横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市旭区初めての屋根塗装でスレート瓦の状態から見る屋根塗装の目安

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市旭区初めての屋根塗装でスレート瓦の状態から見る屋根塗装の目安

更新日:2017年3月15日

横浜市旭区でスレート瓦を使用していて、まだ屋根のメンテナンスを行っていない皆様にお伝えします。

IMG_3768

スレート瓦は塗装をしないと20年程度で寿命をむかえると言われております。定期的に塗装をしておくと寿命が伸びていきます。10年ごとに塗装をすると良いと言われておりますが、実際にどのような状態になると塗装が必要になってくるのかご紹介したいと思います。

IMG_3783 IMG_3764

左右のスレート瓦は両方とも築10年目のスレート瓦です。一言でスレート瓦と言っても、メーカーや屋根を取り巻く環境が違えば傷みや劣化の具合も違ってきますが、この左右のスレート瓦には傷みや劣化という点において明確な違いがあります。それはスレートとスレートが重なりあう部分に表れており、変色しているかしていないかにあります。右の画像は重なり合う部分に白っぽい変色が見られます。

IMG_3759 IMG_3760

右の画像のスレートを見やすいところで拡大してみるとこのような状態です。スレート瓦は表面が加工されており、雨水が浸透しないように作られておりますが、年数が経つと徐々に浸透するようになります。雨水は浸透すると屋根の傾斜に合わせて下へ下へと移動します。スレート表面の全体に浸透した雨水が重なり合う部分に集まってしまうためこの部分のだけ先に傷んでくるのです。要はスレート屋根の重なり合う部分に変色が見えたら、塗装をしなければならない目安です。

IMG_3767 IMG_3762

ご自身で屋根に上られることはないと思いますが、重なり合う部分に変色があるスレート瓦は、至近距離で見ると剥がれや亀裂が必ずと言ってよいほど見つかります。

IMG_3757

屋根の状態を上って確認するのは難しいと思います。上れないまでも、バルコニーから少し脚立を使えば覗けるお宅もあると思います。地上やバルコニーからご自宅の屋根は見れなくても、周囲で同時期に建てられたお宅があればその屋根を指標として見るという手段もあります。もし覗くことも難しい場合は、まずは弊社に調査をお任せください。横浜市旭区初めての屋根塗装でスレート瓦の状態から見る屋根塗装の目安をお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る