横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み

    更新日:2018年11月19日

    建物はそとから見ると屋根と外壁で造られておりますが、建物のデザインによっては装飾材が取り付けられていることもあります。外壁調査では傷み具合を確認して、塗装などのメンテナンスが必要かどうかを確かめることを目的として行うことがほとんどです。装飾材の傷みも建物の美観を損なう可能性がありますので、装飾材の取付けられているお宅は、外壁調査のときに傷み具合も一緒に確認します。

     

    【装飾材の傷みも外壁調査で確認】

    横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み1

    装飾材とはその名の通り、装飾のために取り付けられている建材のことを指します。横方向に取付けられているのを幕板(まくいた)、縦方向に取付けられているのを付柱(つけばしら)と呼びます。他にも窓まわり取付けられているのを飾縁(かざりぶち)などもあります。このような装飾材も外壁と同じように劣化していきます。

     

    横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み2 横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み3

    一番分かりやすいのは、外壁や装飾材の表面を触ってみることです。表面を触ってみて指に色が付着するようなら、それは傷んできている証拠となります。汚れの付着ではなく外壁なら外壁の色、装飾材なら装飾材の色が指に付着する場合です。

     

     

    【上から覗くと幕板の傷みが分かりやすい】

    横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み4 横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み5

    装飾材の中でも一番取付けられている建物が多いのは幕板です。下から見上げて見るだけでは分かりづらいこともあり、よく分かるのは上から覗いてみることです。横浜市南区F様のお宅でも幕板を確認しましたが、幕板の表面が剥がれて中身が露出した状態でした。幕板の上の部分は雨水が溜まりやすく、また太陽にも当たりやすい傾向があります。他の表面と比べて傷みが出やすいのです。このままにしておくと、吸い込んだ雨水の影響でやがて幕板自体にもひび割れや剥がれといった現象が起こってきます。美観を保つためにも塗装でのメンテナンスの時期に差し掛かってきております。街の外壁塗装やさん横浜店では、入念な調査のもと適切なご提案と施工をいたします。外壁調査は街の屋根やさん横浜店にお任せ下さい。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/11/26 横浜市保土ヶ谷区の外壁調査、釘が打ってある部分はひび割れが起きやすい

         外壁材を固定するときに釘を使用してあることが多いのですが、特に窯業系サイディングを固定するために打たれている釘のまわりはひび割れていることが多い傾向があります。横浜市保土ヶ谷区M様のお宅の外壁調査の際も同様のひび割れが起きておりました。ひび割れたところは窯業系サイディングの表面が剥がれやすくなりますので、外壁調査の際も確認いたし...続きを読む

      2018/11/19 横浜市南区で外壁調査、上から覗くと分かる幕板の傷み 【現在閲覧中!】

         建物はそとから見ると屋根と外壁で造られておりますが、建物のデザインによっては装飾材が取り付けられていることもあります。外壁調査では傷み具合を確認して、塗装などのメンテナンスが必要かどうかを確かめることを目的として行うことがほとんどです。装飾材の傷みも建物の美観を損なう可能性がありますので、装飾材の取付けられているお宅は、外壁調査...続きを読む

      2018/11/11 横浜市戸塚区で外壁調査、実は幕板や付柱などの装飾にもコーキングが打たれています

         外壁材が窯業系サイディングで造られているお宅では、幕板や付柱などの装飾がされていることがあります。窯業系サイディングでは継ぎ目やサッシまわりにコーキングが打たれており、外壁塗装の際にはコーキングもメンテナンスが必要となります。実は幕板や付柱にもコーキングが打たれおり同時にメンテナンスが必要なのです。横浜市戸塚区F様のお宅より「外...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-01-13 08:06:19 横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘で日本ペイントパーフェクトトップND-503を使用しての外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市保土ヶ谷区T様宅で行われました、外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。T様宅は築35年、先10年程は安心して暮らせるメンテナンスを、との事で今回屋根・外壁の塗装を行う事になります。もともとは屋根の劣化が顕著になり、屋根のみのメンテナンスをお考えでしたが、足場の有効活用も考慮に入れ、外壁の塗装も併せて行うことになりまし...続きを読む

      2019-01-11 15:02:58 横浜市青葉区美しが丘で行った外壁調査、ALCを使用した外壁は水を吸いやすいので早めに塗装でメンテナンス

      IMG_8524

      近年外壁に使用される材料はいくつか種類があります。大手の住宅メーカーで使用されるケースが多いのはALCという材料です。軽量気泡コンクリートを短縮してALCと呼んでおります。コンクリートなのに軽く、断熱性や耐震性、耐火性、耐久性に優れており、多くの新築建物に使用されております。メリットやデメリットと言ってしまうと「良い」とか「悪い...続きを読む

      2018-12-28 13:02:51 横浜市港北区新吉田東にて屋根・外壁塗装が竣工、その前後の外観を比較

      IMG_8524

      横浜市港北区新吉田東にて屋根外壁塗装が完工し、足場が解体になりその全貌が見れるようになりました。 調査時の塗装前の外観と、塗装後まだ間もない外観を写真を使って見比べてみます。今回使いました塗料は外壁のメイン部分は日本ペイントさんのパーフェクトトップ、ラジカル制御型塗料にて綺麗に仕上がりました。   狙った...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る