横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > サビてしまった鉄骨階段はサビ止めが重要です|川崎市麻生区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    サビてしまった鉄骨階段はサビ止めが重要です|川崎市麻生区

    更新日:2018年3月5日

    川崎市麻生区で鉄骨階段の調査をおこないました。集合住宅の外階段で常に雨ざらしになっているので、ちゃんとメンテナンスをしないとあっという間にサビてしまいます。こちらの外階段は何度か塗装をしたことがあるそうですが、最後におこなったのは7~8年前という事で、大分劣化が進んでいました。外側が鉄骨で歩く部分にはタイルが貼って仕上げてあるので、鉄骨階段が剥き出しになっている訳ではありません。気になるのは外側と手すり部分です。表面の塗装だけが劣化している分には良いのですが、部分的に鉄骨が腐食してしまっている所がありますので、ここは直す必要があります。全体は塗装工事で腐食している所は部分的に差し替えるか、鉄板で補強してから塗装をおこないます。鉄部は屋根や外壁などに比べて耐久性が落ちてしまいますので、それをカバーする為に短い期間で塗装をおこなって、サビによる腐食が進まない様にしていきましょう。

    外階段はこまめにメンテナンス!

    階段の床はタイルが貼ってあります。アパートなどの鉄骨階段の様にすべての部分が剥き出しになっていませんので、今見えている外側部分と手すりを見てみます。

    雨水が溜まりやすい際の部分はやはり腐食が進んでいました。結構酷く見えますが鉄骨まで駄目になっている訳では無く、塗装の下からサビで持ち上げあられた状態になっています。

    1cmもある鉄板に穴が開くことはまずありませんが、手すりなどは薄い鉄板を四角くして強度を持たせているので、サビの影響によっては穴が開いてしまいます。

    外側部分の何箇所かは画像の様に腐食して穴が開いていました。ここから雨水が入り込んでさらに悪化してしまいますので、ちゃんと雨水が入り込まない様にしなければなりません。川崎市麻生区の外階段は、塗装をおこなうのは勿論、穴の補修もおこないます。鉄部の塗装ではサビ止めが重要になりますので、ケレンで下地処理をしっかりとおこなって、耐久性の高いサビ止めを塗りましょう。

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      川崎市麻生区と近隣地区の施工事例のご紹介

      ページの先頭へ戻る