横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市青葉区築20年で2回目の屋根外壁塗装、サーモアイSiとパーフェクトトップで鮮やかな空色へ

    横浜市青葉区の施工事例

    横浜市青葉区築20年で2回目の屋根外壁塗装、サーモアイSiとパーフェクトトップで鮮やかな空色へ

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    築20年が経ち一度外壁の塗装だけはしたことがあったという横浜市青葉区のH様。最近外壁のコーキングの劣化が特に気になっていたのと普段見えない屋根の状態も気になるとの事がきっかけで弊社にご相談頂きました。普段からクラックが多く出来てしまう事にお悩みでしたH様はよくDIYで補修を行ってきたとのことですが、そろそろ限界を感じ専門に任せてしっかりと塗装しなおし安心して過ごせるようにしてほしいとのご希望がありました。 しっかりとした事前の調査を行いお客様が感じている不安や不満の解消はもちろんですが、それ以上のご提案ができるように調査を行いました。 今回塗装を行うと次に塗装時期を迎える頃は築30年。それくらいまでは最低限何も問題なく過ごせるようにとのお話でまとまりましたので、今回は室内空間を快適にしてくれます遮熱型塗料と、酸化チタンの発生を抑えるラジカル制御型塗料を使い、さらにサイディングのコーキングの劣化を気にしていらっしゃったので高耐久性コーキング材であるオートンイクシードを使っております。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイSi,パーフェクトトップ,ファインSi
    施工期間
    16日間
    築年数
    20年
    お施主様
    H様
    保証
    10年
    2018_05_20-3_10
    DSC_3851
    屋根は化粧スレートで以前塗装は行ったと聞いていましたが、実際に見てみますとはっ水効果が失われている屋根が全体的に雨水を吸い込んでしまって黒ずんでしまっており、特に小口と呼ばれるスレートの重なり部分は色褪せが顕著です。よくよく話を聞いてみますとどうやら塗装を行ったのは外壁のみのようで、屋根は今回が初めてとの事でした。納得です。
    また、クラックと呼ばれるひび割れも所々で見受けられ、築20年リフォームをしていない屋根なりの劣化が見て取れます。
    DSC_3865
    DSC_3861
    軒先には苔や藻が多く生えてしまっており、屋根材がこれらの栄養分となるほど水分を含んでしまっていると分かります。
    このままでは雨漏りに繋がる可能性があります。苔や藻が屋根の上に生えているということはその部分一帯が常に湿っている事になります。建物にとって水分は大敵です。早めの補修が必要です。
    また破風板も経年劣化で表面が削れておりました。破風は横や下からの雨風を防いでくれるものになりますので、きちんと塗装で保護する必要があります。
    f63a127912d87f678b616e9c7bd16193
    6fbd24e268096e36e8296d70ec0a7855
    外壁はちょうど一階と二階で二色に塗り分けられており一階部分はモルタル、二階部分はサイディングを使用した外壁となっておりました。こちらは10年程前に一度塗装をされているとの事でしたが、経年による細かいクラックが多く写真の様にお客様自身で補修されている所が多くありました。
    またサイディングを使っている二階部分の壁と壁の継ぎ目に使われるコーキングが劣化しており、サイディングから剥がれていたり、割れている所も多数ありました。外壁は特にコーキングが早く傷み始めてしまって何か長持ちするものはないかとご質問がありましたので、今回は高耐久性のオートンイクシードをご提案に組み込みました。
    コーキングも雨水の侵入を防いだり、建物の揺れを吸収したりと大きな役目を果たしてくれる箇所になりますので、割れたり切れていたりした場合は早めの補修が必要です。
    20180723_181109_0005
    20180723_181109_0015
    屋根と外壁の塗装に入る前にまずは高圧洗浄です。
    新しい塗膜をしっかりと形成するためにはまずは屋根と外壁を洗浄します。
    長年かけて付着している汚れをここで一回綺麗に落とします。H様宅は一部外壁がタイルでしたが、こちらもしっかりと洗浄します。
    20180723_181109_0013
    20180723_181109_0014
    バルコニー内部や軒天などの、付帯部とよばれる所も含め建物全体を綺麗に洗い流します。
    普段出入りが多い場所は中々住んでいらっしゃると気付きにくい箇所ですが、高圧な水をかけていくと本来の姿に戻っていきます。まだ塗装もしておりませんが、汚れが落ちるだけでもすっきりしますね。
    20180723_181109_0021
    20180723_181109_0016
    雨水や小屋裏の湿気などを逃がすためにスレート屋根の重なり部の小口(こぐち)は隙間がないといけません。
    昔は塗装した後に手作業でこちらに道具を使って切れ目を入れていましたが、今日では手間や時間、コストの問題を考えタスペーサーと呼ばれる物を事前に差し込んでおきます。こうすることによって綺麗に塗装した後の屋根に切り込みを入れて万が一塗膜を傷つける事がないように致します。
    20180723_181109_0024
    20180723_181109_0034
    他には棟板金の釘の浮きが多く見られたためにビスで補強致しました。まだ中にあります貫板が腐食していなかった為にできました。腐食があまりにも進んでいるとビスを打ってもスカスカで空回りし棟板金を固定できない為、棟板金自体を交換する必要があります。
    また、クラックも多く見られたためにコーキングで補修しておき、ケレンや下地処理前に補修をしておきます。
    20180723_181109_0028
    20180723_181109_0035
    鉄部分はケレンした後に錆止めを塗布していきます。鉄に対する塗装はまずは錆を防ぐ事がとても重要です。
    下地作りがしっかりしていないとせっかくいい塗料を使ってもすぐに塗膜が剥がれてしまったりしてしまいます。
    棟板金や雪止めに錆止めを塗布し終わり、全体を写した所です。白くなっている所が錆止めを塗布した箇所になります。
    20180723_181109_0038
    20180723_181109_0040
    H様邸では遮熱塗料である日本ペイントさんのサーモアイSiを使います。こちらは下塗り塗料も反射性能をもつ専用塗料であるサーモアイシーラーを使っています。こちらをローラーを使い屋根全体に塗っていきます。錆止めと同じ白なので既存の屋根の部分が白く覆われていく様がよく分かります。
    20180723_181109_0044
    20180723_181109_0046
    続いて中塗りです。今回はクールダークグレーを使っていきます。H様のご希望で屋根も外壁も既存と同じ色でとのお話でしたので、こちらの色に決定となりました。ちょうど白い下塗り部分が消えていくのが分かりますね。白い部分が無くなる前丁寧に中塗りを行い、乾いたら上塗りです。その間に一枚。この時点で既に相当な艶が出ており屋根全体が引き締まって見えます。
    20180723_181109_0047
    20180723_181109_0049
    最後に仕上げとして上塗りです。下塗りから中塗りの時みたいにはっきり塗装した跡が分かりにくくなりますが、上塗りをして塗膜に厚みを持たせます。中塗りの時点で塗料の食いつきが良かったので下塗りがしっかり行われていたのが分かります。
    646ea65a38c0b26466ced6ba7a880620
    日本ペイントさんのサーモアイSi、クールダークグレーで上塗りが終わり、1日経った後に撮影したものです。
    艶が出て鏡面のように綺麗になりました。
    サーモアイは淡い色ほど反射率が高く熱の吸収を抑えてくれます。特に色に拘らなく遮熱性能重視でいくなら白色を選ぶという手もあります。
    20180723_181109_0063
    20180723_181109_0062
    外壁塗装はまずサイディングの継ぎ目のコーキングを養生をしてから専用工具を使い剥がします。
    継ぎ目には全て新しくする打ち替え、サッシ回りなどのアルミには傷つけない為に既存の上に増し打ちをして厚みを持たせます。
    20180723_181109_0053b
    今回はH様が特にコーキングの劣化が気になるとの事でしたのでこちらをご提案致しました。
    前回も新しくしてもすぐに劣化が見られてしまった為に、オート化学工業さんのオートンイクシードを使います。
    こちらは通常のコーキングと違い超が付くほどの高耐久性です。独自開発のLSポリマーが配合されており長期に渡り柔軟性を維持してくれ、建物の揺れなどの動きに強く、耐候性にも優れているため紫外線などに長期間さらされても硬化しにくいものとなっており、5年過ぎたあたりで劣化が始まる通常よく使われるコーキングと比べると倍以上長持ちします。
    20180723_181109_0057
    20180723_181109_0064
    さっそくオートンイクシードを使いコーキングします。まずは下塗りであるプライマーを塗布した後にオートンイクシードを充填していきます。マスキングテープ、養生からはみ出るほどたくさん使い最後に専用のヘラを使い打ち替え・増し打ち作業を行いました。
    20180723_181109_0065
    20180723_181109_0067
    このオートンイクシードの特徴としては塗装の前でも後でもどちらでも性能に変わりが出ませんので、場面などに左右されずに使えます。今回は塗装の前に使う先打ちとして窯業系サイディング2階部分のコーキングを打っていきました。
    DSC_2624
    DSC_2626
    H様邸は、一階と二階でそれぞれモルタルとサイディングに分かれていますので、それぞれの外壁で色を変えます。
    ご希望として既存の色に似たお色で塗装し直したいとの事でしたので日本塗料工業会の色見本帳を事前打合せの時に壁に当ててどの色が一番近いか調べて置き、カラーシミュレーションした後に塗装する色をお決め頂きました。
    サイディング部はJ69-70P、モルタル部はJ25-92Bとなりました。
    20180723_181109_0073
    20180723_181109_0076
    まずは下塗りを入れます。窯業系サイディングには専用のパーフェクトサーフ、モルタルにはパーフェクトフィラーとそれぞれ下塗り材が違います。どちらも水性で微弾性の塗料となり仕上げに使うパーフェクトップの密着性を高めてくれます。
    どちらも色が白なので塗った跡がわかりやすいです。こちらもローラーを使い丁寧に塗っていきます。

    20180723_181109_0086
    20180723_181109_0083
    いよいよ仕上げに入ります。仕上げは2回塗り。中塗りと上塗りと同じ塗料を使って塗膜を作ります。
    下塗り塗料が白色だった為、わかりやすいですね。白い部分がどんどん消えていきます。
    6a7320a64d5817fadc2afd4981464c28
    中塗りが終わった時の様子です。既にかなりの艶が見られ、仕上がりに期待が持てます。
    中塗りをせず上塗り一回で済ます事はありません。塗りムラが出てしまう為にきちんと工程を確認し中塗りをしているかわかりやすくしておきます。
    下塗りと上塗りだけですと数年で塗膜の剥がれ等が出てきてしまう為に中塗りは必要な工程です。
    20180723_181109_0108
    20180723_181109_0109
    最後に上塗りです。中塗りと同じ塗料で塗ります。塗りムラをなくし塗膜に厚みを持たせます。
    美観性と対候性を向上させるために丁寧に塗っていきます。下塗りをきちんと行っていると中塗り・上塗りの2回塗りで十分な塗膜ができあがります。
    2018_08_04-1_18b
    H様の希望に近い空色が復活しました。経年と紫外線の影響などで色褪せしてしまっていたために全体的に薄い色になってしまっていた外壁が濃く鮮やかになりました。日本ペイントさんのパーフェクトトップはシリコングレードを超える高耐候性ですのでこれからも期待できます。長い間H様邸を保護してくれると思います。
    20180723_181109_0096
    20180723_181109_0098
    付帯部と呼ばれる雨樋や破風板などは今回ファインSiで塗っていきます。
    日本ペイントさんのファインSiは溶剤のシリコン系塗料です。食いつきがよく様々な下地や主材に塗れる万能塗料です。
    こちらも屋根と外壁と同じく既存の色を新築時に戻すべく丁寧に塗っていきます。
    20180723_181109_0100
    20180723_181109_0105
    破風板も同じく塗っていきます。木材で出来ている破風板も経年で削れてしまっていたりと表面の傷みが激しいときがありますが、まだH様邸は塗装ができる位でおさまっていたので、今回他と同様塗装で保護致します。こちらも下地処理をしっかりしているおかげで上塗りした時の食いつき、かぶりが良く艶も出ています。
    2018_08_04-1_8
    2018_08_04-1_11
    バルコニー内ですが、鉄部の水切りが外壁に映りこむほどの仕上がりです。また足場を解体する前に屋根と外壁のバランスを見たく一番高い所から写した様子です。クールダークグレーと青色(J69-70P)が、なかなかいい塩梅です!
    8-1b
    H様の希望であった既存の色が薄れてしまい汚れもついてしまっていた屋根や外壁が「新築の時かそれ以上に鮮やかになっている」と大変喜ばれました。カラーシミュレーションも何回かやり直し、実際の塗料を使った塗り板というサンプル材数種類取り寄せた甲斐もあり、イメージ通りのお色に仕上がりました。
    高耐候性が自慢の日本ペイントさんのサーモアイとパーフェクトトップでこれからは美観も含め横浜市青葉区H様邸を快適にしてくれます。
    この度はご利用いただきまして誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-12-08 16:42:38 横浜市戸塚区の外壁調査、モルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります

      IMG_8524

      ご自宅の外壁でよくあるモルタルで下地が造られたのをモルタル壁と呼びますが、このモルタル壁は築年数の経過とともに亀裂やひび割れが起こるようになります。実はこのモルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります。雨漏りに繋がる前にな何とかしたい、決して無視できない現象です。横浜市戸塚区T様のお宅より「数年前から雨漏り...続きを読む

      2018-12-07 14:04:38 横浜市旭区で築13年の屋根を調査、塗装が無駄になるニチハのパミールであることが判明

      IMG_8524

      本日はまだ築10年ちょっとしか経ってない横浜市旭区の屋根塗装調査でしたが、実は屋根に上がって見ましたらニチハのパミールというスレート屋根である事が判明いたしました。 パミールは塗装が無理、無駄になってしまう屋根材です。(塗装が無理な外壁や屋根に関してはこちら。)表面のはく離が必ず起きてしまい、ミルフィーユ現象や、元々野地板...続きを読む

      2018-12-06 18:09:36 横浜市西区にて塗装工事の事前調査、外階段の鉄部の錆が外壁に付着

      IMG_8524

      築年数が25年以上経っているという横浜市西区のお宅へ塗装のための調査に伺いました。 塗装といっても今回のメインは外階段です。鉄部への塗装と、その鉄部の錆が外壁に漏れ伝わってしまっているのと、前回外壁塗装してからそろそろ10年ちかく経つために合わせて塗装しようという計画です。   鉄部の錆が外壁を伝わってし...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る