横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り

    更新日:2015年12月23日

    本日は途中までお天気がもってくれるのを期待しておりましたが、午後から雨が落ちてきてしまいました。現地調査するのも調査個所にもよりますが、雨が酷いと延期になりますのでご了承下さい。

    横浜市の鶴見区で雨漏りの現地調査を行いました。玄関上にはバルコニーが設置されております。

    横浜市鶴見区 玄関への雨漏り 横浜市鶴見区 ベランダのアップ

     

     

    玄関に入ってすぐの下駄箱の中に水が垂れてくるのと、キッチンの天井は水が回っていて染みにもなっております。真上にあるバルコニーを調査致します。

    雨漏りしている玄関 横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り

     

    バルコニー下の屋根は瓦棒屋根になっており、周りが破風板の様に囲ってあり、排水口にゴミ等が溜まって塞いでしまうとプール状の様に水が溜まってしまいます。そうなってしまうと経年によりヒビやコーキングがとれてしまった壁の隙間などから雨漏りしてしまう恐れがあります。

    横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り 横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り

     

    横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り 横浜市鶴見区でベランダ下部の玄関に雨漏り

     

    画像の様にバルコニー下が箱状になった防水層となっております。経年により壁とサッシ枠の間も隙間がありました。さらに、雨戸の戸袋も水が溜まってしまう様な造りになっているものもあるのでこちらも要注意です。今回はバルコニーを取り外してバルコニー下の屋根を施工し直します。箱状にならないように真っすぐ雨が落ちる形状に造り替えます。玄関上も同じ様に箱状の防水層となっているので囲いを無くす下屋根をご提案致します。

    ご相談、ご質問やご不明な点がございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-22
      横浜市瀬谷区三ツ境にて、苔が多く繁殖した屋根に塗装でのメンテナンスをご提案

       横浜市瀬谷区三ツ境にお住まいのO様より、屋根が大分傷んでいるように見えてきて心配なので点検をしてほしいとお問い合わせを頂きました。      調査のために屋根に上らせていただくと、屋根材のスレートがだいぶ色褪せて...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-19
      川崎市宮前区神木のお住まいの屋根は、スレート材に施した塗装が水の通り道を塞いでしまっていました

       7、8年前に屋根を塗装したが、また屋根が傷んできたように見えるので点検と調査をお願いしたいと川崎市宮前区神木にお住まいのT様よりお問い合わせを頂きました。T様のお住まいの屋根材にはスレート材が使用されており、T様もスレート材には定期的な塗装が必要なこともご存...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-16
      横浜市保土ヶ谷区上星川でALC外壁の点検、塗膜とコーキングが傷んでおりました

       アパートや大型小売店など建物によく用いられている外壁材としてALCがあります。軽量気泡コンクリートを省略した呼び名ですが、ALCが頻繁に使用されていた時期から20年~30年が経過しております。外壁はどの外壁材を使用していてもメンテナンスが必要となります。その...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る