横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区の塗装工事現場で目地のコーキングを打ち換え

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市瀬谷区の塗装工事現場で目地のコーキングを打ち換え

更新日:2017年8月21日

横浜市瀬谷区で塗装工事中の建物です。高圧洗浄での屋根と外壁の汚れ落としは順調に終わったので、これから下地調整工事に取り掛かります。

劣化したコーキング 剥離したコーキング

サイディング貼りの外壁は、サイディングとサイディングの間に目地という隙間があります。その部分にはコーキングを打って建物の動きを緩衝したり雨水の浸入を防ぐ重要な役目がありますが、このコーキングが切れたりヒビ割れていると建物への悪影響の可能性が出てきますので直さないとなりません。

コーキングを剥がしている最中 古いコーイング除去

コーキングの劣化を直す方法は打ち換え工事です。古くなって劣化したコーキングを剥がしてから新しいコーキングを充填します。目地部分は古いコーキングを除去出来ますので、残らない様に丁寧に除去していきます。

剥がしたコーキング

剥がしたコーキングです。サイディングの厚み分しっかりとコーキングが充填してありました。表面は紫外線や風雨に晒されてボロボロになっていましたが、中までは傷みが届いていなかった様でまだ弾力性も残っていました。

コーキング工事のマスキングテープ プライマー

コーキングを剥がした跡は新しいコーキングを打つのですが、密着性を高めるためにプライマーという接着剤を必ず塗ってからコーキングします。コーキングの密着性はプライマーによって左右されると言っても過言ではないくらい重要な工程です。プライマーを塗らずにコーキングを打ってもサイディングとの密着性が確保できずに剥がれたりしてしまいます。今回は塗装によって着色しますので、塗装工事の前にコーキングを打ちますが、クリアー塗装などのコーティングの場合は塗装の後に後打ちしなければなりません。塗料によって最適な施工方法がありますので、適切な工事方法でご提案させて頂きます。横浜市瀬谷区の塗装工事の現場は、コーキングを打ち替えて下塗りへ進みますのでその様子はまた次回アップ致します。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-12 00:45:27 横浜市神奈川区で外壁を上下で塗り分けの塗装工事中

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中のたてものです。工事が始まった最初の頃は雨続きで苦労しましたが、そのあとは天気も良くて順調に工事が進んでいます。 こちらの建物は、1階と2階でデザインの違うサイディングを使用していました。色合いや柄(パターン)が違うサイディングを、幕板という帯をグルッと建物の外周に回すことで綺麗にツート...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る