横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市緑区ALC表面の凹凸が柄のように見えて実は塗膜の膨れ

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市緑区ALC表面の凹凸が柄のように見えて実は塗膜の膨れ

    更新日:2017年7月1日

    横浜市緑区でALCの外壁調査を行いました。中古で購入したビルの外壁です。築22年ですが購入してから7年目とのことです。以前からメンテナンスが必要な状態か気になっていたそうで、今回が初めての調査とのことでした。

    ALC外観 ALC表面の以上

    ALCの外壁は仕上りが吹付けで仕上がっていることが多く、表面は凹凸のある状態が殆どです。こちらの外壁も例外ではなく吹付け仕上げとなっておりました。ただ凹凸の具合が所々大きくなっていることに気づきました。

    ALC塗膜の膨れ

    近くに寄って見てみると、通常と変わらない柄に見えて塗膜だけが浮いているように見えます。爛れすぎた皮膚のように見えます。実はこの塗膜はALCから離れて膨れている状態なのです。塗膜の膨れと言う現象です。ALCは水を吸いやすい材質なので、ALC内部に水が浸入してしまうとこのような現象になりやすいのです。

    笠木の継ぎ目コーキング劣化 ALC塗膜の膨れ②

    どこから水が浸入してきているかというと、どうやら笠木の継ぎ目からのようです。継ぎ目にはコーキング打たれている形跡がありますが、今は無くなってしまっております。継ぎ目の真下にあるALCはやはり塗膜の膨れが発生しておりました。継ぎ目の隙間から雨水が浸入すると笠木の内部を伝って左右に広がります。よって継ぎ目の真下にあるALCだけではなく周囲のALCにも被害が広がります。メンテナンスとしては、まず笠木の継ぎ目をコーキングで塞ぐ必要があります。雨水が浸入しないようにするのです。その後塗装でALCを塗り替えますが、この状態のまま上から塗ると膨れた塗膜に塗るとになり剥がれやすい状態で塗ることになります。膨れた部分の塗膜を除去してから塗装しないと長持ちするメンテナンスにはなりません。まだ塗膜にショーキングは発生しておりませんでしたので、前もって笠木の継ぎ目にコーキングを打っておけば、まだメンテナンスの必要が無かったかもしれません。笠木のメンテナンスも重要ですね。横浜市緑区ALC表面の凹凸が柄のように見えて実は塗膜の膨れをお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/01/19 アパートの鉄骨階段もメンテナンスで塗装が必要|横浜市西区

         オーナー様より「メンテナンスが必要なところを教えてほしい」とのご要望がありましたので、横浜市西区にあるアパートを全体的に調査させて頂きました。建物外部で言うと、屋根や外壁がメインとなりますが、外部に取り付けてあるものによってはそれ以外にもメンテナンスが必要なところが出てきます。最近の新しいアパートには見られませんが、築年数がある...続きを読む

      2017/07/1 横浜市緑区ALC表面の凹凸が柄のように見えて実は塗膜の膨れ 【現在閲覧中!】

         横浜市緑区でALCの外壁調査を行いました。中古で購入したビルの外壁です。築22年ですが購入してから7年目とのことです。以前からメンテナンスが必要な状態か気になっていたそうで、今回が初めての調査とのことでした。 ALCの外壁は仕上りが吹付けで仕上がっていることが多く、表面は凹凸のある状態が殆どです。こちらの外壁も例...続きを読む

      2017/02/3 横浜市港南区ALCの塗り替え調査で塗膜とシールの劣化

         横浜市港南区にあるアパートの外壁塗り替え調査にお伺い致しました。 築35年の4階建てALCのアパートです。過去に2度の塗り替えを行っているそうで、北面の汚れが目立つようになったことでご依頼を頂きました。それでは調査を始めます。 窓まわりの継ぎ目にシールの亀裂がありました。亀裂は裂...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-11-17 13:22:07 横浜市南区でマンションのメンテナンスに備えて調査、床の防水やドレン周辺も要注意

      IMG_8524

      マンションも一般住宅と同様に定期的なメンテナンスが必要です。一般住宅では屋根や外壁といったところがメインとなりますが、マンション場合はそれ以外にもメインとなるところがあります。一般住宅よりも床や天井が多くある建物が多いのがマンションです。マンションは通路が多くあります。ということは天井も多くて然りなのです。最上階だけ屋根になって...続きを読む

      2018-11-14 15:58:07 横浜市都筑区でモルタルの外壁を調査、雨漏りの危険性がある亀裂やひび割れを確認

      IMG_8524

      横浜市都筑区R様より「外壁の傷みが気になるので見てほしい」とのご相談が御座いましたので、外壁調査にお伺いしました。以前からちょくちょく亀裂の補修をしていたそうですが、最近になって亀裂やひび割れの箇所数が多くなってきた印象を持たれたそうで、街の外壁塗装やさんにお問合せをいただきました。横浜市都筑区R様のお宅の外壁は、表面は塗料で仕...続きを読む

      2018-11-03 08:39:32 横浜市港北区にて築12年のスレート屋根とサイディング外壁の塗り替え前調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区I様からご依頼をいただきました、築12年のスレート屋根、サイディング外壁の塗装の為の点検調査に伺ってまいりました。I様宅は1階が貸家になっており、2階が住居になっております。築12年となると初めてのメンテナンスを行うには時期相応と言えるでしょう。 「屋根材表面は撥水効果が薄れてます」 まず...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る