横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 2色のパーフェクトトップを使用した外壁塗装でメンテナンス|横浜市都筑区

    横浜市都筑区の施工事例

    2色のパーフェクトトップを使用した外壁塗装でメンテナンス|横浜市都筑区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    以前に屋根カバー工事をさせて頂いた横浜市都筑区のN様邸で、今回は外壁塗装のご依頼を頂きました。去年の定期点検のときから少し劣化の傾向があり、築17年となった今年には、外壁のモルタルからひび割れや亀裂が目立つようになってきました。ひび割れや亀裂を補修しながら、柄の違う外壁にそれぞれ違う色を塗装することで、元々のデザインを崩さずに外壁塗装でメンテナンスします。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,ファインSi
    施工期間
    22日間
    築年数
    17年
    平米数
    144.6㎡
    お施主様
    N様
    保証
    10年間
    足場アイコン外壁塗装
    IMG_4415
    IMG_4425
    横浜市都筑区N様の宅の外壁はモルタルで造られておりますが、リシンが吹付けられている部分と、櫛引柄の付いた部分と、タイルの部分があります。外壁塗装は、リシンが吹付けられている部分と、櫛引柄の付いた部分を行います。同じような色をしておりますが、櫛引柄がデザイン上のアクセントとなっており、色が少し濃く仕上がっております。
    IMG_4448
    IMG_4479
    2年前に屋根カバー工事をした時には外壁に亀裂は見られませんでしたが、1年点検のときには亀裂が発生し始めておりました。屋根カバー工事から2年が経過した現在では複数個所で亀裂が発生している状態です。亀裂が多く散見される状態は決して良いとは言えません。今後維持していくためにも早めにメンテナンスした方が良いです。
    IMG_0559-1
    IMG_0553
    外壁塗装を行う際は、まず外壁の表面を綺麗にすることから始まります。築年数の分だけずっと外に晒せれておりますので、汚れも相当です。外壁の表面を綺麗にすることで、塗料がしっかりと付着します。雨樋や霧除けなどの付帯部も一緒に表面を洗い流します。また、塗装しないタイルの部分も汚れを洗い流します。
    IMG_0541
    IMG_0538-1
    今回外壁塗装のきっかけとなった亀裂に関しては、亀裂の少し掘ってそこへコーキング材を打ち込みます。コーキングを打ち込むことで奥に隠した亀裂が表面に出ずらくなります。塗装はこのコーキング材が硬化してから塗り出します。
    IMG_0500
    IMG_0505-1
    付帯部の中には金属製のものがあります。一般住宅では、水切りや雨戸、シャッターBOX、霧除けなどがそれに当たります。金属製のものには最初に錆び止め塗料を塗ります。横浜市都筑区N様のお宅の付帯部に使用する上塗り材はファインSiを使用しますので、錆び止め塗料はハイポンファインプライマーⅡを使用して塗ります。
    IMG_0517-1
    IMG_0509-1
    モルタル壁にパーフェクトトップを使用する場合、下塗り材にはパーフェクトフィラーを使用します。白色の塗料がパーフェクトフィラーです。塗り込んでいくと、既存の外壁の色が見えなくなるほど白くなっていきます。下塗りは対象物と上塗り材を繋ぐ大切な役割があります。
    IMG_0482
    IMG_0488
    下塗り材のパーフェクトフィラーが乾燥すると、次は中塗りに移ります。中塗りと上塗りにはパーフェクトトップを使用します。左の画像が中塗り、右の画像が上塗りになります。中塗りの段階で下塗りのパーフェクトフィラーの白色は見えなくなります。ただ塗ればいいのではなく、それぞれのが役割を果たすように塗ります。上塗りは仕上げになります。パーフェクトトップの場合、中塗りと上塗りは同じ塗料を塗りますが、2回塗りすることで本来の効果を発揮します。
    IMG_0478-1
    IMG_0470
    金属製のものには、錆び止め塗料のハイポンファインプライマーⅡを塗り終えて乾燥したあとで、ファインSiを2回塗ります。中塗りの乾燥を待ってから上塗りを行います。金属製のものは錆が酷くなると塗装しても手遅れになることがあります。交換を余儀なくされる場合は、塗装よりも費用がかかることになりますので、なるべく錆びさせないように維持していきましょう。
    IMG_1104-1
    横浜市都筑区N様のお宅の外壁塗装が終わりました。外壁に使用したパーフェクトトップの色は、リシンが吹付けられている部分にND-281、櫛引柄の付いた部分にND-282を使用しました。付帯部に使用したファインSiの色は23-255です。塗らないタイルの色や風合いも考えて色選びを行いました。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る