横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市都筑区パーフェクトトップとサーモアイ4Fで屋根外壁塗装

    横浜市都筑区の施工事例

    横浜市都筑区パーフェクトトップとサーモアイ4Fで屋根外壁塗装

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築17年で初めて屋根外壁塗装をご検討されている中でお問合せを頂きました。調査ではサイディングの亀裂や反りがあり、化粧スレートの表面もザラザラと剥がれてきている状態で、屋根外壁塗装が必要な状態でした。高耐候な塗料がご希望とのことで、パーフェクトトップとサーモアイ4Fを使用して行いました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,サーモアイ4F
    施工期間
    18日間
    築年数
    17年
    平米数
    164.7㎡
    施工金額
    131万
    お施主様
    O様邸
    保証
    10年
    IMG_61241
    外壁は1回がサイディングで、2階がモルタル壁です。幕板や軒天、雨樋などは黒で統一されたデザインです。
    IMG_61261
    外周を見て回ると、擁壁の汚れに気づきました。このような汚れも、屋根外壁塗装の際に行う高圧洗浄で一緒に洗い流すことが可能です。
    IMG_6166
    外壁を調査していくと、1階のサイディングに傷みが出ておりました。こちらはサッシまわりに打たれているコーキングの劣化です。ひび割れており、すでに隙間を埋める役割を果たせなくなっておりました。
    IMG_6174
    こちらはサイディングのコーナーです。角の部分に縦の亀裂が出来ております。この角は材料を接着させているだけなので、やがて離れてきます。コーキングで埋めてから塗装する必要があります。
    IMG_6220
    この部分だけサイディングが割れておりました。ほんの小さな割れですが、塗装前の補修作業としては見逃せません。割れを隠して、塗装しても出てこないようにします。
    IMG_68201
    屋根は全体的にオレンジ色の苔が付着しております。棟を中心に右が南面で左が西面ですが、苔が繁殖しづらい南面にも付着しております。
    IMG_6813
    棟板金を固定している釘が抜けてきております。板金内部の貫板という木材が劣化していると想定されます。塗装前に補修が必要です。
    IMG_6828
    軒樋の中が落ち葉で埋まっておりました。この状態だと、雨水を受けることが出来ても流れていきません。雨量によっては溢れてしまいます。軒樋の真下は駐車場となっていることもあり、清掃させて頂きます。
    IMG_1235
    塗装の工程に入る前に、まずは建物全体を洗浄します。一番高いところから順番に洗浄していきます。
    IMG_1237
    水圧を当てて洗浄します。この水圧はかなり高圧です。表面の汚れを綺麗に落としてから塗装を行います。
    IMG_1250
    お客様の敷地にある擁壁も汚れておりましたので一緒に洗浄します。洗剤を使用しなくても水圧だけでこんなに綺麗になります。
    IMG_1244
    それ以外にも気になるところがあればお任せください!!床や塀なども一緒に行います。
    IMG_12212
    洗浄が終わり、表面を乾かしてから、シール作業に入っていきます。打ち替えが必要な部分の古いシーリングを撤去していきます。
    IMG_1230
    サイディング同士の継ぎ目やサッシまわりに対してシーリング作業を行います。
    IMG_1225
    サイディングの継ぎ目にあるシーリングは打ち替えが必要ですが、全て撤去するとすごい量になります。今回は94mのシーリングを打ち替えました。
    IMG_1214
    サッシまわりや幕板の上端に関しては、打ち増しを行います。雨水が浸入して困るところにはシーリング作業を塗装前に行います。
    IMG_9181
    高圧洗浄を終えて屋根が乾き出しました。すぐに乾き出してきますが、洗浄した日は作業を行いません。日を改めてから次の作業にはいります。

    IMG_0466
    乾燥した状態でまずは下塗りをおこないます。既存屋根の色が見えなくなるまで下塗りを繰り返します。
    IMG_0476
    板金部とスレート部に対して下塗りを行うと、次は板金部の補強を行います。抜けている釘はビスに替えて再固定を行っていきます。
    IMG_0471
    下塗りが乾燥してから、タスペーサーを差し込んで水の抜け道をつくります。
    IMG_11741
    中塗りを行っていきます。下塗り材の白色が見えなくなるまで塗っていきます。今回使用したサーモアイ4Fの色はクールブラックです。
    IMG_1147
    艶があっても細かい縦の柄が良く見えます。それだけ丁寧に仕上がっているということです。遮熱のフッ素塗料ですから、高耐候あると共に化粧スレート自体の劣化速度も減速します。
    IMG_1171
    外壁の下塗りを行います。1階部分はサイディングなのでパーフェクトサーフを使用して、2階部分はモルタル壁なのでパーフェクトフィラーを使用します。それぞれの下地に適合した下塗り材を使用します。下塗りが乾燥すると、次は中塗りです。下塗りの白が見えなくなるまで丁寧に塗っていきます。
    IMG_1177
    中塗りした塗料が乾燥すると、仕上げの上塗りです。パーフェクトトップの場合、中塗りと上塗りは同じ上塗り材を使用します。
    IMG_1154
    屋根や外壁以外にも付帯部として塗装するところがあります。シャッターBOXや霧除け、幕板などの金属部は、ハイポンファインプライマーⅡという錆び止め塗料を下塗りとして使用し、上塗り材はファインSiを2回塗り。計3回塗りを行います。
    IMG_1190
    2階部分の外壁と軒天は色は同じですが、外壁がモルタル壁なのに対して、軒天は金属なので下塗り材や上塗り材を変えております。それぞれの下地に適した塗料で塗っております。
    IMG_1052
    IMG_1084
    IMG_1079
    IMG_1076
    IMG_1135
    IMG_1141
    IMG_20162
    IMG_2026
    3f35dd51e265e83a13366cae76695bd2
    全体で見てみると、1階部分の色がポイントになっているのがわかります。1階部分の色は特注色の日塗工の05-60D。2階部分の色は標準色のND-104を使用しました。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました!!

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-12 09:27:55 秦野市でスレート瓦の点検とおすすめの塗料をご紹介致しました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る