横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市金沢区で結構サビている工場の折板屋根塗装工事のご提案

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市金沢区で結構サビている工場の折板屋根塗装工事のご提案

更新日:2017年5月24日

横浜市金沢区で屋根の調査をおこないました。先日穴があいてしまった金属屋根の補修工事をおこなったのですが、全体的に塗装工事が必要な状況でしたので、改めて調査に伺いました。

今日も天気が良過ぎなくらいで、屋根の上は反射で暑かったですね。天気が良いのは有難いのですが、5月でこの感じだと今年の夏は暑くなりそうです。

調査に伺った屋根は、折板(せっぱん)という金属板を山形に折り曲げて造られている屋根材で、施工が容易なのと造りがシンプルなので工場などの屋根に良く使われている材料です。

材質が金属なのでどうしてもついて回るのが『サビ』です。海沿いではないのですが、少し行けば海がありますのでどうしても塩害の影響が受けやすい地区になります。表面は塗装がしてありますが、塗膜が弱くなった部分からサビが出ていて捲れ上がっている部分があります。折板屋根のメリットは、水上から水下まで一枚の材料で葺きますので勾配が緩くても使えるのですが、経年劣化によって折板に歪みが出たりすると水溜りが出来てしまい、そこから傷みが出始めてしまいます。壁際はエアコンのドレン管からながれてくる水がある為にサビの進行が早いようです。

軒先の跳ね出し部分の傷みが特に酷くなっていて、塗膜が完全にめくれてしまいベロベロな状態になっていました。屋根全体をみると、サビが酷いのは軒先部分で他はそれ程酷くはありませんでしたので、塗装工事で問題ありませんが、屋根面全体にサビ止めをしっかりと塗る必要があります。サビ止めと仕上げの塗料には耐久性が高いものを選んで、今後傷みが出難い塗装工事のご提案をさせて頂きます。

屋根塗装工事についてご質問やご不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2017-11-11 22:22:48 屋根と外壁を塗装する前にチェックするポイント|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区で塗装工事を検討してる建物の調査をおこないました。屋根と外壁の塗装工事を考えられているのですが、建物の塗装をおこなう前には傷み具合をしっかりと確認する必要があります。 屋根のスレートは、傷みによって割れていたり反っていたりしないかを確認していきます。棟板金も浮きがないかのチェックも必要です。外壁は表面が劣化し始...続きを読む

      2017-11-06 22:36:47 調査も工事も入念ですが、仕上りの確認も入念です|横浜市南区

      IMG_8524

      横浜外壁塗装工房では、調査の段階から工事まで入念に行ったおりますが、仕上りの確認もかなり入念に行います。屋根や外壁の塗装工事では、足場を架けて工事を行って参りますが、工事が終わって足場を外してしまえば、特に2階の外壁や屋根の上はもう近くで見ることは、次のメンテナンスのタイミングまでありません。横浜外壁塗装工房では、完了報告書とし...続きを読む

      2017-10-10 01:47:34 塗装工事の中でも重要な工程が高圧洗浄です|横浜市中区

      IMG_8524

      横浜市中区で塗装工事をおこなっている建物です。皆様が塗装工事をお考えになる時は建物がどんな状態の時でしょうか?『汚れが目立ってきたな』とか『前回塗装してから10年近く経ったからそろそろ...』などそれぞれ理由があると思います。屋根や外壁を塗装しようとした時には、どんな塗料を使おうか、何年くらいの耐久性にしようか、何色に塗り替えよ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る