横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市緑区で縁切りしていないスレート屋根を塗装工事

横浜市緑区の施工事例

横浜市緑区で縁切りしていないスレート屋根を塗装工事

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
お問い合わせのきっかけは、棟板金が浮いてしまったので雨漏りする前に見て欲しい、という内容でした。屋根に上って見てみると、確かに棟板金が浮いているところもありましたが、気になるところはそこではありませんでした。過去に2回ほど塗装工事をしていたそうですが、スレートの重なり部分が塗膜で覆われているのです。重なり部分は隙間があいていないと、雨が降った時にスレートの裏側に雨水が溜まって雨漏りの原因になります。今回はスレートの縁をきってから塗装工事を行いました。塗装の色はもとの色と同系なのですが、艶が蘇ったので非常に綺麗に仕上がりました。撥水性も戻って雨漏りの心配も無くなりました。

【工事内容】
屋根塗装 棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ファインパーフェクトベスト
施工期間
7日
築年数
27年
平米数
100㎡
お施主様
K様邸
保証
10年
7e20068029cace9850644631d8473037
屋根の全景です。塗装が劣化して、緑だった屋根が白っぽくなっています。勾配は比較的緩やかなのですが、表面がズルズルと滑る状態でした。
cdfd929254078558af8aa8e217054a63
指で触ると、べっとりと緑の塗料が付きます。チョーキングという症状です。チョーキングが出ると、撥水性が落ちた来た証拠ですので、塗装の時期のサインになります。
906a22bec2553ccc278584ef190d2013
本来別々の材料のスレートが塗膜に覆われて隙間が塞がっています。
999f11cc3dff49e05644a8aae642997f
雨染みが重なり部分に沿うように出ていました。
0e6291d01e3acd27ce69aea40d3d643e
ここが、お問い合わせのきっかけの棟板金です。釘が若干浮いているのが分かります。
7d62a02b7bd61e3cd60435da969a0f73
簡単に持ち上がった棟板金を固定するのは釘なのですが、下地の貫板から抜けかかっています。貫板も裂けて割れていました。
20150924-1_4154
まずは、既存の棟板金と下地の抜き板を剥がします。経年によって大分貫板が痩せていて、雨染みによって黒ずんでいるところもあります。
20150927_9317
貫板を剥がすと、もともとのスレート状態が現れました。新築時のスレートは茶系の色だった様です。
緑区、新しい貫板
下地の板を新しく交換します。棟板金の幅に合わせて位置を決め、長ビスでスレートごと野地板まで固定します。
緑区、貫板完成
下り棟も軒先まで貫板を取り付けていきます。
緑区、棟板金交換
ガルバリウム鋼板製の棟板金を下地の貫板に被せて、横からステンレス製のビスで固定していきます。
緑区、棟板金完成
釘ではなくビス止めにする事で、抜けにくくなり棟板金が浮くのを防ぎます。これで交換工事の完成です。次は、屋根の塗装に移ります。
緑区、高圧洗浄
塗装工事の最初は高圧洗浄で屋根の汚れと古い塗膜を落として行きます。水圧で汚れた水が丸く浮き上がっています。
緑区、縁切りタスペーサー
塗膜で覆われていたスレートの重なり部分に切れ目を入れてから、縁切り用のタスペーサーを入れます。切れ目を入れると水がじわっと染み出てきます。雨漏りする可能性のある部分ですので、一枚一枚しっかりと施工していきます。
緑区、ケレンがけ
交換した棟板金も屋根と同じ色で塗装します。金属部分はそのまま塗ると表面が滑ってしまうので、ペーパーを当ててわざと表面をザラつかせます。
緑区、サビ止め
ケレンの後は、錆止めを塗装します。使用しているのがサビにくいガルバリウム鋼板を使用していますが、基盤は鉄板ですので、しっかりとサビ止めの処理をします。
緑区、ベスコロフィラー
下塗り剤には、ベスコロフィラーを使用しました。傷んだスレートを修復する厚塗りの下塗り剤で、がさついたスレートの表面をツルツルにします。
緑区、下塗り
下塗りを塗装していきます。傷んだスレートに染み込んでいくのが分かりります。
緑区、ファインパーフェクトベスト
仕上げの塗料は、ファインパーフェクトベストです。劣化の原因であるラジカルを抑える効果がある為に、非常に耐久性の高い塗料です。
緑区、中塗り
仕上げ今までと同じグリーン系ですが、深みのあるグリーンを選びました。
緑区、中塗り完成
仕上げの塗装の1回目、中塗りが完成です。
緑区、上塗り開始
上塗りです。中塗りと上塗りでは色の出方が全く違います。塗装は2回塗りが基本なのですが、2回塗ることで塗料の持つ性能を最大限に発揮してくれる様になります。
緑区、上塗り完成
屋根の塗装が完成です。美しい艶が蘇りました。棟板金も同じ色に仕上げているので、落ち着いた屋根の雰囲気になりました。
緑区、屋根塗装完成
夕日に照らされて輝いています。光の当たり方で色々な見え方が楽しめます。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-01-18 23:45:05 下塗り材で傷んだスレートを保護します|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物は、外壁サイディングの目地のコーキングは打ち換えが終わりましたので、下塗りに取り掛かりました。屋根のスレートは高圧洗浄でしっかりと汚れと古い塗膜を落としたので、下塗りでスレートを保護して仕上げの塗料の付着性を高めていきます。下塗りの前にもまだやる事があって、棟板金をビスで補強したり、金属部分にサビ...続きを読む

      2018-01-15 21:34:07 サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

      IMG_8524

      横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。屋根と外壁の塗装工事をおこなうのですが、先日高圧洗浄が終わり外壁目地のコーキングの打ち換え工事をおこなっています。スレートは小さなヒビ割れが大分出ていますので、色を付ける前におこなう補修工事で問題ありません。このスレートはスリットが深くまで入っているのでヒビ割れが入りやすくなってしまう材料で...続きを読む

      2017-12-19 21:53:53 外壁の塗り分けの仕上がりが楽しみです|横浜市港北区

      IMG_8524

      最近は晴天続きで絶好の塗装日和です!横浜市港北区で塗装工事中の現場はそろそろ完成します。スレート屋根とサイディング貼りの外壁で今回が初めての塗装工事です。縦張りのサイディングが下がっていたのを元に戻したり、塗装の前の下準備をおこなって順調に工事が進んでいます。初めての塗装工事の場合、下地処理が重要になります。塗料の吸い込みが激し...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る