横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区屋根外壁塗装前の下地調整として亀裂や隙間の補修

    新型コロナウイルス対策に関して

    新型コロナウイルス対策に関して

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区屋根外壁塗装前の下地調整として亀裂や隙間の補修

    更新日:2017年1月23日

    横浜市瀬谷区で外壁塗装工事を行っております。

    みねお

    足場が架かり高圧洗浄を終え、下地調整の作業を行っております。外壁塗装は建てられてから10年くらい経過して、主にメンテナンスと美観の意味で行います。10年くらい経過すると外壁や屋根の表面は劣化が始まり、亀裂や隙間が発生してきます。塗装前には補修や見栄えの意味で補修を行って整えるため下地調整と言われます。本日は下地調整の様子をお伝えします。

    スレート亀裂補修 スレート亀裂補修後下塗り

    使用されている屋根材はスレート瓦です。高圧洗浄で汚れを落として乾燥すると、亀裂やひび割れがハッキリとわかります。塗装をする前にコーキングで補修をします。コーキングをすると隠れますので、塗装したときも判りづらくなります。コーンキングの乾燥を待ち、下塗りを行っただけですでに見えない状態になります。補修をしているのいないのとでは塗装後の亀裂の出方も変わってきます。

    スレートコーキング劣化 スレートコーキング交換

    こちらはスレート葺きの屋根で雨漏りが発生しやすい箇所です。あらかじめコーキングされていたようですが、コーキングが劣化して痩せてきております。このような箇所も古いコーキングを取り除き、新しいコーキングを打ちます。

    外壁亀裂補修① 外壁亀裂補修②

    外壁亀裂補修③ 外壁亀裂補修④

    こちら外壁の下地調整です。微細な亀裂やひび割れは下塗り材で埋まりますが、大きくて幅のある亀裂は、下塗り材では埋まりづらく埋まっても亀裂が出てくるのが早い傾向があります。従ってその場合は、このようにサンダーで亀裂の縁を削って少し深くします。その後モルタルを埋め均して亀裂を奥へしまい込みます。このように下地調整として補修することで塗装後の見栄えも良くなり、亀裂も出づらくなりより長期にわたり保護できます。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/04/13 ご自宅の門扉色褪せてませんか?門扉も塗り替えが必要|横浜市磯子区

         ご自宅の屋根や外壁について、定期的に塗装しなければ維持してくことが難しいことは、ご理解している方も増えてきていると思います。塗装は美観もさることながら、対象物の保護や維持に対して非常に有効な役割を果たすことが出来ます。つまりは屋根や外壁にも塗装可能な対象物がご自宅の中にはあります。門扉もその中の一つです。鋳物でつくられた門扉は色...続きを読む

      2018/01/27 タイルも塗装でメンテナンスが可能ウォータープルーフ|横浜市青葉区

         タイルはそのままの柄や質感を残したいがゆえに「塗装はしたくない」とお思いの方も多いようです。ですが、ウォータープルーフを使用すればメンテナンスが可能です。横浜市青葉区Y様のお宅では、外壁にタイルが張ってある部分があり、「タイルの部分だけメンテナンスできないのか」とご相談がありました。ウォータープルーフは浸透性の防水剤です。表面に...続きを読む

      2017/01/23 横浜市瀬谷区屋根外壁塗装前の下地調整として亀裂や隙間の補修 【現在閲覧中!】

         横浜市瀬谷区で外壁塗装工事を行っております。 足場が架かり高圧洗浄を終え、下地調整の作業を行っております。外壁塗装は建てられてから10年くらい経過して、主にメンテナンスと美観の意味で行います。10年くらい経過すると外壁や屋根の表面は劣化が始まり、亀裂や隙間が発生してきます。塗装前には補修や見栄えの意味で補修を行って...続きを読む

      2016/11/12 相模原市緑区塀や擁壁の塗り替え調査でエラストコートをご提案

         相模原市緑区のお宅より塀や擁壁の塗り替え調査のご依頼がありました。 築12年のお宅です。新築の頃はもう少し色が濃かったとご依頼者様は仰っておりました。まずは現状を確認しましょう。   表面は模様付けされており細かい凹凸があります。近くでよく見ると汚れの付着具合が一段とハッキリと見え...続きを読む

      2016/11/11 横浜市旭区築12年のお宅のモルタル壁調査で亀裂を確認

         横浜市旭区のお宅よりモルタル壁調査のご依頼がありました。 築12年のお宅です。コーナーにはレンガ調のタイルが貼ってあり、今回はモルタル壁の部分の塗装を考えているそうです。それでは調査に入ります。 タイル壁とモルタル壁の取合いに亀裂があります。板金で造った水切りが取り付けられておりますが、板金同士の継...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2021-02-26 20:12:21 横浜市金沢区富岡西にて屋根調査、屋根が黄色く染まる程苔やカビが繁殖していたらスレート自体が傷む前に塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区富岡西にお住まいのT様より、屋根点検調査のご依頼を頂きました。遠目から見たときに屋根が黄色く見えたことがきっかけで屋根に何か異常があるのではないかと心配になられていらっしゃいました。さっそく現地にお伺いし、屋根点検調査を実施致しました。  未だ収まらない新型コロナウィルス感染拡大防止の為、街の外壁塗装やさんで...続きを読む

      2021-02-26 11:12:25 横浜市神奈川区守屋町にて、遮熱塗料サーモアイSiのクールブラウンでスレート屋根の塗装工事

      IMG_8524

       横浜市神奈川区守屋町のY様邸にてスレート屋根の塗装工事を行いましたので、その様子をご紹介いたします。街の外壁塗装やさんでは、マスクの着用など新型コロナウイルス対策を徹底して点検や工事を行なっておりますのでご安心いただければと思います。 スレート屋根塗装で縁切りを行わないと雨漏りが発生します  屋根の塗装は高圧洗浄で...続きを読む

      2021-02-25 11:07:25 川崎市中原区丸子通にて、パーフェクトトップJ15-60Dで窯業系サイディングの塗装を行いました

      IMG_8524

       川崎市中原区丸子通にお住まいのH様よりお問い合わせをいただき、外壁塗装工事を行いました。外壁は塗料によって守られているため定期的に塗り替えを行わないと、苔やカビの発生や汚れの付着など見た目が悪くなったり、雨漏りなどの不具合が発生してしまいます。10年前後で塗り替えをおすすめします。  街の外壁塗装やさんでは、引き続き新型コロ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る