横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > サイディングの塗装は目地のコーキングも一緒に打ち換えます|神奈川県大和市

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    サイディングの塗装は目地のコーキングも一緒に打ち換えます|神奈川県大和市

    更新日:2018年3月12日

    神奈川県大和市で外壁塗装を検討中の建物です。築10年で初めてのメンテナンスなのですが、サイディング貼りの外壁はチョーキング(白亜化)が出始めており、目地のコーキングも紫外線によってヒビ割れや裂けが出ていました。塗装工事の目的は美観を元に戻す事と、撥水性を戻す事です。雨が降った時に雨水を弾かないと屋根材や外壁材が雨水を吸い込んでしまい、劣化が進んでボロボロになってしまいます。その様になると葺き替えや張り替えなどをおこなう必要が出てきてしまい、場合によっては建物本体に被害が及ぶ事もあります。目地のコーキングも雨水が入らない様にする事、建物の動きを緩衝する大切な役割がありますので、塗装工事をする際は、新しく打ち換えて弾力性を戻す必要があります。今回は外壁の塗装と一緒に目地のコーキングの打ち換えをご提案しました。

    チョーキングが出たら塗装工事の時期です

    外壁は四角いパターンが付いたサイディングで2色を使い分けています。1個ずつ分かれているのではなく、高さは1個分で幅は6個で1枚のサイディングになっています。

    サイディングとサイディングの繋ぎ部分は、ぴったりとくっついているのではなく、コーキングが打ってあって雨水の浸入を防ぎ建物が動いた時に動きを緩衝する役割があります。しかし、常に紫外線や風雨に晒されているので、どんどん劣化していき硬くなってヒビ割れが起きたり裂けたりしてしまいます。そのままにすると雨水が入り込んでしまい、サイディング自体を劣化させますし、表面が劣化していると雨水を吸い込んでボロボロになってしまいます。

    表面の撥水性が落ちてチョーキング(触ると指先に粉が付く現象)が起きてくると劣化がどんどん進んでしまいますので、チョーキング=塗装の時期、と覚えておくと良いでしょう。撥水性が落ちてくると日が当たらない北面などはコケがびっしりと生えて更に劣化が進んでしまいます。

    屋根はアスファルトシングルという屋根材が葺いてあります。アスファルトシングルとは、簡単に言うとアスファルトを染み込ませた紙に着色した石粒が吹き付けてある材料で、欧米では昔から良く使われている屋根材です。映画などでお父さんが屋根に上って直しているシーンがありますが、まさにこの屋根材です。DIYで自分でも工事する事が出来ますが、足場がないと危険なのでご自身で工事をするのはあまりお勧めしません。築10年ですので屋根材に劣化は見られませんが、棟板金の釘が浮いているのが何箇所かありましたので、釘ではなくビスで補強すれば問題無いでしょう。建物全体を見させて頂きましたが、大和市のこちらの建物は、外壁塗装と一緒に目地のコーキングの打ち換えをおこなって、撥水性を戻す事をお薦め致します。

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      2018-09-15 20:02:23 横浜市西区の窯業系サイディングの住宅調査、コーキングの劣化やコーナーに隙間は外壁塗装すべき目安です

      IMG_8524

      外壁も屋根も普段から陽当りの良い方角に面しているところは、色褪せが早くて劣化の進行も先に進むことが多いです。また、ご自宅の周囲を取り巻く環境によっても違いが出ます。同じ建築材料で造らている建売住宅でも、陽当りや日陰によったり、風や湿気によったりと周囲の環境によって劣化や傷みなどの進行に差が出ます。横浜市西区W様のお宅も建売住宅を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る