横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 鶴見区|3階建てダイワハウスを屋根・外壁塗装工事

横浜市鶴見区の施工事例

鶴見区|3階建てダイワハウスを屋根・外壁塗装工事

【施工前】
施工前

【施工後】
完成写真

【お問い合わせのきっかけ】
お問い合わせは、「特に困っているところはないが、早め早めにメンテナンスしておけば、家の寿命が長くなるから。」というもの。 確かに劣化が目立ち始めてからでは、補修や交換に費用がかかりますし、建物自体にもダメージが残ります。 とはいえ、初めての工事となり、かなり色々ご心配されていたご様子でした。 お住まいの最初の工事に弊社を選んでいただいて感謝です。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 雨樋交換
【工事詳細】
使用材料
外壁:ナノコンポジットW
屋根:アレスクールSi
施工期間
22日
築年数
12年
平米数
248㎡
お施主様
K様邸
保証
10年
9e684b27a3ba5e1e9fe8e5deb473d5b8
築12年なので、コーキングもまだ生きています。
ただ、早め早めの交換がお住まい長持ちの秘訣です。

55fdca0e54b32083a3124ebf0ae61c5e
雨樋のジョイントが破損して、雨が降ると水が滴ってきます。雨樋は、タキロンのAQ-125。すでに、絶版品となっています。もう、問屋に残っているだけとなっており、手に入るかどうかが問題です。無い場合は、縁が切れているところまで交換となってしまいます。
a84f31f0230c2112fab285cc4bc7bca5
ベランダはシート防水で、ひび割れや、膨れなどはもちろんございません。トップコートをかけて保護してあげるだけで大丈夫でしょう。
北面
北面は、苔の繁殖が目立ちます。サイディングが凹凸の大きなものという事もありますが、工場出荷時のままでは、防藻・防汚機能は無いのでこのような状態になります。
屋根と外壁の高圧洗浄を行います。
b75955bc3031c0cb0378e478addfcf20
高圧の洗浄機で、苔や汚れを吹き飛ばします。
しっかり、洗っておかないと、施工後に浮きや剥がれの原因となります。
c67a7ac85243e3149efb6d0442c2f518
外壁もしっかり洗います。2階以上のところは、中々洗ったりする事もないので、この機会に綺麗にしておきます
色は、3階建てで屋根はどこからも見えませんし、ご近所にも反射で迷惑をかける事もないので、遮熱効果の高い「アイボリー」を使用します。
アレスクールシーラー
関西ペイントの遮熱塗料、「アレスクール」の下塗り材です。
反射材が入っています。
ケレン
棟板金など鉄部は、そのままでは、塗料が乗りにくいので、やすりでこすって、目荒らしします。
この作業を「ケレン」といいます。
錆び止め
ケレンが終わったら、錆び止めで下塗りを入れます。
錆び止めは、関西ペイントの「スーパーザウルス」
タスペーサー
これは、「縁切り」といって、塗装した際に、スレートとスレートがくっついてしまわないように、「タスペーサー」というプラスチックの板を挿しこみます。
下塗り
下処理が終わったら、下塗りです。アレスクール専用の「アレスクールシーラー」で塗装していきます。

完成
屋根が真っ白になりました。
中塗り
続いて中塗り、上塗りと作業を進めていきます。
完成
アイボリーなので、下塗りした時の感じと、あまり変わりません。
真っ白な屋根も新鮮ですね。
外壁は、防汚機能の高い水谷ペイントの「ナノコンポジットW」を使用しました。
色は、全体を(NC-12)で塗り、帯を(NC-24)で塗ってアクセントを付けました。
今回は、色のイメージが固まっていらっしゃったので、カタログで直ぐに決まりました。
シール撤去
塗装に入る前に、既存の目地シールを撤去します。
カッターを入れて剥がして行くのですが、まだシールが効いているので、撤去が大変でした。
プライマー
撤去が終わったら、バックアップ材を入れて、プライマーを塗布します。プライマーとは、接着剤のようなものです。
シール打ち
プライマーを入れたら、変性シリコンを充填していき、綺麗に均します。この際、塗装するので、塗装できるシーリング材でないといけません。
水切りケレン
これは、基礎と壁の間にある水切りを塗る前にケレンをしているところです。
雨樋ケレン
こちらは、雨樋のケレンです。
雨樋も目荒らししておかないといけません。
雨樋
雨樋の塗装です。今回、ウレタンで塗装しました。既存の雨樋は、グレーでしたが、白に変更です。
下塗り
外壁の下塗りです。今回使用する「ナノコンポジットW」は、専用のシーラーを使います。
中塗り(壁)
下塗りが終わったら、中塗り・上塗りと2回塗装します。
ナノコンポジットは、艶のない塗料なので、サイディングの質感は損なわれません。
中塗り(帯)
帯は、NC-24を使いアクセントを出します。
幕板は無いので、サイディングの柄に合わせてマスキングします。
ナノコンポジットW
こちらが、ナノコンポジットのNC-24の塗料です。帯の部分しか使わないので、小さい缶で発注しました。
ナノコンポジットW
こちらは、メインの部分を塗装するナノコンポジットの、NC-12の缶です。4缶使用しました。
中塗り
先ほどケレンした、水切りに錆び止めを入れて塗装します。使用した塗料は、セラMレタン(関西ペイント)です。
完成
アイボリーの外壁に、濃い赤みのある茶色が映えます。
軒天
ベランダの軒天は、ケンエースの白を使用しました。
完成
屋根の完成写真です。
関西ペイントのアレスクールSiという、遮熱塗料で塗装しました。
アイボリーは、遮熱効果80%以上です。
白い屋根というのも、新鮮ですね。
完成
外壁は、アクセントに茶色の帯が入って、ビシッと締まりました。
サッシのシャンパンゴールドとの相性もばっちりです。
ナノコンポジットは、防汚機能が高いので、白っぽい色でも汚れが目立ちません。
完成
築12年で、まったく新しい外観で生まれ変わりました。
いくつかの問題点も、解消されこれから安心してお住まいになっていただけるものと思います。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る