横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市神奈川区|10年目の節目に塗装メンテナンス・雨樋清掃

    横浜市神奈川区の施工事例

    横浜市神奈川区|10年目の節目に塗装メンテナンス・雨樋清掃

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    日本ペイント サーモアイ・パーフェクトトップ
    施工期間
    14日間
    築年数
    10年
    平米数
    屋根71.0㎡・外壁185.0㎡
    お施主様
    O様
    保証
    10年
    足場アイコン外壁塗装屋根塗装

    「工事前の様子」

    塗装を行う前の洗浄時にあわせ、雨樋清掃、雨樋の詰まりの点検を行います。まずは軒樋に溜まった落ち葉を出来る限り拾い集めます。ご覧の通り、集水器から根を張り草が生えてきている様に見えます。現状、詰まりや不具合は見つかってない様ですが、ここまで酷いと心配になります。

    「雨樋清掃の様子」

    軒樋に溜まった落ち葉を拾い集めた後は、屋根の洗浄も兼ねて、高圧洗浄機を使用しての樋の詰まりの確認を行います。洗浄機の強弱を使い分け、詰まりやオーバーフローがないかの点検を行います。問題が無いのが確認できたら、改めて樋全体を綺麗に洗浄いたします。

    今回は雨樋表面の塗装も行いますので、より綺麗になることでしょう。しかし、気になるのはこれからの落ち葉や枯れ葉です。時期が経てばまた溜まっていくのが予想できます。落ち葉よけ対策としてネットを張るのも一つではありますが、O様とご相談の上、今回は様子を見ることに。

    「洗浄・塗装前処理の様子」

    続いて屋根の下地処理の様子です。塗装で大事なのは下地処理です。まず、高圧洗浄機を使って屋根全体の汚れ、旧塗膜などをきれいに洗い流します。この洗浄をしっかりと行わないと、新たに塗装をしても塗料の密着性に影響が出たり、旧塗膜の剥がれと一緒に新たな塗膜も剥がれたりと、早期不良、早期剥がれの原因ににつながります。

    洗浄を行った後はしっかり乾かし、屋根材の隙間に縁切りの部材「タスペーサー」をはめていきます。こちらは塗装を施した際に屋根全体を塗膜で塞いでしまわない様、あらかじめ設ける隙間の為に設置する部材です。屋根と屋根の間に隙間がないと内部に溜まった結露などの水分の逃げ道がなくなってしまい、雨漏りの原因につながってしまいます。以前は塗装を行った後にカッターなどで切れ目を入れていたのですが、現在は事前にタスペーサーをはめることにより、塗装後でも十分な隙間が確保されることになります。また、塗装後に屋根を傷つけたり、汚してしまうリスクも減ります。

    続いて板金部分の処理として、事前にケレン、サビ止めを塗っていきます。サビが酷いところはしっかりとサビを落とさないと、上から塗る塗料の密着性が失われ、早期剥がれや、早い段階でのサビの発生につながってしまいます。また、板金自体の飛散防止のため、釘の浮いている所は打ち直し、新たにステンレス性のビスで補強を行います。この作業も重要で、塗装工事を行ったすぐ後に、強風の影響などで板金部分が飛散した場合、修理のために再度、足場を設置する事にもなりかねません。屋根の塗装を行う際は、板金部分のメンテナンスもしっかりと意識に入れておくのが重要です。

    「塗装の様子」

    そして屋根全体の下塗りから中塗りへと塗装の工程に進みます。下塗りは中塗り・上塗りの塗料をしっかりと密着させるための接着剤の役割にもなります。どれだけ良い塗料を使っても、しっかりと密着しなければ、早期剥がれの原因につながります。下塗りをしっかりと行う事によって、塗料の吸い込みやムラを抑えて均一化を図ることが出来るため、きれいな仕上がりにつながるのです。下塗り作業を終え、しっかりと乾いたのを確認した上で、中塗り・上塗り作業へと進みます。

    今回O様宅で使用する塗料は日本ペイント・サーモアイSiです。特徴はシリコン樹脂塗料の強力な結合力により、過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な遮熱塗料です。色はクールダークグレーで屋根全体が引き締まったシックな色合いです。また、塗装を行う際には必ず塗膜に厚みを持たすため、(中塗り・上塗り)重ね塗りを行います。より長く素材表面を保護するためにも、下地処理の段階から丁寧に工程を進めるのが必須です。街の外壁塗装やさん横浜店では、最長15年の工事保証を行っております。塗って終わりではなく、工事が終わってからのメンテナンスもございます。そのため、しっかりとした塗料を選定して上で、塗装の3工程を行う事を徹底しております。

    今回は屋根塗装をメインにお伝えいたしました。尚、外壁塗装に関しては、日本ペイントのパーフェクトトップを使用。全体的な色はND-105です。アクセント部分はND-012になります。

    屋根の色に合わせ、全体的にシンプルで落ち着いた印象に仕上がりました。10年の節目でのメンテナンスも行い、気になっていた雨樋もきれいになり、O様も大変満足されておりました。今後も定期的にアフターに伺い、建物の様子を見守っていきたいと思います。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-07-06 12:12:05 逗子市桜山にて葺き替えをして20年経過したお家の点検調査、屋根は定期的に塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます

      IMG_8524

       逗子市桜山にお住まいのK様より、屋根葺き替えから20年経過したお家の点検調査のご依頼をいただきました。  現在もコロナウイルスの感染が広がる中、街の外壁塗装やさんではお客様に安心してご依頼いただけるよう対策を講じて点検調査を行っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。   ...続きを読む

      2020-07-05 17:25:28 横浜市保土ヶ谷区上菅田町にて築20年以上経過した折板屋根、塗膜が剥がれ錆が屋根全体にまわる前に塗装工事をしておきましょう

      IMG_8524

       横浜市保土ヶ谷区上菅田町にお住まいのU様より、外壁塗装を以前やった時に屋根塗装を同時にしなかった。屋根だけ10年以上何もしていない状態なので心配との事でご相談がございました。折板屋根は金属ですので、錆が回ってしまったら雨漏りにも繋がりますし、錆が回りすぎ腐食が進んだ折板屋根は塗装ができなくなる事もございます。さっそく現地調査に...続きを読む

      2020-07-02 11:48:53 横浜市金沢区長浜にて築18年の屋根と外壁の点検調査、美観と防水性を保つために約7~8年で塗装がおすすめです

      IMG_8524

       横浜市金沢区長浜にお住まいのK様より、築18年のお住まいの屋根外壁塗装を考えているとご相談をいただきました。今回K様はお家を建ててから初めて塗装を検討されたそうです。大切なお住まいの工事を検討する際にはわからないことがたくさんあり不安かと思います。塗装工事を初めてお考えの方はこちらをご覧ください。   ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!