横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

  • HOME > ブログ > 屋根カバー工事をお考えの方へ|横浜市戸塚区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    屋根カバー工事をお考えの方へ|横浜市戸塚区

    更新日:2018年5月27日

    そろそろ屋根を葺き替えたい、塗装しようかなど、どうしようか決めかねている方に参考になればと、ご紹介させて頂きます。

    本日お伺いしました築20年弱。神奈川県戸塚区のお客様のお問合せは、屋根カバー工事で使われる横暖ルーフを設置する場合の予算が知りたいという事でした。

    まず知っておいて頂きたいのは、屋根に上がってきちんと調査をしませんと、せっかく屋根カバー工事したのに数年で雨漏りしてしまった・・・なんて事になりかねません。

    理由は様々あるのですが、下地が痛んでいたり、ルーフィング(防水シート)も交換時期が近かったりと、建物によって変わってきますのでお問合せ時点では即答ができません。

    ですので本日はきちんと調査した上で、お客様が希望していらっしゃる横暖ルーフを使ってカバー工事できるかの調査を致しました。

    屋根に上がってからがスタートです

    上記写真に写っております隣家でちょうど屋根の塗装をしており、そこの施工業者に「お宅もどうですか?」と言われたのが考えるきっかけだったそうです。

    しかし即決はできず、どうしようと思っていたところ弊社にお問合せ頂きました。

    下記写真をご覧ください。実は約6年ほど前に屋根と外壁の塗装工事をしたと聞いておりました。確かに外壁に関しては綺麗に保たれており気になる点はそれほど見つかりませんでしたが、いざ屋根に上がってみますと全体的に色褪せがあり、スレートに雨水の通り道となる「縁切り」がされていなかったのか雨水が留まっている箇所も見受けられ、思っていた以上に劣化がありました。

    棟板金も釘が所々抜けかかっており、持ち上がってしまう所もありました。また、既存スレートにクラックや破損が見られ、このまま補修を行わないでいますと、雨水が建物に侵入し下地を痛める恐れもあります。そうすると、本来既存屋根材の上にルーフィングを敷いて、新しく屋根材をのせるカバー工法が下地が痛みますと下地の交換から行わないとできない可能性が強いです。

    下地からの交換が必要になりますと、その部分費用もかさんできます。今ならまだ下地をいじらずにカバー工事ができますが、今後はどうなるかわかりません。

    このように屋根に上がってみて初めて分かる事が多いので、弊社では現地調査を行いお客様に報告し、今後どうするかのご提案をさせて頂いております。

    外壁や屋根に関して、工事はしたいがどこに頼むか決めかねている、不安があるなどございましたら、まずは点検調査からじっくりご相談していただける横浜外壁塗装工房にご連絡くださいませ。

    フリーダイヤル 0120-948-355 まで。親身になって対応させて頂きます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-06-22 07:45:20 横浜市戸塚区|外壁塗装・色はシンプルに白調「ND-370」

      IMG_8524

      本日は横浜市戸塚区S様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。約20年間メンテナンスを行ってこなかったこともあり、外壁の汚れや黒ずみは目立ち、所々で外壁自体に亀裂が入っているところも見受けられます。 こびりついた汚れや黒ずみに関しては、塗装...続きを読む

      2018-06-17 11:58:29 幕板や付柱が傷み放置すると交換が必要になる|横浜市港南区

      IMG_8524

      ご自宅の外壁に、幕板や付柱といった装飾が取り付けられているところも多いと思います。幕板は建物に対して横方向に帯状に取付けられている装飾で、主に1階と2階の中間に取付けられております。付柱は縦方向にコーナーや窓と窓の間に取付けられております。幕板も付柱も造られている材質は同じことが多く、繊維混入セメントケイ酸カルシウム板を使用して...続きを読む

      2018-06-13 18:23:16 屋根調査で普段あまり見ることのないドーマーも調査|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区のF様より、「屋根の色が以前と比べて変わってきた」とのことで調査にお伺いしました。以前に屋根塗装をしている横浜市都筑区F様のお宅の屋根は、塗膜が剥がれておりメンテナンスが必要な状態でしたが、屋根にはドーマーが造られている屋根でした。ドーマーは採光やデザインの目的で造られることが多く、外から見ると「屋根に設けられた小さ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る