横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市港南区鉄部に塗られたに塗膜の塗装が必要な目安とは

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市港南区鉄部に塗られたに塗膜の塗装が必要な目安とは

    更新日:2017年5月2日

    外壁や屋根を塗装でメンテナンスするときは、サイディングのような外壁材でも何度か塗ってある塗膜にも塗装が必要な目安があります。

    外観① 外観②

    しかし住宅には外壁や屋根ではないところもあります。今回は横浜市港南区の皆様に雨戸や戸袋・霧除けなどの鉄部に塗られた塗膜の塗装が必要な目安をお伝えします。

    雨戸チョーキング① 雨戸チョーキング②

    雨戸や戸袋・霧除けの表面は、それぞれ出荷の段階ですでに工場で塗装されてから運ばれてきます。焼き付け塗装されてくるこの多いです。塗り塗装よりも焼き付け塗装の方が剥がれにくい傾向があります。しかしいくら長持ちしても限界は訪れます。こちらの画像は築20年以上経過した雨戸ですが、指で擦るとこのように跡がつきます。このような状態になると塗膜は寿命をむかえていると言って良いでしょう。チョーキング(白亜化)といって、元々ある撥水効果が失われている証拠です。撥水効果が失われると錆びに繋がりますので塗装する必要があります。

    下屋チョーキング 板金屋根チョーキング②

    こちらは板金屋根を写した画像ですが、足跡がたくさん付いているのがわかります。これも板金の表面にチョーキングが発生している証拠です。特に屋根は雨水に触れることが多く、紫外線に晒せることも多いため劣化の進行が早いです。また、錆が出てしまうと塗装しても剥がれやすい傾向がありますので、葺き替えやカバーなどの抜本的な工事になってしまうことも少なくありません。

    板金屋根チョーキング②

    また錆びというのは周囲に広がりやすく、暫くすると穴が開いてきます。穴が開くとそこから雨水が入り込みますので、雨漏りの危険性も出てきます。ご自宅の屋根を確認するには難しいにしろ、雨戸や戸袋はお住いの方でも確認が出来ると思います。もし雨戸や戸袋にチョーキングが発生している場合、建物全体の調査を依頼することをおすすめします。横浜市港南区鉄部に塗られたに塗膜の塗装が必要な目安とはお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-02-06 17:28:43 横浜市港北区大倉山で外壁塗装中、激しい汚れや苔は洗浄剤を用いて高圧洗浄

      IMG_8524

      横浜市港北区大倉山A様のお宅で外壁塗装を行っております。モルタルが下地の外壁にリシンを吹付けて仕上がっております。また、塀もジョリパットで仕上がっていて外壁と同じ色で仕上がっておりますので、横浜市港北区大倉山A様のお宅では、外壁の他に塀も塗装することになっております。外壁も塀も汚れや苔が著しく付着しているところがあり、通常行う高...続きを読む

      2019-02-02 09:09:55 横浜市緑区鴨居町にてファインパーフェクトベストで屋根塗装、屋根の光沢感が甦りました

      IMG_8524

      本日は横浜市緑区鴨居町にて行いました、屋根塗装工事の様子をお伝えいたします。 築30年程の建物で、去年の台風の影響で棟板金の飛散被害があり、火災保険を適用しての復旧(棟板金交換工事)を行う事になっておりました。 「工事前の屋根の様子」 棟板金の飛散の原因は強風によるものではありますが、経年の劣化も伴っ...続きを読む

      2018-12-28 13:02:51 横浜市港北区新吉田東にて屋根・外壁塗装が竣工、その前後の外観を比較

      IMG_8524

      横浜市港北区新吉田東にて屋根外壁塗装が完工し、足場が解体になりその全貌が見れるようになりました。 調査時の塗装前の外観と、塗装後まだ間もない外観を写真を使って見比べてみます。今回使いました塗料は外壁のメイン部分は日本ペイントさんのパーフェクトトップ、ラジカル制御型塗料にて綺麗に仕上がりました。   狙った...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る