横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > サビたトタン屋根は塗装工事か葺き替え工事|横浜市西区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    サビたトタン屋根は塗装工事か葺き替え工事|横浜市西区

    更新日:2018年3月24日

    横浜市西区で建物の調査をおこないました。一度調査に伺った時は、雨が雪に変わった時で屋根の調査をおこなう事が出来なかったので、改めて調査に伺いました。結構古い建物で屋根の状態がとても気になるという事でしたので、屋根に上って傷みの具合を調べてみました。トタン屋根は大分サビが進行しており、このままだとサビによってトタンに穴が開いてしまいますので、メンテナンスをしなければなりません。サビが進んだトタン屋根の場合は、塗装工事か葺き替え工事がメンテンナンスの方法になります。どちらにするかは、傷み具合と建物をこのあと何年もたせたいかで変わってきます。傷みがそれ程でもなければサビ止めをしっかり塗ってからの塗装工事が必要です。傷みが酷くて下地まで不具合が出ていたら、屋根材を新しくする葺き替え工事になります。

    サビの進行を確認します

    トタン葺きの瓦棒屋根は全体的にサビが出ていて真っ赤になっています。サビが進むとトタンが腐食してしまい穴が開くことがありますが、まだその状態にはなっていませんでした。

    屋根全体を歩いて確認しましたが、この状態でも下地の野地板に傷みは出ていません。傷み具合を見る限り出来れば葺き替え工事をおこなった方が良いのですが、数年で建て替えを検討しているので、こんかいは傷みが進んで雨漏りする前に塗装工事をおこないます。

    棟板金は交換した方がよい

    屋根は総合的に考えて、塗装工事をおこなう事になりましたが、部分的に新しく交換する必要があります。それは棟板金です。下地の貫板がボロボロになっていて、強風で簡単に持ち上がってしまう可能性が高いです。屋根自体は塗装工事をおこないますので、今回のメンテナンスでは棟板金の交換工事を一緒におこなって、風が吹いても安心です。横浜市西区の建物は、塗装をするか葺き替えをするかの判断をおこないました。今建物がどの状態で今後どのように建物に住むかによって工事の方法が変わりますので、ご要望を聞きながら最適なご提案をいたします。

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る