横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市港南区の施工事例

港南区で外壁をクリア塗装して、屋根は遮熱塗装

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】
港南区で屋根のお問い合わせで伺ったお客様。築13年で、そろそろ建物のメンテナンスを考えている。 「せっかく塗るなら、納得いく工事をしたいのでベストなプランをお願いします。」と、ご依頼されました。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 防水工事 屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
サーモアイSi、ピュアライドUVプロテクトクリア
施工期間
15日
築年数
13年
平米数
180㎡
お施主様
B様邸
保証
8年
外壁
築13年なので、目地のコーキングは、まだ剥がれているような状況ではありませんが、だいぶ固くなって弾力がなくなってきています。
外壁
北側のサイディングは、苔が繁殖して緑色になっています。
屋根
屋根の棟板金は浮き気味で、コロニアルも少し反りが出てきています。
屋根
外壁と同じように、北側に苔が繁殖しています。南面に比べて茶色くなっているのがわかります。
洗浄
まずは、高圧洗浄機で表面の苔や、埃を吹き飛ばします。
水圧は130kg~150kgの圧力で、市販の洗浄機の約倍ぐらいの圧力です。
洗浄
洗浄して苔はもちろん、塗膜も剥がれています。
下塗り
今回塗装する塗料は、日本ペイントの「サーモアイSi」です。
下塗り材は、反射材の入った専用下塗り材「サーモアイシーラー」を使用します。
縁切り
下塗りが終わったら、タスペーサーを挿しこんで「縁切り」を行います。
縁切り
縁切りが終わったところです。
これで、スレート同士がくっつかなくて済みます。
これを行わないと、最悪雨漏りの原因にもなります。
中塗り
次に本材で塗装します。色は「ローズブラウン」反射率は、43%です。
3b1a1443fa83977cfb9cd1b48afb6a30
ここで上塗りに入る前に、棟板金の浮きをビスで押さえます。
ビス止め
風にあおられてか、経年劣化で釘が抜けかけていたので、しっかり締め直して、さらに補強します。
b243e231c271bdca31c5969350991bab
最後に上塗りをして完成です。
DSC_0155
綺麗に塗りあげられて、ぴかぴかに光っています。
材料
こちらが、今回使用した塗料です。
屋根:サーモアイSi(日本ペイント)
外壁:ピュアライドUVプロテクトクリア(日本ペイント)
軒天:ケンエース(日本ペイント)
鉄部・雨樋:ファインウレタン(日本ペイント)
洗浄
外壁も屋根と同じく、塗装する前に洗浄します。
シーリング
こちらは、サイディング目地のシーリングを撤去しているところです。
目地のシーリングは、クリアで塗装する前に撤去しておきます。
下塗り
クリアで塗装する場合は、下塗りは行わず2回塗りになります。
今回使用した塗料は、3部艶を使用しました。テカテカにならずサイディングの風合いを活かした自然な仕上がりです。
上塗り
仕上げの塗装、2回目です。
艶なしのクリアなので、わかりづらいですね。
シーリング
クリア塗装が終わったら、マスキングをしてコーキングの充填に入ります。
DSC_0123
並行して付帯部の塗装も行います。破風板は1階と2階で色を変更してイメージを変えました。
シール
サイディングの色に合わせて、コーキングの色はアイボリーにしました。
雨樋
こちらは、雨樋を塗装しております。
雨樋
塗料はファインウレタンを使用しております。

雨戸
雨樋と同じ色で雨戸も塗装します。フレームはアルミなので塗装できません。
水切り
屋根と外壁の境目の水切りを塗装しております。
完成
今回は、築13年ということで、クリア塗装をするにはギリギリのところでした。これ以上年数が経過すると、表面の印刷が色あせをして、その上から塗ってもあせたままになってしまうからです。
屋根もスレートが反り始める手前でしたが、遮熱塗料でしっかり塗装しましたからこれ以上の劣化の進行は止められました。
クリアで塗装をしたので、イメージを変えることができるのは、屋根と破風板、雨樋などの付帯部でした。微妙な色合いを何度も打ち合わせさせていただいて、ご満足いただけたご様子でよかったです。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る