横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

  • HOME > ブログ > 耐久性が抜群のオートンイクシードで目地の打ち換え|横浜市港北区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    耐久性が抜群のオートンイクシードで目地の打ち換え|横浜市港北区

    更新日:2018年5月19日

    横浜市港北区で塗装工事中の建物です。ここ最近は日中に雨も降らず、工事も順調に進んでいます。天気に左右されるのが塗装工事ですので、晴れが続くのはとても有難いです。現在工事中の建物は、外壁の仕上げがサイディングで表面が若干劣化してチョーキングが出ています。サイディングとサイディングの繋ぎには『目地(めじ)』があり、コーキングが打ってあります。古くなってヒビ割れたり剥がれたりしているのを見たことありませんか?新築の時には、サイディングを貼り終えてからコーキングを打ちますので、常に紫外線や風雨に晒された状態になります。サイディングとセットで色を合わせてあるコーキングはそれ程耐久性が高くありませんので、サイディングよりも先に傷みが出始めます。目地のコーキングは、建物が動いた時に力を逃がす為に重要な部分です。サイディング同士がくっついていたら、地震などで建物が動いた時にぶつかり合って、割れたり捲れたり、最悪の場合建物の構造にまで影響が出る事があります。その為には隙間を空けなければならないのですが、隙間から雨水が中に入らない様にする役目ももっています。今回は塗装工事でコーキングの上に塗料が乗っかてきますので、劣化の速度は遅くなりますが、重要な部分なので耐久性が抜群のコーキングを使用していきます。

    目地のコーキングはサイディングより先に劣化します

    まだ比較的状態は良い方ですが、コーキングの表面には小さなヒビ割れが出始めています。このヒビ割れが大きくなっていくと、雨水が入り込んだりしてサイディング自体を傷めてしまったり、雨漏りに繋がる事もあります。表面も若干劣化していて触ると指先が緑色に変わってしまう状態です。この様になると、雨が降っても雨水を弾く効果が無くなってしまいますので、塗装工事で撥水性を元に戻してあげる必要が出てきます。

    塗装の前に目地のコーキングを打ち換えます

    高圧洗浄で汚れを落とした後は、古い目地を除去する作業をおこない、新しくコーキングを打つ準備です。

    耐久性抜群のオートンイクシード

    目地のコーキングに使用したのは、『オートンイクシード』です。剥き出しで常に紫外線や風雨に晒されていても、20年以上劣化しない抜群の耐久性を持っているコーキング材です。

    オートンイクシードが耐久性が高い理由は、柔軟性にあります。劣化してヒビ割れるのは固くなったからで、柔軟性が落ちなければヒビ割れたりする心配がありません。実際にはこの様な状態になる事はありませんが、サイディングの目地にオートンイクシードを打ってある状態をイメージしたサンプルで、180度折り曲げても裂けたり剥がれたりする事もありません。

    奥に見えている赤い部分はコーキングがくっつかない様になっています。建物が動く構造の場合は、コーキングは両側の2面だけがくっつく事が通常の納め方です。力を効率よく逃がすためには2面接着で行う為にコーキングがくっつかない様な構造になっています。接着性を高めるプライマーを塗ったらとはオートンイクシードを充填していきます。この後塗装工事をおこなっていきますので、その様子は工事が進みましたらまたアップ致します。横浜市港北区で外壁塗装中の建物は、耐久性が抜群のオートンイクシードで目地の打ち換えをおこないますので、次回の塗装ではコーキングの打ち換えが必要なくなります。

    ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-06-22 07:45:20 横浜市戸塚区|外壁塗装・色はシンプルに白調「ND-370」

      IMG_8524

      本日は横浜市戸塚区S様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。約20年間メンテナンスを行ってこなかったこともあり、外壁の汚れや黒ずみは目立ち、所々で外壁自体に亀裂が入っているところも見受けられます。 こびりついた汚れや黒ずみに関しては、塗装...続きを読む

      2018-06-17 11:58:29 幕板や付柱が傷み放置すると交換が必要になる|横浜市港南区

      IMG_8524

      ご自宅の外壁に、幕板や付柱といった装飾が取り付けられているところも多いと思います。幕板は建物に対して横方向に帯状に取付けられている装飾で、主に1階と2階の中間に取付けられております。付柱は縦方向にコーナーや窓と窓の間に取付けられております。幕板も付柱も造られている材質は同じことが多く、繊維混入セメントケイ酸カルシウム板を使用して...続きを読む

      2018-06-13 18:23:16 屋根調査で普段あまり見ることのないドーマーも調査|横浜市都筑区

      IMG_8524

      横浜市都筑区のF様より、「屋根の色が以前と比べて変わってきた」とのことで調査にお伺いしました。以前に屋根塗装をしている横浜市都筑区F様のお宅の屋根は、塗膜が剥がれておりメンテナンスが必要な状態でしたが、屋根にはドーマーが造られている屋根でした。ドーマーは採光やデザインの目的で造られることが多く、外から見ると「屋根に設けられた小さ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る