横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港北区でアパートの外壁の傷み具合を調査しました

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港北区でアパートの外壁の傷み具合を調査しました

    更新日:2016年11月28日

    横浜市港北区で建物の調査に伺いましたが、今日は風が冷たくて寒かったですね。ついこの前まで暖かかったのですが、先日の雪のあとから気温がグッと下がった気がします。やっと冬らしくなってきたという事でしょうか。今日は、外回りの傷みが気になるというお問い合わせのあったアパートの調査です。

    アパートの外観です。サイディング貼りの外壁で若干傷みが出始めていました。目地のコーキングは傷みが出ていて切れている部分もあります。

    触ると手に白い粉が付くのは、チョーキング(白亜化)という症状で表面が劣化しているサインです。外壁は雨が降った時に雨水を弾く効果がありますが、このチョーキングが出ているのを放っておくと、雨を弾く効果が無くなってきていて雨水を吸ってしまうので、サイディングがボロボロになってしまいます。サイディングが傷む前に塗装工事で撥水性を戻してあげましょう。

    2階に上がる外部階段は鉄骨製で、床と蹴上げ部分にタイルが貼ってありましたが、あちこちで剥がれています。タイルの目地等から入り込んだ雨水によって鉄骨が錆びてしまい、サビによってタイルが内側から押されて剥がれています。浮き上がっている部分は結構ありますので、鉄骨のサビ止めと合わせてタイルの目地から雨水が回り込まない様な防水処理も必要です。

    階段の上り下りの最中にタイルが剥がれてしまったら非常に危険ですので、しっかりと直さないとなりません。全体的に鉄部の傷みが目立ちますので、メンテナンスはサビ止めが非常に重要になります。全体を調べましたが、メンテナンスは塗装工事で問題はありません。下地処理をきっちりおこなって今後のメンテナンスがなるべく必要がなくなるような耐久性の高い塗装工事をご提案させて頂きます。

    ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る