横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市瀬谷区築30年で3回目の外壁塗装をパーフェクトトップで艶やかに

横浜市瀬谷区の施工事例

横浜市瀬谷区築30年で3回目の外壁塗装をパーフェクトトップで艶やかに

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
築30年で3回目の外壁塗装を検討中でした。モルタル壁の建物ですが、塗膜のひび割れやモルタルからの亀裂が多く存在し、定期的にしっかりとメンテナンスされていても30年も経過すればそれなりの傷みは仕方がありません。調査の依頼をする前に塗料に関するお勉強をされていたらしく、ご主人様たってのご希望でパーフェクトトップでの外壁塗装となりました。

【工事内容】
外壁塗装
【工事詳細】
使用材料
パーフェクトトップ ファインSi
施工期間
9日間
築年数
30年
平米数
161.1㎡
施工金額
75万円
お施主様
I様邸
保証
7年間
IMG_1113
外壁をみていくと亀裂が多く目立ちます。以前は無かったと仰っておりましたが、亀裂の縁が黒くなっているのを見ると、最近できた亀裂では無さそうです。
IMG_1090
長い亀裂では2メートル近いのもありました。塗膜のひび割れではなく、モルタル自体から発生している亀裂のようです。
IMG_10731
1箇所だけですが、表面が波のようになっているところを見つけました。以前増築工事を行ったあたりとのことです。
IMG_11462
近くで見てみると、塗膜がモルタルから離れており浮いてました。このような箇所は塗装する前に除去しなければなりません。
IMG_10582
フードの表面は塗膜が剥がれて錆びた状態です。放置しておくと剥がれた部分は拡大していき、それと同時に錆も拡大します。
IMG_11341
下屋は板金屋根になっておりますが、こちらも塗膜が剥がれて錆が出始めております。
IMG_3964
まずは外壁や付帯部を高圧な水で洗浄します。塗装前に必ず行います。表面をキレイにすることで塗料の付着が向上します。
IMG_3966
塗装前に必要な作業を行っていきます。塗膜の浮いている部分は取り除きます。浮いている部分なので、簡単に取り除くことができます。
IMG_40031
既存の塗膜を取り除いたところは、下塗りをして周囲の柄に合わせて塗料で柄を造ります。
IMG_39801
次に亀裂の補修に移ります。塗膜だけが切れている部分に関しては下塗りで埋まりますが、モルタルから割れてるところに関しては、サンダーで削って堀を造ります。
IMG_39811
過去に2回塗り替えを行っていたせいか、モルタルに行き着くまで深さがありました。サンダーで削ることで出来た堀にプライマーを塗ります。
IMG_3996
本来はプライマーを塗ったあとにモルタルを埋めて均して補修は完了ですが、深いこともありモルタルを埋めたあとに、再度プライマーを塗ってコーキングを打ちます。
IMG_4036
今回使用する上塗り材はパーフェクトトップですので、専用に下塗り材のパーフェクトフィラーを使用します。既存の塗膜が見えなくなるまで塗っていきます。下塗り材で白くなった外壁を、今度は中塗りとして上塗り材を塗っていきます。下塗り材の白い色が見えなくなるまで塗っていきます。
IMG_40431
中塗りが終わると最終仕上げです。上塗りとして上塗り材を塗っていきます。中塗り材と上塗り材は同じ塗料を使用しますが、中塗り時の塗膜が硬化してから塗りますので、硬化した色と塗りたての色で違いが出ますので、見間違うことなく塗ることが可能です。
IMG_40111
こちらは下屋の塗装前の画像です。金属屋根ですので、表面の脆弱な部分をあらかじめ落としていきます。
IMG_4012
金属部分に塗る場合の下塗り材として錆止め塗料を塗っていきます。平らな部分はローラーで塗っていきますが、細かい部分はハケを使用して塗っていきます。
IMG_3947
中塗り・上塗りと塗っていきます。今回は使用した上塗り材はシリコンルーフⅡのマスカットグリーンです。塗りたては少し暗い感じがしますが、硬化するとマスカットの様なグリーンになります。
IMG_3704-e1491995379537
まだ工事は完了しておりませんが、提案通りの施工内容とだんだんキレイになっていくところを見て、ご主人様もご安心のご様子です。
IMG_3673
IMG_3652
IMG_3675
IMG_36961
IMG_3661
IMG_3655
IMG_3660
IMG_3669
IMG_41773-e1492137708380
今回はパーフェクトトップはND-501を使用しました。以前に比べてはっきりとした外観になりました。周囲に落ち着いた色の建物が多いのも重なってよりはっきりとしたイメージです。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました!!

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-01-15 21:34:07 サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。屋根と外壁の塗装工事をおこなうのですが、先日高圧洗浄が終わり外壁目地のコーキングの打ち換え工事をおこなっています。スレートは小さなヒビ割れが大分出ていますので、色を付ける前におこなう補修工事で問題ありません。このスレートはスリットが深くまで入っているのでヒビ割れが入りやすくなってしまう材料で...続きを読む

      2018-01-14 15:30:39 モルタルに亀裂が入ってきたら外壁塗装を行う目安|横浜市保土ヶ谷区

      IMG_8524

      「そろそろ外壁のメンテナンスを考えたい」とのことで、横浜市保土ヶ谷区A様より調査のご依頼がありました。築10年が経過した横浜市保土ヶ谷区A様のお宅の外壁は、モルタルで造られた外壁です。モルタルの場合は、築年数の経過により亀裂が入るようになります。外壁は定期的なメンテナンスとして塗装が必要になりますが、モルタルで造られた外壁の場合...続きを読む

      2018-01-07 07:55:59 横浜市神奈川区|出窓付近からの雨漏り・原因は微妙な隙間と塗膜の劣化

      IMG_8524

      本日は横浜市神奈川区から「出窓付近からの雨漏り調査」の様子をお伝えいたします。こちらのお家は築10年程で、今まで雨漏りなどの不具合はなかったそうですが、ここ最近、強風を伴った雨が降った際などに出窓付近から雨染みが確認される様になったとの事です。 通常の雨では特に問題が無い様で、強風などが重なり、雨があたる角度が変...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る