横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市戸塚区の屋根外壁塗装調査、バルコニー床もメンテナンスとして塗り替えが必要です

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市戸塚区の屋根外壁塗装調査、バルコニー床もメンテナンスとして塗り替えが必要です

    更新日:2018年10月26日

    横浜市戸塚区T様のお宅より、屋根外壁塗装を行うための調査にお伺いしました。メインとなるのはもちろん屋根や外壁となりますが、塗り替えが必要なところは屋根や外壁だけではありません。バルコニーやベランダの床に防水層が設けられている場合、その防水層を紫外線などから保護するためにトップコート塗装というのが新築時に行われております。ご自宅のバルコニーやベランダの床を見た時に、床の色がグレーやねずみ色である場合はトップコート塗装されている床の可能性が非常に高いです。このトップコートとして塗られている塗膜も経年により劣化していきます。建てらてから10年や15年経過してくると、表面にひび割れや粉状のものが出てきたりします。横浜市戸塚区T様のお宅のバルコニー床も同様の現象が起こっておりました。

     

     

    【ベランダやバルコニーの床もメンテナンスが必要】

    横浜市戸塚区の屋根外壁塗装調査、バルコニー床もメンテナンスとして塗り替えが必要です1 横浜市戸塚区の屋根外壁塗装調査、バルコニー床もメンテナンスとして塗り替えが必要です2

    ベランダやバルコニー床に防水層が設けられている場合、このように床の表面がグレーやねずみ色になっていることが多く、これは最後にトップコートを塗って仕上げてあります。一般住宅で使用されている防水層の種類としては、FRP防水が主流となっておりますが、それ以外にもウレタン防水やシート防水が用いられているお宅もあります。FRP防水とウレタン防水の場合は最終的に表面をトップコート塗装で仕上げてあります。トップコートはFRPやウレタンなどのメインとなる防水層を紫外線から保護するために塗られており、メインとなる防水層の劣化を軽減する役割があります。横浜市戸塚区T様のお宅のバルコニー床も端部にひび割れが起こっておりました。

     

    【トップコートの塗り替えで再び防水層の保護をします】

    横浜市戸塚区の屋根外壁塗装調査、バルコニー床もメンテナンスとして塗り替えが必要です3

    床を端から端まで確認していくと、トップコートに剥がれた部分がありました。横浜市戸塚区T様のお宅のバルコニー床はFRP防水が用いられておりますが、トップコートが剥がれたところからはFRPが露出した状態となっておりました。メインの防水層を露出したままにしておくと、表面から劣化が進んで割れやすくなる傾向があります。トップコートを塗り替えることで再び紫外線からFRP防水層を護ることが可能です。バルコニーやベランダの床も、屋根や外壁と同様にメンテナンスが必要になってきます。横浜市戸塚区T様のお宅も屋根や外壁の塗装と一緒に、バルコニー床もトップコートを塗り替えてより長持ち出来るご提案をさせていただきます。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      横浜市戸塚区と近隣地区の施工事例のご紹介

      ページの先頭へ戻る