横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

  • HOME > ブログ > 横浜市保土ケ谷区でスレートの下塗りにベスコロフィラーHGを使います

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市保土ケ谷区でスレートの下塗りにベスコロフィラーHGを使います

    更新日:2017年7月21日

    横浜市保土ケ谷区で塗装工事中の建物です。先日屋根と外壁の高圧洗浄が終わって、屋根のスレートには縁切りの為にタスペーサーを入れましたので、次の工程の下塗りに取り掛かります。

    高圧洗浄で汚れや古い塗膜を綺麗に洗い流しているので下塗りもしっかりと付着してくれます。下塗り材は、スレートと仕上げの塗料の密着性を高める為に塗るのですが、合わせて仕上げの塗料の吸い込みムラを無くす用途もあります。スレートの表面が均一になる様に塗っていきます。

    使用した下塗り材は、スズカファイン社の『ベスコロフィラーHG』です。厚塗りの下塗り材で、傷んだスレートの表面を保護する事が出来るのでスレートの塗装工事には最適です!!表面が傷んでくるとザラザラになっていくのですが、ベスコロフィラーHGを塗布した表面はツルツルになります。毛羽立った表面が厚塗りのベスコロフィラーによって平らになったという訳です。下塗りがしっかりと塗装されているかが仕上げの塗料の耐久性に直結していきますので、高圧洗浄と共にとても重要な工程です。

    色が濃い部分と薄い部分はスレートの吸い込み度合いが違うところです。一見して塗りムラが出来ている様に見えますが、表面は均一に仕上がっているんです。何箇所かヒビ割れた部分を補修して次は仕上げの塗装に取り掛かります。横浜市保土ケ谷区の塗装工事は、下塗りにベスコロフィラーHGを使って傷んだスレートの表面を保護しましたので、仕上げの塗装も綺麗に仕上がります。

    屋根塗装工事についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-06-22 07:45:20 横浜市戸塚区|外壁塗装・色はシンプルに白調「ND-370」

      IMG_8524

      本日は横浜市戸塚区S様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。約20年間メンテナンスを行ってこなかったこともあり、外壁の汚れや黒ずみは目立ち、所々で外壁自体に亀裂が入っているところも見受けられます。 こびりついた汚れや黒ずみに関しては、塗装...続きを読む

      2018-06-17 11:58:29 幕板や付柱が傷み放置すると交換が必要になる|横浜市港南区

      IMG_8524

      ご自宅の外壁に、幕板や付柱といった装飾が取り付けられているところも多いと思います。幕板は建物に対して横方向に帯状に取付けられている装飾で、主に1階と2階の中間に取付けられております。付柱は縦方向にコーナーや窓と窓の間に取付けられております。幕板も付柱も造られている材質は同じことが多く、繊維混入セメントケイ酸カルシウム板を使用して...続きを読む

      2018-06-13 18:23:16 屋根調査で普段あまり見ることのないドーマーも調査|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区のF様より、「屋根の色が以前と比べて変わってきた」とのことで調査にお伺いしました。以前に屋根塗装をしている横浜市都筑区F様のお宅の屋根は、塗膜が剥がれておりメンテナンスが必要な状態でしたが、屋根にはドーマーが造られている屋根でした。ドーマーは採光やデザインの目的で造られることが多く、外から見ると「屋根に設けられた小さ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る