従って周囲のタイルと同じような色のコーキングを打たなくてはなりません。打つ前に色決めを行います。
    IMG_5387
    吹付けの壁にはエラストコートを塗ります。まずは下塗り材を塗っていきます。
    IMG_55321
    下塗り材の硬化を確認してから、エラストコートを2回塗っていきます。エラストコートの色はB-62を使用しました。以前と比べて雰囲気が明るくなりそうな予感がします。
    IMG_54411
    専用の洗剤で洗われたタイル面にはファイングラシィSiを塗っていきます。こちらも他の上塗り材同様で、1回目の硬化を確認してから2回目を塗っていきます。
    IMG_54244
    コーキングの上にファイングラシィSiを塗ってしまうとひび割れを起こす可能性があるため、コーキングは塗装後に打ち替えます。
    IMG_54121
    コーキング材がタイル面に付かないようにマスキングテープを使用して養生します。周囲が仕上がっておりますので、職人の腕の見せ所です。
    IMG_54151
    タイルの角に少し被る感じで、そして目地の溝にもしっかり入り込んでいるのにすごくキレイにまっすぐに仕上りました。
    IMG_4526
    IMG_4531
    IMG_52653
    IMG_52511
    IMG_5264
    IMG_5281
    IMG_5286
    IMG_53171
    IMG_53101
    IMG_83292
    IMG_83321
    以前と比べて明るくて温かみのある印象になりました。使用された塗料もサーモアイ4Fとエラストコートということで超高耐候コンビです。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました!!

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-12 09:27:55 秦野市でスレート瓦の点検とおすすめの塗料をご紹介致しました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る