横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市西区火災による貰い火で焼け爛れた外壁を下地から補修して塗装

    横浜市西区の施工事例

    横浜市西区火災による貰い火で焼け爛れた外壁を下地から補修して塗装

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    隣のお宅で火災が発生した関係で、貰い火により外壁やシャッター、サッシ関係が焼け爛れてしまいました。火災を起こしたお宅の方は逃げてしまい、失望していたご主人様からのご依頼でした。私たちにできることは、建築の立場からご依頼者様とそのご家族様をハッピーにすることです。その為には火災があったこなんて忘れる程、もとの状態に戻してあげること!それしかありません。全身全霊、全知全能で頑張ります!! 左官工事,金物工事

    【工事内容】
    外壁塗装 雨樋交換 その他の工事 左官工事,金物工事
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ
    施工期間
    1か月間
    築年数
    23年
    平米数
    172㎡
    施工金額
    186万
    お施主様
    M様邸
    保証
    10年間
    足場アイコン外壁塗装雨樋交換
    IMG_0161
    遠くから見てもここだとわかるほどの惨状です。まずは被害状況を確認することからスタートです。
    IMG_0146
    有名メーカーで作られた建物です。よくあるデザインをしています。同じフラワーBOXはもうないそうです。また両脇の木目柄の装飾も被害にあってます。上から塩ビシートを貼っても熱で凹んだところはなおりません。コストの事も考えなくてはなりません。フラワーBOXと装飾は無くしてしまいうことにします。
    IMG_0171
    シャッターは焦げてしまっておりますが問題なく動きます。シャッターBOXはこの状態に対しては何をしてもキレイにはなりません。ご主人様と打合せの結果、シャッターは塗装してシャッターBOXは外側だけ取り外して新しいものと交換することになりました。
    IMG_08852
    鉄製の軒樋は焼け爛れてしまし使い物になりません。新しく交換する必要がありますが、軒樋を取付けている鼻隠し板の部分も焼け爛れております。外側が鉄製で中身が木製の仕様となっており、もし中の木材が傷んでいたら、瓦も剥がすほどの大工事になります。こればかりは軒樋や外側の鉄部を外してみないとわかりません。
    IMG_0887
    これは木目の塩ビシートが巻いてある破風化粧です。熱で溶けてしまっております。塩ビシートはかなり強力なプライマーで接着してありますのでキレイに剥がすことはできません。ここは破風化粧ごと板金で巻いて隠すようにします。
    IMG_08861
    2階のシャッターBOXも焼け爛れてしまっております。この真下のシャッターBOXは交換することになりましたので、上下同じデザインにするためこちらも交換します。
    IMG_01661
    外壁はモルタル壁で玉吹き仕上げのです。最終的には塗装で元の状態に戻し、周囲と遜色ないように持っていくのがゴールです。焦げてしまっているところにそのまま塗ることはできません。かといって全部壊すとコストがかかりますので、少しづつ削っていってモルタルの状態をその都度様子見ながら判断します。
    IMG_0175
    被害にあわなかった外壁と色の違いがありすぎているのも事実です。工事が終わったときに被害にあったところだけがキレイな白で、周囲と色の違いがでることが目に見えてます。今回は被害にあわなかった外壁も色合わせの為に塗ることになりました。
    IMG_3592
    このような工事をする場合には、先に樋から復旧させます。まずは既存の雨樋を外していきます。
    IMG_35991
    焼け爛れた板金を剥がして、いざ中の木材とご対面です。木材は煤が付いているものの焦げてはおらず、新しい雨樋を取付ける下地としては問題ありませんでした。
    IMG_00072
    新しい板金を巻いて勾配をとって支持金具を取付けます。
    IMG_0001
    雨樋を取付けたら鼻隠し板と雨樋の復旧工事は完成です。
    DSCN01801
    これからは、シャッターBOX、フラワーBOX、木目柄の装飾を撤去して、左官工事はいります。
    DSCN0173
    シャッターBOX、フラワーBOX、木目柄の装飾を撤去すると、凹んだところを左官で埋めていきますが、周囲の外壁と厚みを調整するために、焼け爛れた部分にも左官することになります。従って先に焼け爛れた外壁を削り落とします。
    DSCN0178
    もし焼け爛れた外壁が削っても塗れる状態にならにときは、モルタル壁を壊して新しくしなくてはなりませんでしたが、幸いにも塗れる状態の面が出てきましたので一安心です。サンダーを使用して削って荒れた表面を整えます。
    IMG_88542
    シャッターBOXの外側は撤去しますが、シャッター自体はそのまま残して使用します。木目柄の装飾とフラワーBOXを撤去したことにより凹んだところにラス網を新しく設置します。木目柄の装飾を撤去したことによりガイドレールがグラグラになりますので、左官する前に木材を沿わせて固定します。
    DSCN0191
    既存の外壁にはプライマーを塗ったうえでモルタルを2回塗っていきます。
    DSCN01971
    最後は金鏝(かなごて)で仕上げて均します。
    DSCN0181
    左官した部分の乾燥を待った後、塗装にはいります。高圧洗浄を行い焼け爛れたいない外壁も含めて汚れを落としていきます。
    DSCN0203
    パーフェクトフィラーを使用して下塗りを行います。その後、水性カチオンシーラーで2回目の下塗りを行います。
    DSCN0215
    玉吹き専用を塗料を使用して吹いていきます。前の工程で水性カチオンシーラーで下塗りをしたのは、この玉吹きの付着を向上させるためです。
    DSCN0217
    吹かれた塗料がまだ半乾きの状態のときにローラーで押えていきます。これで焼け爛れていない外壁と同じ模様になりました。
    DSCN02181
    吹かれた塗料の乾燥を待って中塗りを行います。玉吹きにより表面には細かい凹凸がありますので入れ込むように入念に塗っていきます。
    DSCN02201
    最後は仕上げの上塗りです。上塗り材はパーフェクトトップのND-105を使用しました。
    IMG_9418
    シャッターBOXはアルミを折り曲げ加工してはめ込みました。取付けは外壁ではなくケースアングルにビスで固定しました。外壁との隙間はコーキングをまわしております。
    IMG_9420
    こちら勝手口の庇です。両端が前へ突き出したデザインとなっており、しかも左右の出幅が微妙に違うこともあり、アルミ板1枚でのかたどりが出来ませんでした。2枚を駆使して挟み込むかたちで被せることで違和感をなくすことができました。
    IMG_0425
    IMG_0428
    IMG_04331
    IMG_0436
    IMG_0441
    IMG_0444
    IMG_04281
    まだお隣と連絡がとれていない中での工事をでしたが、以前と同じような外観にすることが出来たと思います。ご主人様のスッキリしたお顔が忘れられません。このような工事はたくさんご依頼がある訳ではないので、現調・プラン・お見積の段階では正直すごく社内で打合せを行いました。ポジティブで喜ばしい工事では無かったとは思いますが、ご主人様とお子様のストレスの軽減に少しでもお役に立つことができたなら幸いです。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る