横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

  • HOME > ブログ > トタン屋根は剥がれた塗膜をしっかり除去します|川崎市多摩区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    トタン屋根は剥がれた塗膜をしっかり除去します|川崎市多摩区

    更新日:2017年12月6日

    塗装工事が順調に進んでいる川崎市多摩区の現場です。高圧洗浄が終わって外壁の下塗りまで進んでいますので、今日はトタン葺き屋根の下塗りに入っていきます。金属屋根は経年劣化によって塗装が劣化していくと、金属部分がサビていってしまいますので、サビの進行を止めるために下塗りにはサビ止めを塗っていきます。剥がれた塗膜をケレンで剥がしていくのですが、しっかりと食いついている塗膜はそのままでサビ止めを塗装していきます。外壁塗装の下塗りと一緒で、サビ止めの施工によって仕上げ塗装の耐久性が左右されますので、念入りにサビ止めを塗装する必要があります。仕上がると見えなくなる部分が実は大切なんです。

    金属屋根の大敵はサビです!

    トタン屋根が劣化していくと、サビによって塗装が浮いたり剥がれたりしていきます。これを放置すればドンドンサビの進行が進んでいって最悪の場合トタンに穴が開いてしまいます。

    剥がれた塗膜はケレン掛けで剥がしていきます。赤く見えているところがサビで塗膜が剥がれた部分で、その他の部分はしっかりと密着していますのでそのまま塗装していきます。

    軒先には雨水が集まってくるので傷みはほかの部分に比べても早くなります。こちらの屋根も軒先がサビて小さな穴が開いていましたので、塗装の前に穴埋め補修しました。

    ケレンの後はサビ止め

    ケレンで剥がれた塗膜を剥がした後は、サビ止めを塗っていきます。3回塗りで仕上げる塗装工事の1回目の下塗りに当たる工程です。サビ止めがしっかりと塗装されているかどうかで、仕上げの塗装の耐久性に直結していきますので、念入りに塗っていきます。川崎市多摩区の現場は剥がれた塗膜を綺麗にケレン掛けして除去しましたので、トタンもこれ以上傷みが進まなくなって安心です。これから仕上げの塗装に進んでいきますので、その様子は随時アップ致します。

    ご質問やご不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る