横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 磯子区|外壁塗装と擁壁塗装に屋根葺き替えと外階段改修

    横浜市磯子区の施工事例

    磯子区|外壁塗装と擁壁塗装に屋根葺き替えと外階段改修

    【施工前】
    横浜市磯子区 外壁塗装と擁壁塗装に屋根葺き替えと外階段改修 施工前

    【施工後】
    横浜市磯子区 外壁塗装と擁壁塗装に屋根葺き替えと外階段改修 施工前

    【お問い合わせのきっかけ】
     磯子区のとても眺めの良い高台にお住まいのO様から外周り全体のリフォームをご相談いただきました。建物は築25年ということで、これまでにメンテナンスを行ったことがないそうです。
     点検の結果、屋根と外壁の他、お住まいの外階段に傷みが見られたほか、擁壁にも汚れが見られたため、それらを刷新する外装リフォームを行いました。

    【工事内容】
    外壁塗装 擁壁塗装 その他塗装 屋根葺き替え
    【工事詳細】
    使用材料
    外壁:ナノコンポジットW
    屋根:コロニアルグラッサ
    施工期間
    10日間
    築年数
    25年
    平米数
    外壁:171.0㎡
    屋根:77.5㎡
    お施主様
    O様邸
    築25年ということなので、築浅の建物よりも入念に点検しなければなりません。身が引き締まります。

    外壁の雨筋
    外壁は雨が伝った跡が目立ちます。防水機能が衰えてくると、水切れが衰えてくるので、どうしても汚れやすくなってしまうのです。写真でも何となく色褪せしていることが分かると思います。
    コーキングの劣化
    コーキングがひび割れており、傷んでいることが分かります。ブリード(成分が分離し、浮き出たり、流れ出すこと)して、可塑剤が浮き出てきており、そこに汚れが付着していました。打ち替えが必要です。
    外壁の汚れとコーキングのひび割れ
    こちらのコーキングも酷い状態です。外壁のサイディングも色褪せと変色が進み、元の色が分からない状態です。コーキングの右側にはうっすらと茶色の汚れが付着しています。
    階段のけこみ板のさび
    外階段の様子です。けこみ板(それぞれの段の垂直部分)のサビが酷い状態です。穴が開いている部分もあります。つま先などで蹴り抜いてしまったら、怪我をしてしまう可能性もあります。安全に昇降できるよう改修が必要です。
    苔だらけのスレート屋根
    続いては屋根の点検です。スレートの屋根材ですが、苔が生えては枯れ、生えては枯れを繰り返してきたのでしょう。下地にも不安があるので、葺き替える必要があります。
    屋根からの眺め
    眺めの良い高台からは海が一望できました。素敵な立地なお住まいをリフォームすることによって、さらに素敵にしたいと思います。
    各部の工事に入る前に高圧洗浄で、築25年分の汚れを落としてます。
    高圧洗浄の様子
    高圧洗浄機は最大で15Mpaもの水圧をかけることができます。写真の手前右側と奥左側を較べてみてください。汚れがしっかりと落ちていることが分かると思います。
    高圧洗浄で汚れが落ちた擁壁
    こちらは外階段の2階部分です。この画像でも高圧洗浄した部分(正面)、していない部分(左側面)がはっきり分かると思います。洗浄後は非常に綺麗に見えますが、乾燥しますと色褪せが目立つようになるので皆様、たいていがっかりされますね。
    ひび割れて劣化したコーキングを打ち替えます。
    劣化したコーキングの除去
    まずはこれまでのコーキング材を撤去します。コーキング材はサイディングの継ぎ目から雨水が内部へ浸入しないよう、守ってくれているのです。
    コーキング打ち直し
    養生テープを貼り、プライマーを塗布してから、コーキング材を充填していきます。その後、へらで均して平らにし、ある程度乾燥させてから養生テープを剥がします。
    超低汚染塗料の「ナノコンポジットW」で外壁塗装を行います。
    ナノコンポジットフィラー、下塗り
    ナノコンポジットW専用のシーラーで、下塗りを行います。ローラーを見てもらえばお分かりになりますように、このシーラーは透明です。この時点では外壁塗装しているという感じは受けません。
    ナノコンポジットW、中塗り
    続いては中塗りです。塗り残しがないように、まずは凹んだ部分を先に塗ってしまいます。その後、平らな部分への塗装に移ります。
    ナノコンポジットW、中塗り
    続いては上塗りです。落ち着いたグレーが素敵です。ナノコンポジットWの特徴は仕上がりがマットな感じで、艶がないことです。落ち着いた感じを好むお客様にお勧めです。
    ナノコンポジットW、上塗り
    色褪せ、汚れていた外壁がどんどん生まれ変わっていきます。塗装でどんどん、綺麗になっていくというのは私たちも仕事をしていて一番楽しい時でもあります。すっかり綺麗になりました。
    一説には屋根は外壁に較べ、2倍以上傷みが早いとも言われています。
    棟板金、スレートの撤去
    これまでの屋根を解体していきます。棟板金を外し、スレートも撤去していきます。
    見つかった防水紙の穴
    スレートの下から現れた防水紙にはところどころ穴が開いていました。深刻な雨漏りに繋がる前に屋根の葺き替え工事ができて、幸いでした。
    野地板の貼り増し
    これまでの防水紙の上から野地板を張り増ししていきます。屋根の強度が増し、以前のものより強固となりました。
    防水紙の敷設
    張り増しした野地板の上に防水紙を敷いていきます。この工程まで終わってしまえば、雨が降っても心配ありません。
    屋根材コロニアルグラッサ
    「コロニアルグラッサ」で屋根を葺いていきます。ケイミュー株式会社のグラッサシリーズは基材の上に無機系の塗膜を用いているので、紫外線に強く色褪せにくいのが特徴です。
    屋根葺き替え、完成
    屋根葺き替えが完了しました。これで今後は悪天候でも安心して過ごせます。ノンアスベストの屋根材なので、環境的にも安心ですね。
    擁壁の塗装もご依頼いただきました。危険だった外階段もしっかりと改修しました。
    擁壁ビフォー
    高圧洗浄で大分、汚れは落ちましたが、年季が入っている感じは否めません。こちらも綺麗に仕上げたいと思います。
    擁壁アフター
    塗装後の写真です。清潔感のあるホワイトで仕上げました。これで屋根、外壁、擁壁が刷新されました。
    雨戸の塗装
    雨戸の塗装の様子です。こちらは凹凸があるため、吹きつけ塗装を行ってています。
    外階段アフター
    サビで危険だった外階段も大幅に改修しました。踏み板とけこみ板を全て取り去り、新しく金属板を溶接して階段を作り上げました。
    外壁塗装、竣工
     屋根を葺き替え、外壁塗装し、なおかつ擁壁塗装もしたので、外回りは全て新しくなりました。新築と言われても分かりません。外壁塗装にはナノコンポジットWを使用しましたので、雨が降る度に汚れが洗い流されます。綺麗が長続きするお住まいで快適にお過ごしください。外階段も改修しましたので、安全性も増したと思います。
    屋根葺き替え、完了
     お住まいの寿命の7割は屋根で決まると言われています。本来ならば一番気にかけてあげない部分なのですが、目に付きずらいためか、メンテナンスも忘れがちです。街の外壁塗装やさん横浜店では点検の際、外壁だけでなく、屋根にも上って、自分の目で確かめます。これまで本格的な点検をなさってない方、ぜひ私たちにご相談ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-12-09 13:46:14 横浜市青葉区で花壇や塀の調査、花壇や塀も塗装でメンテナンスが可能です

      IMG_8524

      街の外壁塗装やさんは、屋根や外壁以外にもいろいろなところに塗装をさせていただいております。例えばご自宅の門扉や扉、鉄製フェンス、鉄骨階段などもよくメンテナンスさせていただいております。今回は横浜市青葉区S様より、「花壇が気になる」とのことで調査のご依頼がありました。花壇や塀、擁壁、基礎なども塗装は可能です。塗装はいろいろなところ...続きを読む

      2018-12-08 16:42:38 横浜市戸塚区の外壁調査、モルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります

      IMG_8524

      ご自宅の外壁でよくあるモルタルで下地が造られたのをモルタル壁と呼びますが、このモルタル壁は築年数の経過とともに亀裂やひび割れが起こるようになります。実はこのモルタル壁に発生する亀裂は小さくても雨漏りに繋がる可能性があります。雨漏りに繋がる前にな何とかしたい、決して無視できない現象です。横浜市戸塚区T様のお宅より「数年前から雨漏り...続きを読む

      2018-12-07 14:04:38 横浜市旭区で築13年の屋根を調査、塗装が無駄になるニチハのパミールであることが判明

      IMG_8524

      本日はまだ築10年ちょっとしか経ってない横浜市旭区の屋根塗装調査でしたが、実は屋根に上がって見ましたらニチハのパミールというスレート屋根である事が判明いたしました。 パミールは塗装が無理、無駄になってしまう屋根材です。(塗装が無理な外壁や屋根に関してはこちら。)表面のはく離が必ず起きてしまい、ミルフィーユ現象や、元々野地板...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る