横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市神奈川区の施工事例

神奈川区でセラミシリコンの外壁塗装工事

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
神奈川区で雨樋交換依頼のお客様です。雨樋のみ交換の予定でしたが、外壁から白い粉が出ていることが後になり発覚しました。雨樋用の足場を架けておりましたので、そのまま外壁塗装も行う運びとなりました。

【工事内容】
外壁塗装 その他塗装
【工事詳細】
使用材料
セラミシリコン
施工期間
14日間
築年数
18年
平米数
158㎡
お施主様
N様邸
保証
5年
P1040609
まずは高圧洗浄を行います。外壁は窯業系のサイディングです。付着した汚れを念入りに落としていきます。
P1040610
壁面いがにも今回塗装を行う箇所は、一緒に高圧洗浄を行います。今回は、軒天井も塗装しますので洗浄していきます。
P1040612
壁面ジョイントのシール打ち替えを行うために、既存のシールを撤去しているところです。塗料と同じくこのシールも劣化しております。外壁塗装を行うにあたり、ご一緒にシールを新しくすることを勧めしております。
P1040611
既存のシールはカッターにて切り込みを入れて撤去していきます。
P10406222
シールの撤去が終わると、隙間にプライマーを塗っていきます。プライマーを塗ることで、シールはサイディングの断面に着きやすく、また剥がれにくくなります。
P10406231
新しいシールを打ち、専用の工具にてひ表面を整え、ジョイントに隙間が生じぬように埋め込んでいきます。
P10406271
こちらはサッシ廻りの増し打ちです。サッシ廻りは違う材料同士の取合いですので、年数が経つと劣化により雨水の浸入がしやすくなります。
P1040626
新築の段階ではシールがむき出しの状態がよくありますが、外壁塗装工事の際はシールの上に塗装をします。
IMG_1192
こちらの箇所は元々シールを打っていなかったようです。こちらのお宅は山の斜面にあり、その中でもこの窓は南西を向いた箇所です。台風になるとダイレクトに雨風に晒されますので、シールが必要です。
IMG_1537
以前までシールを打っていなかった箇所もキレイに打ちます。
IMG_11851
外壁にクラックがある場合は、塗装をする前に補修をします。
IMG_1197
塗装を行うと見栄えは以前よりキレイになります。
P10406331
シールや補修作業が終わると下塗り作業です。下塗りは下塗り専用の塗料を使用します。
P10406312
こちらは捨て庇の軒天井です。外壁ではありませんが、こういった外壁と一緒に見える部分も塗ると、塗ったあとによりキレイに見えます。
P10406361
外壁の中塗りです。中塗りは下塗りと上塗りの中間に塗りつける層で、平滑な下地をつけることや上塗り材の補強の役割を担っております。
P10406343
捨て庇の中塗りです。一般的には中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。仕上げの効果を高める役割も担っております。
P10406471
上塗りは仕上げとして塗りムラや厚みをつけ、美観性と耐候性を高めます。色褪せたお家を再び綺麗に甦らせるための最終工程です。
P10406461
また上塗りは、丁寧にするのとしないのでは後々変わってきます。丁寧に行うことで、紫外線や酸性雨の影響を最小限に抑えるとともに、汚れも付きにくくなり、長期にわたって美しい家を保てるようになります。見た目と耐久年数に左右する重要な工程でもあります。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る