横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 問題のないバルコニー床もトップコートでメンテナンスが必要|横浜市磯子区

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

問題のないバルコニー床もトップコートでメンテナンスが必要|横浜市磯子区

更新日:2017年11月30日

外壁塗装を行う際には、雨樋や水切りなどの付帯部も一緒に塗装するケースが殆どです。それは外壁塗装することによる色合わせの意味だけではなく、付帯部も劣化を防ぐためのメンテナンスが必要だから行います。バルコニーやベランダの床も劣化を防ぐためのメンテナンスが必要です。横浜市磯子区E様のお宅では外壁塗装と一緒にバルコニー床のメンテナンスを行いました。

 

 

【問題なければトップコートだけでメンテナンスが可能】

FRPバルコニートップコート① FRPバルコニートップコート②

横浜市磯子区E様のお宅のバルコニーは、FRPで仕上がった床でした。FRPやウレタンなどで防水層を造っている床の表面には、FRPやウレタンなどの防水層を劣化から守るための塗料が塗られております。ご自宅のベランダやバルコニーの床を見るとねずみ色になっているお宅が多いと思います。通常であればそれはトップコートです。床は人が歩行しますし、紫外線の影響も受けやすい場所です。このトップコートは、防水層を守るために塗られているので劣化して当然なのですが、劣化しすぎると防水層を守れずに防水層自体に劣化が始まります。

 

 

FRPバルコニートップコート③ FRPバルコニートップコート④

FRPが劣化すると、割れたり、剥がれたり、1層目と2層目が剥離したりする恐れがあります。メンテナンスとしてトップコートを塗ることで、FRPを再び劣化から防ぎ長持ちさせてくれます。外壁塗装のときに行う高圧洗浄をバルコニー床にも同じ流れで行って、先に表面を綺麗な状態にします。乾燥を待ってからプライマーという密着剤を塗り、それからトップコートを塗っていきます。

 

 

FRPバルコニートップコート⑤

トップコートを塗ったあとは乾燥待って完了となります。長年お住まいになられていると新築時の状態を忘れがちですが、この仕上りを見ると新築時の状態を思い出すのではないでしょうか。トップコートを塗るだけで済むのは、床の防水層に問題がないから出来ることです。もし問題があれば、防水層から造り直す可能性が高くなりますので、コストもトップコートを塗るコストだけでは済まなくなります。問題がないからやなくて良いのではなく、問題がないからこそ今のうちにやっておくべきなのです。横浜市磯子区E様のお宅のバルコニーも、新築時のように生まれ変わりました。横浜外壁塗装工房では、陸屋根や床などの防水工事にも対応しております。陸屋根や床でお悩みのご相談が御座いましたら、横浜外壁塗装工房にお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-948-355まで。

 

 

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る