横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市中区、キュービクル塗装は下地処理(ケレン)が肝心です

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市中区、キュービクル塗装は下地処理(ケレン)が肝心です

    更新日:2018年8月14日

    本日は横浜市中区で行われました、キュービクル塗装の様子をお伝えいたします。キュービクルは高圧で受電するための機器一式を金属製の外箱に収めたもので、ビルの屋上などに設置してあります。

    キュービクル ケレン道具

    今回、事前に電気会社による点検・修理を行い、キュービクル外側の錆止め塗装を行ったそうです。しかし塗装に関しては専門的ではないこともあり、全体的にムラが出来、表面もザラザラとした仕上がりになってしまったそうです。そこで今回、改めてキュービクル表面の塗装をやり直す為に工事のご依頼を頂きました。

    下地処理(ケレン) 下地処理(ケレン)完了
    下地の凸凹やザラつき、ムラがある上から塗ってもきれいには収まりません。塗装は下地処理が肝心です。まずはケレンを行い、凸凹やザラつきを均します。場所によっては研磨を行いますので、全体的に錆止めの下塗りからやり直すのが賢明です。ザラつきや凸凹は下地処理の段階で、できる限りの処理をおこなっておきます。

    ローラー使用 刷毛使用
    下地処理を行い、中塗り・上塗りと重ね塗るのですが、塗り方に関しても、塗り厚の調整など、細かい技術が必要になります。一度にたっぷりと塗料を塗ると言うよりは、一定量の塗料でローラーを転がし、全体を平均的に均す様に塗ります。刷毛で塗る箇所も、一度に何度も塗り重ねるのではなく、一度や二度でやさしくなでる様に塗ります。

    塗装の様子 ファインプライマーⅡ・ファインウレタンU100
    その場で(一度で)厚く塗るより、全体的に同じ厚みで塗り、乾いた上から重ね塗りを行うのが理想です。ムラや塗料のダレの防止に関しては、塗り方(技術)が必要なところでもございます。きれいに収めるには、やはりその道のプロに任せるのが一番です。今回使用した塗料についてですが、錆止めには日本ペイントのファインプライマーⅡ。仕上げ用には2液形ポリウレタン樹脂塗料のファインウレタンU100を使用しました。

    キュービクル塗装完成
    一度(事前に)塗装を行った上からの下地処理との事もあり、ケレンや研磨に多少の時間はかかりましたが、ベテランの職人が丁寧に作業を行い二日間で収めることが出来ました。オーナー様も当初との仕上がりの違いに大変満足されておりました。街の外壁塗装やさんでは、キュービクルの塗装など、各種様々な塗装を承っております。事前の点検調査は無料です。塗装に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-948-355まで)お気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る