横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市中区本郷町にてウッドデッキ塗装の為の事前調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市中区本郷町にてウッドデッキ塗装の為の事前調査

    更新日:2019年3月16日

    本日は横浜市中区本郷町にあるアパートのオーナー様より、ウッドデッキ塗装のご依頼を頂きました。築は25年程で、メンテナンスは定期的に行っている様で、今回は5,6年前に塗装をしたウッドデッキの再メンテナンスになります。まずは現状を確かめるために調査に伺います。

    「ウッドデッキの様子」

    ウッドデッキの様子 間仕切り部分

    こちらのアパートは一階のベランダ部分全体がウッドデッキでつながっており、各部屋は間仕切りで区切られている造りになっております。ウッドデッキは外部に設置してあることもあり、雨風の影響を受けやすく、メンテナンスを怠るとすぐに劣化(腐食)の原因になります。戸建の場合は定期的に掃除や手入れをしやすいのですが、アパートとなりますと、全体的に手入れをするのにも一苦労です。木は傷みやすいこともありますので、定期的に砂埃をはらうなどの掃除は行ってあげるのが長持ちの秘訣です。また、表面の保護を目的とした塗装は2,3年に一回は見直すのが理想です。

    「木の傷み具合」

    木腐食部分 木傷み具合の確認

    傷みが見受けられる部分に関しては、ペーパーや電動サンダーなどで下地処理を行います。場合によっては部分的に交換を行う事もございます。今回の点検時でも何箇所か木が腐っているのが確認できました。そこは部分的に交換を行い、全体的に下地処理、洗浄を行った上で塗装を行うのが良いでしょう。なお、ウッドデッキの洗浄を行った際は十分に乾燥させることが必要です。一日以上は空けるのが最善でしょう。塗装に関しては、上から塗るタイプと浸透させるタイプが選べます。自然の木目を活かしたい場合などは浸透性塗料で定期的にメンテナンスを行うのがお勧めです。

    アパートベランダウッドデッキ

    今回は耐久性や防腐、防カビ効果も高い、木材保護専用塗料「キシラデコール」を使用しての塗装をご提案いたします。キシラデコールは木材に浸透するタイプの塗料で、塗膜を作らず通気性を保つので素材にも優しくメンテナンスもしやすいのが特長です。最近ではDIYなどでご自身でメンテナンスを行う方も増えております。ウッドデッキに関しても、下地処理をしっかりと行えば個人での手入れは可能です。勿論、より良く仕上げるにはプロに任せるのが良いでしょう。今回はアパート一階部分全体のウッドデッキ塗装との事もあり、養生、洗浄、乾燥、下地処理と数日間の日程は要します。ベテランの職人で丁寧にしっかりとした施工を行い、より耐久性が保たれる様に臨みたいと思います。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る