横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市西区で雨漏りする戸袋を撤去して新たに外壁を作成

    横浜市西区の施工事例

    横浜市西区で雨漏りする戸袋を撤去して新たに外壁を作成

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    「天井から雨漏りしている」とのことで調査にお伺いしました。以前から雨漏りしていたそうですが、どこから雨漏りしているのかは分からなかったそうです。調査して後日、散水試験を行って原因を特定しました。雨漏りの原因は木製の戸袋にありました。戸袋の内部に水を入れ込むと、室内の天井裏からポタポタと音がして、やがて天井の染みの部分から雨水が漏れてきました。木製の戸袋を撤去して、撤去したところに新しい外壁を造って、これ以上雨水が入らないようにする工事を行いました。 戸袋撤去工事,左官工事,塗装工事

    【工事内容】
    雨漏り修理 戸袋撤去工事,左官工事,塗装工事
    【工事詳細】
    お施主様
    T様
    雨漏り修理
    IMG_9564
    IMG_9581-1
    お部屋の中にお邪魔させて頂きまして、まずは雨漏りが発生しているところを確認します。雨漏りは室内でいうところの天井と天袋内部にまたがる形で発生しておりました。天袋内部のちょうど近くには、木製の戸袋があります。戸袋内部の底と天袋内部の天井は非常に近くにあります。築年数の経過した建物にある戸袋は雨漏りの原因となることがありますので、ベランダに上がり戸袋内部を確認してみることにします。
    IMG_9569-1
    IMG_9572
    戸袋を見てみると、まず雨戸のレール用に造られていた木材が破損していることが分かりました。レールの部分は雨水が溜まりやすく、他のところで使用している木材と比べると、腐食しやすい傾向にあります。また、戸袋内部にある木製の板がふやけて波を打った状態になっているのことも分かりました。これだけふやけておりますので、雨水が当たりやすいところだということが分かります。後日、戸袋の内部に高圧な水を当ててみたところ、やはり天井や天袋の内部から雨漏りが発生しました。この戸袋がある以上、どうしても雨漏りしてしまいますので、普段から戸袋や雨戸を使用していないということもあり、この際に撤去して新しく外壁を造る工事を行う運びとなりました。
    IMG_4006-1
    IMG_4010-1
    木製の戸袋とベランダのデッキの取合いにL型の金物が取り付けてありました。おそらく双方を固定するためだと思われます。今回は戸袋の撤去を行いますので、このL型の金物を外します。L型金物を取り外すことで、戸袋の撤去が可能となります。解体しながら戸袋を撤去して、戸袋内部の板も外すと雨漏りの原因となっていた部分が無くなったことになります。
    IMG_5144
    IMG_5154
    雨漏りの原因となっていた部分が無くなったことで、その部分に新しい外壁と造ることにが出来ます。既存の外壁がモルタルで造られているので、既存と合わせるためにモルタル壁を造ります。まずは防水紙を張って、そのうえでラスカットボードを取付けます。戸袋を撤去したことで新しく造る外壁部分には枠ありませんので、木材で枠を設けてその内側を仕上げていきます。
    IMG_4731
    IMG_4743
    ラスカットボードまで取付け終えると、今度はラスカットボードの表面にモルタルを塗っていきます。モルタルは2段階に分けて塗っていき、最後は綺麗に均して仕上げます。モルタルが乾燥すると、今度は表面に塗装していきます。塗装は下塗り材を1回塗り、上塗り材を2回塗りで計3回の塗り重ねで仕上がります。
    IMG_4745
    IMG_4746
    使用した塗料は、日本ペイントさんのパーフェクトトップで色はND-108です。モルタルにパーフェクトトップを使用するときの下塗り材は、これも日本ペイントさんのパーフェクトフィラーを使用します。最初に白色の塗料を塗っておりますが、これがパーフェクトフィラーです。下塗りも中塗りも上塗りも、塗ったあとは乾燥を確認してから塗り重ねます。
    IMG_5044-1
    取付けた木枠も周囲の色に合わせて塗装します。ファインSiの23-255を使用して焦げ茶色に仕上げます。雨漏りする戸袋を撤去して、雨漏りしない外壁を造る工事が完了しました。これで雨漏りでお悩みになることも、今後ご不安になることも無くなりました。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-17 09:30:38 横浜市磯子区中原にてサッシ廻りからの雨漏り、原因は外壁の亀裂か

      IMG_8524

      本日は横浜市磯子区中原F様宅にて行いました、雨漏り調査の様子をお伝えいたします。F様宅は築50年程の賃貸アパートです。数年前より角部屋(壁際)の一室のサッシ廻りから雨漏りが確認される様になったとのことです。 できる範囲で簡易的な補修を行っているそうですが、雨漏りの解消にはつながらず、こちらのお部屋は空き家のままと...続きを読む

      2019-08-11 09:06:38 川崎市幸区南加瀬にてサッシ廻りからの雨漏り、シーリング補修工事の様子

      IMG_8524

      本日は川崎市幸区南加瀬のオフィスビルにて、サッシ廻りのシーリング補修工事の様子をお伝えいたします。お問い合わせのきっかけは、台風などの強風を伴った際に降る雨の時に雨漏りが起きるとのご相談です。 雨漏り箇所 大分前からの様で、以前別の業者さんに見てもらった際に簡単な補修を行ったもらったそうですが、強風時の雨では漏れて...続きを読む

      2017-10-15 20:17:11 FRP防水の立上りとサッシの取合いは雨漏りしやすい|横浜市栄区

      IMG_8524

      FRP防水は、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて、強度を向上させた複合材料を使用した防水です。他の防水材を使用したものと比べれば、そのままの状態であれば強度が髙いのですが、1度割れてしまうと元に戻すことができません。特にFRP防水の立上りとサッシの取合いは、亀裂が入り雨漏りしやすいようです。横浜市栄区O様より、「バル...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る